トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

NISA

児童手当の所得制限に引っかかったっぽい

 もしかしてギリギリかなと思ってはいたが、今回の通知で確定。今まで15,000円/月だったのが、一気に5,000円になってしまった。

 元から3歳以上は10,000円になる予定だったようなのだが、それでも、児童手当は15歳ぐらいまでもらえるものらしいので、ざっくり12年×12ヶ月×5,000円=72万円のダメージ! いたい!

 偶然だが、ジュニアNISAに入れてる金額とほぼ同じぐらいだな。一事が万事というやつで、この調子では国全体で投資を奨励しても一筋縄ではいかなさそうだ、というのが肌感でわかる。

 児童手当だけのために本業収入減らそうとはならないが、これ以上ガンガン働いて給与所得を増やすより、本業をほどほどに維持して、その分投資を勉強してもっと上手くなりたいという気持ちが強くなってしまう。

SBIへのマイナンバーの登録を忘れていて急遽実行

 今日たまたま気づいて、滑り込みセーフ。もう一度NISA口座の申請をやり直さないといけないところだった。

 どういうわけか、もう登録したと勘違いしていた。確認したら、妻と子の分はちゃんと登録していた。

 まず自分のマイナンバーカードを先行して作ったから、タイミングの問題で自分のだけ登録を忘れていたものと思われる。

クックパッドNISA分もぶん投げ

 創業者側の戦略が正しいと思うことは変わらないし、いつかは復活するだろうからと、NISAだけは損切りせずに残していたが、さすがにこれはない。迷わず全部ぶん投げた。


 師匠の意見も一理あると思うが、どうでもいいことだからやってもいいことと、どうでもいいことだからこそやってはいけないことがあって、これは私にとっては後者。

ジュニアNISA口座をSBIで作った

 子供のジュニアNISA口座をSBIで作った。

 初めてマイナンバーを口座開設に使った。というか、マイナンバーを使ったこと自体初めてだ。(会社に提出した以外で。)

 選択基準は、

  • 親権者(自分)がすでにメインで使っているから、手続きが楽だろう。
  • 優待口座を持っている松井とは別のところがいい。
  • 海外株も買えるところがいいな。

 ぐらいで、あまり深くは考えていない。

 銘柄の選択については、ちゃんと考えないとだめだろう。あまりギャンブリングでなく、なおかつ中長期でそれなりの利幅が狙えそうなのがいい。今のところAmazonあたりが候補か。

 開設が終わったら、児童手当や親戚のお祝い・お年玉を貯めている資金がちょうど80万程度になるので、入金してみよう。

ミクシィ完全撤退およびNISAの恩恵

 最後に残したNISA預かり500株のミクシィ。今日の午前中にちらっと見たら、見れない間に5000割りそうな勢いだったので、少し早めの行動をと思って売ってしまった。

 これで去年の11/27にGCN氏のブログ(当時の記事は消されている)でモンストの存在を知ってから、約1年続いたミクシィ投資も幕引きとなった。

 結果的にはちょうど今日の底値だった上に、昼休みに1600万DL、引け後にテンセント版12月に開始のIRと、思わず笑ってしまうような最悪のタイミングとなったが、悔いはない。

 税引き・手数料引き後でも、3000万円を超える途方もない利益を得ることができた。ミクシィ社とモンストスタッフはもちろん、GCN氏伝道師をはじめとするTwitter仲間にも感謝したい。

 ちなみに今日売った分の、NISAによって節約できた税額は約375,000となるはず。もっとうまく使った人をTwitterのTLだけでも複数見ているので、完璧とは言えないが、この変な制度の恩恵をちゃんと受けられただけでも満足すべきであろう。

2121 ミクシィ

 2Q決算のタイミングでこれまでのまとめ。

 2Q決算にかけて期待上げしてくるのは予想通りだった。持ち越しは、金額ベースで前回よりは下、ということは決めていたのだが、1500株と2000株で迷った末、2000株(NISA500株を含む)に。

 結果としては、持ち越しは外れ。コンセンサスは上回ったものの、期待の大きさと比べるとサプライズ不足と見なされたようだ。2分割ぐらいはあると思ったのだが株式分割もなかった。

 敗戦処理として、7日引け直後と10日朝のPTSで平均6300弱で売って被害を最小限に留めることができ、いまだ前月比ではプラス圏にいる。

 それでも、1Q決算後の6500付近で全部売ってNISA分以外ノーポジとなった時点よりは、まだ少し下である。つまりこの3ヶ月何をやってたんだという話になり、自分は所詮モンスト頼みの一発屋だったということを思い知らされて、心が折れた。

 ……とまで言うと少し言い過ぎかもしれないが、5,6,7,8月の祭り状態が本当に終わって、我に返った感がある。本気で利益を持ち帰る方に意識を転換しようと思う。少なくとも当面ミクシィは取引しない。

 NISA分500株(取得単価1522円)だけは、再イン不可能なのでまだ踏みとどまっている。これは以下の条件のどれかに当てはまったとき利確するつもり。

  • 5000割った場合(3バガー確保)
  • 7500越えた場合(5バガー達成)
  • 3Q決算前後のピークと思った時点で(初志貫徹)
続きを読む

ミクシィの配当でNISA効果初体験

 2121 ミクシィの配当が来ました。配当権利はまったく意識していなかったので、対象は200株だけでした。しかし、そのうち100株はNISA対象だったので、初めて配当の無税効果を享受することができました。

 ちなみにNISA枠のミクシィは、制度が始まってすぐの2013/12/26に、7,610円という高値で超ジャンピングキャッチをしてしまい、ずっとマイナスでしたが、5月にようやく救済されました。しばらく待っていれば200株仕込めるチャンスもあったのに、もったいなかったですね。

 投資歴7年目で、少なくともずぶの素人とは言えない自分でさえこの有り様なので、NISAをきっかけに投資を始めた人たちにとっては、やはり官製塩漬け強制ギプスになっている可能性が高いような気がします。

 ちなみに6/24(火)にミクシィの株主総会があるようです。都合をつけて人生初の株主総会参加をしてみようかと検討しています。

証券口座を株式数比例配分方式に変更しました

 このままではNISAによる配当の非課税が効かないという連絡が届き、SBI証券の口座を「株式数比例配分方式」とやらに変更しました。ちなみに今までは「登録配当金受領口座方式」でした。

 配当の受け取り方式は、正直ほとんど意識していませんでした。今のところ配当はそのまま再投資に回せる環境にあるので、NISAに関係なくそうしておくべきだったかもしれません。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: