トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

IR

任天堂のポケモンIRと浮気の村パズル

 このIRの件で有名な論理パズルを思い出した。正式な名前があるのか知らないが、このようなものだ。

  • 50組の夫婦からなる村がある。
  • 妻は自分の夫が浮気をしていると知ったら、その日のうちに殺さなければならないという掟がある。
  • 現在、全ての夫が浮気をしている。
  • 現在どの妻も自分の夫が浮気しているかは知らない。
  • 現在どの妻も他人の夫が浮気をしているかどうかは知っている。
  • 妻同士で夫の浮気について情報交換はできない。

 ある日無謬で知られる女王が村を訪れ「この村には、浮気をしている夫が少なくともひとりいる」と演説して帰っていった。今後この村に何が起こるか答えよ。

 答えは「49日後までは何も起きず、50日後に夫全員が殺される。」というものだ。何故そうなるのかは考えるか調べてほしい。

 全ての妻は最初から自分以外の49人の夫が浮気をしていることを知っているのだから「この村には、浮気をしている夫が少なくとも一人いる」という女王の発言は、一見なにひとつ新しい情報をもたらさないように見える。

 それなのに大変な事態を引き起こしうるというのが、このパズルの面白いところだ。

 本当に何も新しい情報がないのなら、何も引き起こすはずがないから、一見なにひとつ新しい情報をもたらさないように見える女王の発言は、実際には、各妻に何らかの新しい情報を与えたはずだ。それは何だろう。

 「「この村には、浮気をしている夫が少なくとも一人いる」ことをどの妻も知っている」ということだ。「誰もが知っている知識」「「誰もが知っている」と誰もが知っている知識」は違うのだ。

 「ポケモンGOによって任天堂に直接もたらされる利益がそんなに大きくない」ということは、このポケモン相場の初期から繰り返し語られていた。大多数の投資家はすでに知っていたことだろう。

 だったら任天堂がまったく同じ内容をIRで発表したところで、投資家が織り込むべき新しい情報は何も無いのだから、市場にも何も起きないはずなのでは?

 しかし、実際にはストップ安が起きた。何が変わったのだろう。

 おそらく実際に付け加わったのは「「ポケモンGOによって任天堂に直接もたらされる利益がそんなに大きくない」ということをどの投資家も知っている」という知識だろう。

 「ポケモンGOによって任天堂に直接もたらされる利益がそんなに大きくない」ことを自分は当然理解しているが、周りの投資家は知らないでもっと買い上げるかもしれない。だから自分もまだ買える。

 と思っていた各投資家(妻にあたる)達が、任天堂のIR(女王の演説にあたる)によって、もはやそう考えることができなくなり、行動を変えたのだ。

 もちろん実際の値動きが、これで全て説明できるわけではないだろう。しかし、確実に要素のひとつではあったと思う。

1700万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_1201_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 ほぼ単純計算通り。北米寄与はたぶんまだほとんどないはず。中国の開始で次がどうなるかは気になるところです。

 自分のミクシィ投資は撤退しましたが、テンセント版の初動は気になるので、このグラフ更新はもうちょっとだけ続けようと思います。

2015/1/2追記

 前言撤回。次の発表が2000万に飛んだ関係でグラフがぶっ壊れたし、自分も今度こそ完全撤退したので、ここで止めます。

ミクシィ完全撤退およびNISAの恩恵

 最後に残したNISA預かり500株のミクシィ。今日の午前中にちらっと見たら、見れない間に5000割りそうな勢いだったので、少し早めの行動をと思って売ってしまった。

 これで去年の11/27にGCN氏のブログ(当時の記事は消されている)でモンストの存在を知ってから、約1年続いたミクシィ投資も幕引きとなった。

 結果的にはちょうど今日の底値だった上に、昼休みに1600万DL、引け後にテンセント版12月に開始のIRと、思わず笑ってしまうような最悪のタイミングとなったが、悔いはない。

 税引き・手数料引き後でも、3000万円を超える途方もない利益を得ることができた。ミクシィ社とモンストスタッフはもちろん、GCN氏伝道師をはじめとするTwitter仲間にも感謝したい。

 ちなみに今日売った分の、NISAによって節約できた税額は約375,000となるはず。もっとうまく使った人をTwitterのTLだけでも複数見ているので、完璧とは言えないが、この変な制度の恩恵をちゃんと受けられただけでも満足すべきであろう。

1600万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_1114_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 この期に及んでペース上がってます。北米はまだほとんど寄与してないはずので、ニコニコでのイベント、猿CM、台湾のオリキャラキャンペーンなどが効いているのかな? 単純計算では次回は月末ごろになります。

1500万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_1028_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 今回もペースの変化がほとんどなく、ほぼ単純計算通りの達成となっています。北米は始まったものの、いきなりプロモーションしているわけでもないようで、大きなDL数にはならないでしょう。次回は2Q決算以降になりそうです。

モンスト北米版リリース


 正直、北米での大成功はあまり期待できないと思っている。ヘイデイの記事で書いたばかりだが、そのままなのはシステムと音楽だけぐらいにして、キャラは絵から全部描き直すぐらいやらないと、文化の壁は超えられないのではないかと思っている。

 ただ、大成功の可能性がないとも思えない。緒方雄一先生を基調とするセンスもピンボールベースのシステムも、少なくともパズドラよりは北米向きだと思われる。というか、モンストでだめなら、もう他のどんな日本製ソシャゲもだめだろう。

 逆に北米で成功するようなら大幅に脳内上方修正が必要になるわけなので、目は離せない。米国版公式Twitterアカウント(通称アメ公になりそう)のフォロワー数推移をちょっと気にするようにしよう。

1400万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_1006_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 ペースの変化がほとんどなく、ほぼ単純計算通りの達成となっています。しかし、次回までには中国か北米が開始する可能性が高そうです。大きな変化もあり得ます。

1300万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_0916_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 LINEコラボによるペース急増の効果が元に戻ってきたようです。単純計算通りだと次回までに中国版が始まることになりそうです。今日発表のモンハンコラボで再び上向けば月内更新もあるかも?

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: