トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

AMZN

ハゲポートフォリオは正義か?

ハゲポートフォリオは正義か?



 まあヒマネタなのだが、あながちネタだけではない可能性に興味があってメモっておく。

 で載せたように、6200 インソースの舟橋孝之もスキンヘッド。AMZN アマゾンドットコムのジェフ・ベゾスも周知のごとくスキンヘッド。さらに4235 第一化成の中野淳文氏もスキンヘッド。

 経済的サイコパス傾向(人情やしがらみを軽視し合理性を優先する度合いが強いという程度の意味)と、スキンヘッドで生活することを選ぶことには、少なくとも相関がありそうな気がする。

 ちなみに私は、両方の祖父ともに80台後半で亡くなるまでハゲてなかったし、父もそれなりの歳だがフサフサなので、多分ハゲられない。残念!!

Kindle Unlimitedを解約しました

 2016年8月に始まってすぐから続けていたキンドルアンリミテッドを解約しました。

 自分の衝突断面積を増やす意味でも有益だとは思うのですが、その役割は後から入ったdマガジンと重複してしまいました。

 すでに一通りめぼしい物は見て、本当にいい本は買ってしまいましたし、それほどの頻度でなければ、これまで通りの図書館へのリクエストで事足ります。

 また状況が変われば入り直す可能性はありますが、いったん解約としました。

 自分がやめておいて言うのもなんですが、キンリミの投資本の充実ぶりは異常です。かなりの数の良書が対象になっています。もし2012年頃の自分のように、本格的に勉強を始めたばかりで大量に投資本を読みたい、というニーズがあれば、入るのも手だと思います。

2017年2月成績-3.6%(年初来+5.0%)

2017_0228pf

2017年2月成績と総評

総資産 前月比 年初来
84,076,895円 -3.6% +5.0%

 ほらやっぱりフラグだった。(単月マイナス額で2016年1月を抜いて記録更新。)

2月ハイライト

6200 インソース

 1月末をピークにいったん落ち込んでたが、優待新設をきっかけにV字回復して新高値を取ってきた。生涯貢献度がアークランドサービスをわずかに上回り2位浮上。運良く優待新設の前に買い戻していたデイトレ枠も現引きして、短期の動きはつなぎ売りで対応する方針に変更。

4235 第一化成

 基本的にずっと下げ続け、連続ストップ高後の寄り付き近辺まで来た。下がれば買い上がれば売る人と上がれば買い下がれば売る人。Yahoo掲示板しか見てない人とYahoo掲示板すら見てない人。いろんな人がいて相場が成り立ってるんだなあ、ということを改めて体感。

AMZN アマゾンドットコム

 買い増し後も順調で、850ドル近くまで来ている。AWSのみならずEcho(Alexa)でも天下を取りつつあるのだから、ブランド価値と時価総額でアップルを上回り、世界一になるのは、あるかないかではなく時間の問題だと思うのだが。

優待クロス

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム

2017年1月成績+9.0%(年初来+9.0%)

201701pf

2017年1月成績と総評

総資産 前月比 年初来
87,227,478円 +9.0% +9.0%

 パクってすまーん!!(パクリだけでもないから許して!)

1月ハイライト

インソースと第一化成

 PF1位と2位。どちらもかなりの利益をもたらした。詳細はこちら。

PG売却してAMZN買い増し

 よく覚えてないぐらい大昔、記録では2010年に買ったPG プロクター・アンド・ギャンブル。同じころに買ったAMZN アマゾンドットコム様とのパフォーマンスの絶大な格差に打ちのめされ売ることにした。

 まだそんな歳でもないのに保守的過ぎたな。当時していた勉強がどんなだったかうかがえる選択。

機会損失も大きい

 ガチムチの方のパクリで注目だけしてた4334 ユークスは結局一文にもならず。kirito先生のパクリでダビマスをチュートリアルまでプレイしたりしていた3793 ドリコムも、実質何も取れなかった。

半億り人

 税引き・手数料引き後の生涯損益が、5千万に到達した。厳しめの意味での半億り人達成か。フラグっぽいが……。

優待クロス見送り

 労力と利益の兼ね合いを考えて、今年は2,3,9,12月のみに絞って、あとは忘れることにした。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム

2016年成績+4.5%(ベンチマーク-1.9%)

2016pf

 今年の簡単な振り返りとしては、やや気が抜けていた。優待クロスやIPO応募以外、ほとんど目立った取引はしていなかった。

 前半で目立つのは、2193 クックパッドで約250万もやられ、生涯損害度トップに躍り出たということ。これだけが今年唯一の大損害。

 それを除けば、防御力を意識的に高めていたこともあり、ブレグジットショックやトランプショックでも特別記憶に残るような損失は受けなかった。

 トランプショック後に気合いを入れ直し、9766 コナミや6200 インソースでやや儲ける。特にインソースは11月,12月だけで約210万も稼いで生涯貢献度3位に登場。

 継続保有部分ではAMZN アマゾンの頑張りと、三倍優待口座の回復のみ。

 満足とは言えない成績だが、ベンチマークには一応勝っている。アクティブに動かしているのは総資産の半分以下、さらにキャッシュポジションも、ほぼ常に半分以上の状態が続いていたにしては、それほど悪くないのではないか。

 本業は好調。子供誕生や引っ越しがあった2014,2015年とは違い、消費もやや落ち着きを見せた。

説明

  • ベンチマークにはTOPIXを採用。外国株も持ってはいますが、生活も投資も今のところ日本メインなのでいいでしょう。
  • 開始は自分が投資を始めた2008年からとしています。2008年・2009年は記録が不備で、正確な数字では出せませんが、投資のみではマイナス、入金含めてややプラスのはずです。
  • 総資産とは、本業収入・消費・住宅評価価値・住宅ローン等まで全て含めた家庭純資産です。

2016年10月成績+1.2%(年初来-2.6%)

2016_1031_pf

2016年10月成績と総評

総資産 前月比 年初来
74,587,336円 +1.2% -2.6%

 何もしてないのになんでプラスなんだろう(デジャブ)。

10月ハイライト

なんもしてない

 本当に何もしてない。ちょっと気を抜きすぎかしらん。でも市場全体の回復に伴い若干プラス。

アイモバイル

 6535 アイモバイルのIPOが当選し、迷った末購入。微妙に初値割れして5万弱の損失。余計なことだけしてしまった。

アマゾンの決算はいまいち

 だったらしい。800ドルも割ってる。まあAMZNは半永久ポジションのつもりなので特に気にしてないが。

遊戯王そろそろ?

 9766 コナミホールディングス。開発遅れと、ポケGoが話題をさらったせいで、自分でも忘れかけていたが、海外配信が開始されたとの未確認情報が。いよいよか?

主要ポジション

  • AMZN アマゾンドットコム
  • PG プロクター&ギャンブル

2016年9月成績+1.2%(年初来-3.8%)

2016_0930pf

2016年9月成績と総評

総資産 前月比 年初来
73,687,155円 +1.2% -3.8%

 何もしてないのになんでプラスなんだろう。

9月ハイライト

なんもしてない

 ほとんど、というか全く何もしなかった。ここまで取引してないのは、アベノミクス開始以来初めてではないか?

優待クロスだけ頑張る

 その代わりというわけではないが、優待クロスだけはわりときっちりやった。(2016年9月の優待クロス実施

3962 チェンジでぬか喜び

 久々に上がりそうなIPOが当たったと思って喜んだが、よく見たら補欠当選だった。念のため購入意思表示はしておいたが、繰り上げはなしでぬか喜びに終わる。

AMZN アマゾン無双

 為替の関係で円ベースでは微減だが、AMZNだけやたら頑張ってる。いつの間にか800ドルも超えてる。

 ちょっと前にこんなニュースもあったが、私はベゾスはいずれ世界一位の富豪になるとみている。

主要ポジション

  • AMZN アマゾンドットコム
  • PG プロクター&ギャンブル

ジュニアNISA口座をSBIで作った

 子供のジュニアNISA口座をSBIで作った。

 初めてマイナンバーを口座開設に使った。というか、マイナンバーを使ったこと自体初めてだ。(会社に提出した以外で。)

 選択基準は、

  • 親権者(自分)がすでにメインで使っているから、手続きが楽だろう。
  • 優待口座を持っている松井とは別のところがいい。
  • 海外株も買えるところがいいな。

 ぐらいで、あまり深くは考えていない。

 銘柄の選択については、ちゃんと考えないとだめだろう。あまりギャンブリングでなく、なおかつ中長期でそれなりの利幅が狙えそうなのがいい。今のところAmazonあたりが候補か。

 開設が終わったら、児童手当や親戚のお祝い・お年玉を貯めている資金がちょうど80万程度になるので、入金してみよう。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: