トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

4235

2017年7月成績-4.5%(年初来+19.6%)

2017_0731

2017年7月成績と総評

総資産 前月比 年初来
95,786,482円 -4.5% +19.6%

 光あるかぎり 闇もまたある……。(訳:ドヤしたらぶっこいた)

7月ハイライト

4235 第一化成だだ下がり

 一度2800近辺まで上がって、再び高値ブレイクして上昇トレンド入りかと思いきや、そこからずっとだだ下がり。なんでやねん。先月のうちに追撃分を利確しといたのは正解となったが、現物を保有し続けている分だけでも結構食らう。

 夏号&五味氏相場の時点で、2400までの調整は覚悟してたが、それすら割れるとは。五味氏や亀吉師匠ほどの額を集中しているならともかく、自分程度の持ち高なら一度全部売っておくべきだったか?

 しかし、長期的には(含み益だから失ってもあまり痛くないという)不合理な心理会計を利用して握力を保持すべき場面にも思えるし、悩ましい。

6200 インソースだだ下がり

 6月に第一化成に集中するために半分程度売っていたが、今月は1部昇格が徹底的に織り込まれ過ぎ、出尽くしで下がるのが確定に見えたので、昇格発表前後まででNISA分以外ノーポジに。月末の決算でも良くも悪くも予想を裏切ることはないだろうと思ってそのまま見送る。

 ここからまとまった利益を出せる画は、次の全体急暴落で買って、今度こそ10年ぐらいの長期保有、というイメージしか思い浮かばないが、どうなるかな。

 優待内容は予想通り公開講座無料券に決まったようだ。常設公開講座に来てもらうのであれば、追加費用かからないだろうし、それでリピーター獲得できる可能性考えたら、会社にとってもお得な優待だろう。もらったらプレゼンテーション研修か何か受けに行ってみる予定。

AMZN アマゾンだだ下がり……からの復活

 月初にFANG総崩れとかで950ドルあたりまで下がったが、そこからまた回復して1050あたりまでいったり。現在はちょうど1000ドルあたり。

 ベゾスが一時的に世界一の富豪となったニュースをきっかけに、『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』を3年ぶりぐらいに読み返したら、改めて面白かった。

 の記事でもリンクを張ったSteve Yeggeの投稿に関する話が、この本にすでに出ているのに、今更気がついた。

2121 ミクシィのショート撤退

 思うように下がらなかったので超微益撤退。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 第一化成
  2. AMZN アマゾンドットコム
  3. 6200 インソース

2017年6月成績+14.3%(年初来+25.3%)

2017_0630pf

2017年6月成績と総評

総資産 前月比 年初来
100,308,699円 +14.3% +25.3%

 市場にハゲの輝く瞬間……だっけ?(絶対違)

6月ハイライト

4235 第一化成急上昇

 先月「この2銘柄がまた本格的に上昇し始めるまで先は長そうだ。」と書いたばかりだが、予想大外れ。四季報夏号の予想数字が良いというのを、おそらくは直接の材料として、急速な上げ基調。

 夏号では(誌面には載ってないものの四季報プレミアムのデータ更新により)五味大輔氏が(3月時点で)大株主11位になっている、というサプライズでイナゴ買いも集まって、一時2900越えまである。

 イナゴ分はすぐ丸々ハゲたし、月末までにかなり戻してしまったものの、元から持ってた長期現物分(保有継続)と、史上最高値ブレイクで追撃した短期信用分(利確済)が両方寄与して、かなりの利益。単月割合で+10%越えなんてモンストの時(2014年5-7月)以来のはず。

プロジェクトなまはげ

 22日の第一化成株主総会にも行って亀吉師匠と初顔合わせ。株オフと言えるものはこの日以来人生2度目か。ちなみに無粋ながら暗号名の由来は、ハゲポートフォリオ銘柄の株主総会≒ライブ(生)で(ハゲた)社長を見られる機会、であることから。

6200 インソース停滞

 2度目の立会外分売で、今度は100株だけ当たった、正直ウェイト的にほとんど意味はないが、これで実際の仕組みを経験して理解した。いろいろIR出しているものの株価は停滞中。そろそろあるはずの昇格で上がるのか、それとも織り込みすぎで一度出尽くしとなるのか。どっちだ?

2678 アスクルショートでヒヤリハット

 16日頃Amazon Business(アマゾンビジネス)が日本上陸するとかのニュース。今年はショートを普通にできるようになると言っといて一度もやってないのを思い出して売る。2日後ぐらいになんとなく超微益で閉じる。20日に業績修正とレーティングとかで急上昇。危なかった。

2121 ミクシィショート

 でも懲りずに、ミクシィをショートしてみる。ファイトリーグも大コケ確定っぽいのに、テンセントモンスト期待がまだあった頃より高いって、なんぼ地合がよくてもおかしいやろ。ショートはまだよちよち歩きの自覚はあるので、そんなにウェイトはかけてない。

その他

 日経2万円・7312 タカタ倒産・3284 フージャースもといフージャーさん復活即引退・まつうらじゅん氏の消息発見・優待クロス急遽実行、となんだかんだで色々あった気がする。濃い一ヶ月だった。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 第一化成
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. 2121 ミクシィ(ショート)

2017年5月成績+2.1%(年初来+9.6%)

2017_0531pf

2017年5月成績と総評

総資産 前月比 年初来
87,771,211円 +2.1% +9.6%

 言うなればランコルハゲ。

5月ハイライト

ハゲ銘柄への期待ハゲ?

 4235 第一化成と6200 インソースの決算発表が同じ5/12。その数日前の時点で総資産YHまで行ったのに、両銘柄とも決算前後で大きく下げて、一時前月比マイナスまで行く、それからまた少し盛り返して今に至るものの、この2銘柄がまた本格的に上昇し始めるまで先は長そうだ。

 インソースは再び立会外分売を発表。第一化成は10月にウルトラファブリックスホールディングスへの社名変更を発表。

4686 ジャストシステム

 ベネッセが微妙に持ち直しているとの話もあって、5/12の決算前に一端利確したら、その後急上昇。この銘柄は株も製品も長年のファンなのに、いつもタイミングが合わないなあ。

アマゾン1000ドル到達

 AMZN アマゾンドットコムだけは地道に上げ続け一時1000ドルをつけた。ベゾスが世界一の富豪になる日も近い。Echo日本版の発売はまだか。絶対買う。

暗号通貨バブル?

 少し前の記事の通り急上昇したあと乱高下したようだ。昔買っとけばよかったとは思うし、今からでもまだ伸び代はあるかもしれないが、自分は今のところ、ここから参入する意志はない。その労力があれば、先物・オプションによる株の下げに対するヘッジの勉強に回したい。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 第一化成
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム

2017年4月成績-2.7%(年初来+7.4%)

2017_0428pf

2017年4月成績と総評

総資産 前月比 年初来
85,980,719円 -2.7% +7.4%

 ハゲてりゃいいってもんじゃないか……(当然)。

4月ハイライト

海外旅行で散財&北朝鮮危機

 海外旅行に行って、おまけに高価な物を買って、おそらく引っ越し関連以来のインパクトある消費。しかも、海外で何もできない期間を狙いすましたかのように北朝鮮危機。地政学的リスク云々の下げを丸々食らって、旅行代の数倍にもなる。

6200 インソース

 「流石にこのまま一本調子に上昇していくことはなさそう」と言っていたインソースも、案の定というか分売価格ちょっと上あたりまで調整。つなぎ売りは肝心なときに限ってできてないという悲劇。

4235 第一化成

 代わりに(?)第一化成がちょっと頑張って回復してきた。HPもリニューアル。

AMZN好決算(?)

 今月の成績には反映されてないが、時間外取引では上がってるらしい。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. 4686 ジャストシステム

ハゲポートフォリオは正義か?



 まあヒマネタなのだが、あながちネタだけではない可能性に興味があってメモっておく。

 で載せたように、6200 インソースの舟橋孝之氏はスキンヘッド。AMZN アマゾンドットコムのジェフ・ベゾスも周知のごとくスキンヘッド。さらに4235 第一化成の中野淳文氏もスキンヘッド。

 経済的サイコパス傾向(人情やしがらみを軽視し合理性を優先する度合いが強いという程度の意味)と、スキンヘッドで生活することを選ぶことには、少なくとも相関がありそうな気がする。

 ちなみに私は、両方の祖父ともに80代後半で亡くなるまでハゲてなかったし、父もそれなりの歳だがフサフサなので、多分ハゲられない。残念!!

第一化成が立会外分売

 ポートフォリオ2位の4235 第一化成が立会外分売。

6. 実施の目的
当社株式の分布状況の改善および流動性の向上を
図るため。

 中期計画か何かで言ってた気がするが、やはり一部昇格狙いであろう。

 分売予定株式数30万株は、月平均で考えた出来高の3日ちょっと分ぐらいか。

 昨日6200 インソースが分売発表したばかり。2日続けてポートフォリオ1位と2位が分売発表ってどういうこと。よくあることなの? それとも実は結構レア?

2017年2月成績-3.6%(年初来+5.0%)

2017_0228pf

2017年2月成績と総評

総資産 前月比 年初来
84,076,895円 -3.6% +5.0%

 ほらやっぱりフラグだった。(単月マイナス額で2016年1月を抜いて記録更新。)

2月ハイライト

6200 インソース

 1月末をピークにいったん落ち込んでたが、優待新設をきっかけにV字回復して新高値を取ってきた。生涯貢献度がアークランドサービスをわずかに上回り2位浮上。運良く優待新設の前に買い戻していたデイトレ枠も現引きして、短期の動きはつなぎ売りで対応する方針に変更。

4235 第一化成

 基本的にずっと下げ続け、連続ストップ高後の寄り付き近辺まで来た。下がれば買い上がれば売る人と上がれば買い下がれば売る人。Yahoo掲示板しか見てない人とYahoo掲示板すら見てない人。いろんな人がいて相場が成り立ってるんだなあ、ということを改めて体感。

AMZN アマゾンドットコム

 買い増し後も順調で、850ドル近くまで来ている。AWSのみならずEcho(Alexa)でも天下を取りつつあるのだから、ブランド価値と時価総額でアップルを上回り、世界一になるのは、あるかないかではなく時間の問題だと思うのだが。

優待クロス

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム

2017年1月成績+9.0%(年初来+9.0%)

201701pf

2017年1月成績と総評

総資産 前月比 年初来
87,227,478円 +9.0% +9.0%

 パクってすまーん!!(パクリだけでもないから許して!)

1月ハイライト

インソースと第一化成

 PF1位と2位。どちらもかなりの利益をもたらした。詳細はこちら。

PG売却してAMZN買い増し

 よく覚えてないぐらい大昔、記録では2010年に買ったPG プロクター・アンド・ギャンブル。同じころに買ったAMZN アマゾンドットコム様とのパフォーマンスの絶大な格差に打ちのめされ売ることにした。

 まだそんな歳でもないのに保守的過ぎたな。当時していた勉強がどんなだったかうかがえる選択。

機会損失も大きい

 ガチムチの方のパクリで注目だけしてた4334 ユークスは結局一文にもならず。kirito先生のパクリでダビマスをチュートリアルまでプレイしたりしていた3793 ドリコムも、実質何も取れなかった。

半億り人

 税引き・手数料引き後の生涯損益が、5千万に到達した。厳しめの意味での半億り人達成か。フラグっぽいが……。

優待クロス見送り

 労力と利益の兼ね合いを考えて、今年は2,3,9,12月のみに絞って、あとは忘れることにした。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム
30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: