トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

4235

2017年5月成績+2.1%(年初来+9.6%)

2017_0531pf

2017年5月成績と総評

総資産 前月比 年初来
87,771,211円 +2.1% +9.6%

 言うなればランコルハゲ。

5月ハイライト

ハゲ銘柄への期待ハゲ?

 4235 第一化成と6200 インソースの決算発表が同じ5/12。その数日前の時点で総資産YHまで行ったのに、両銘柄とも決算前後で大きく下げて、一時前月比マイナスまで行く、それからまた少し盛り返して今に至るものの、この2銘柄がまた本格的に上昇し始めるまで先は長そうだ。

 インソースは再び立会外分売を発表。第一化成は10月にウルトラファブリックスホールディングスへの社名変更を発表。

4686 ジャストシステム

 ベネッセが微妙に持ち直しているとの話もあって、5/12の決算前に一端利確したら、その後急上昇。この銘柄は株も製品も長年のファンなのに、いつもタイミングが合わないなあ。

アマゾン1000ドル到達

 AMZN アマゾンドットコムだけは地道に上げ続け一時1000ドルをつけた。ベゾスが世界一の富豪になる日も近い。Echo日本版の発売はまだか。絶対買う。

暗号通貨バブル?

 少し前の記事の通り急上昇したあと乱高下したようだ。昔買っとけばよかったとは思うし、今からでもまだ伸び代はあるかもしれないが、自分は今のところ、ここから参入する意志はない。その労力があれば、先物・オプションによる株の下げに対するヘッジの勉強に回したい。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 第一化成
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム

2017年4月成績-2.7%(年初来+7.4%)

2017_0428pf

2017年4月成績と総評

総資産 前月比 年初来
85,980,719円 -2.7% +7.4%

 ハゲてりゃいいってもんじゃないか……(当然)。

4月ハイライト

海外旅行で散財&北朝鮮危機

 海外旅行に行って、おまけに高価な物を買って、おそらく引っ越し関連以来のインパクトある消費。しかも、海外で何もできない期間を狙いすましたかのように北朝鮮危機。地政学的リスク云々の下げを丸々食らって、旅行代の数倍にもなる。

6200 インソース

 「流石にこのまま一本調子に上昇していくことはなさそう」と言っていたインソースも、案の定というか分売価格ちょっと上あたりまで調整。つなぎ売りは肝心なときに限ってできてないという悲劇。

4235 第一化成

 代わりに(?)第一化成がちょっと頑張って回復してきた。HPもリニューアル。

AMZN好決算(?)

 今月の成績には反映されてないが、時間外取引では上がってるらしい。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. 4686 ジャストシステム

ハゲポートフォリオは正義か?



 まあヒマネタなのだが、あながちネタだけではない可能性に興味があってメモっておく。

 で載せたように、6200 インソースの舟橋孝之もスキンヘッド。AMZN アマゾンドットコムのジェフ・ベゾスも周知のごとくスキンヘッド。さらに4235 第一化成の中野淳文氏もスキンヘッド。

 経済的サイコパス傾向(人情やしがらみを軽視し合理性を優先する度合いが強いという程度の意味)と、スキンヘッドで生活することを選ぶことには、少なくとも相関がありそうな気がする。

 ちなみに私は、両方の祖父ともに80台後半で亡くなるまでハゲてなかったし、父もそれなりの歳だがフサフサなので、多分ハゲられない。残念!!

第一化成が立会外分売

 ポートフォリオ2位の4235 第一化成が立会外分売。

6. 実施の目的
当社株式の分布状況の改善および流動性の向上を
図るため。

 中期計画か何かで言ってた気がするが、やはり一部昇格狙いであろう。

 分売予定株式数30万株は、月平均で考えた出来高の3日ちょっと分ぐらいか。

 昨日6200 インソースが分売発表したばかり。2日続けてポートフォリオ1位と2位が分売発表ってどういうこと。よくあることなの? それとも実は結構レア?

2017年2月成績-3.6%(年初来+5.0%)

2017_0228pf

2017年2月成績と総評

総資産 前月比 年初来
84,076,895円 -3.6% +5.0%

 ほらやっぱりフラグだった。(単月マイナス額で2016年1月を抜いて記録更新。)

2月ハイライト

6200 インソース

 1月末をピークにいったん落ち込んでたが、優待新設をきっかけにV字回復して新高値を取ってきた。生涯貢献度がアークランドサービスをわずかに上回り2位浮上。運良く優待新設の前に買い戻していたデイトレ枠も現引きして、短期の動きはつなぎ売りで対応する方針に変更。

4235 第一化成

 基本的にずっと下げ続け、連続ストップ高後の寄り付き近辺まで来た。下がれば買い上がれば売る人と上がれば買い下がれば売る人。Yahoo掲示板しか見てない人とYahoo掲示板すら見てない人。いろんな人がいて相場が成り立ってるんだなあ、ということを改めて体感。

AMZN アマゾンドットコム

 買い増し後も順調で、850ドル近くまで来ている。AWSのみならずEcho(Alexa)でも天下を取りつつあるのだから、ブランド価値と時価総額でアップルを上回り、世界一になるのは、あるかないかではなく時間の問題だと思うのだが。

優待クロス

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム

2017年1月成績+9.0%(年初来+9.0%)

201701pf

2017年1月成績と総評

総資産 前月比 年初来
87,227,478円 +9.0% +9.0%

 パクってすまーん!!(パクリだけでもないから許して!)

1月ハイライト

インソースと第一化成

 PF1位と2位。どちらもかなりの利益をもたらした。詳細はこちら。

PG売却してAMZN買い増し

 よく覚えてないぐらい大昔、記録では2010年に買ったPG プロクター・アンド・ギャンブル。同じころに買ったAMZN アマゾンドットコム様とのパフォーマンスの絶大な格差に打ちのめされ売ることにした。

 まだそんな歳でもないのに保守的過ぎたな。当時していた勉強がどんなだったかうかがえる選択。

機会損失も大きい

 ガチムチの方のパクリで注目だけしてた4334 ユークスは結局一文にもならず。kirito先生のパクリでダビマスをチュートリアルまでプレイしたりしていた3793 ドリコムも、実質何も取れなかった。

半億り人

 税引き・手数料引き後の生涯損益が、5千万に到達した。厳しめの意味での半億り人達成か。フラグっぽいが……。

優待クロス見送り

 労力と利益の兼ね合いを考えて、今年は2,3,9,12月のみに絞って、あとは忘れることにした。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム

4235 第一化成

 これに習って自分も売買ログを晒してみる。

 2014年分は、何考えてたのか流石に憶えてない。

 2016年11月成績で書いたように、かなり前から亀吉師匠銘柄とだけは認識していた。

 2016/11/22のUltrafabrics買収発表まではまったく触っておらず、この2連S高だけなら「はあ、やっぱ師匠すげーなー」で終わるところであった。

 が、それを機会に短期目線で手がけ始め、師匠のTwitterを普段以上にストーキングしたり、ブログも遡って見たりしていると、どうもこれで織り込まれ尽くしたわけでは全くないようだ、ということがわかり始めた。

 本格的なパクリ投資として、ある程度まとまった額を長期的に賭けるべき案件かもと思い始めたのが、2016/12/22の現引あたり。その後年明けちょっとまでに、そこそこ利が乗った状態になる。

 しかし、2017/1/12にアメリカの法人税案の記事がYahoo掲示板で取り沙汰されたのを(おそらく)直接のきっかけに下落トレンドになり、そこそこの含み益がそこそこの含み損にまで陥る。

 機械的損切りにもかかりかねない勢いだったので、1/17にぶん投げたら、まさに「あなたが売ったそこが底」状態に。このままだったらたぶん今は泣き濡れてた。

 しかし、Ultrafabrics買収発表以降の下方支持線できっちり止まった上に、ノーポジ状態で「ここからなら買うか?」と考えたら、やっぱり買うべきだと思ったので、その日のうちと翌18日までに、元の分まで買い直した。これは結果的にファインプレー。

 1/23の中期計画その他の発表タイミングはもちろん読めていたわけではなかったが、銘柄だけでなく、以前からの思考の流れ、カタリストへの反応、感情の動きまで、諸々同時にトレースできて、久々に良い経験を積めた感がある。

続きを読む

2016年11月成績+3.7%(年初来+1.0%)

2016_1130pf

2016年11月成績と総評

総資産 前月比 年初来
77,345,779円 +3.7% +1.0%

 今年プラ転!(ただし本業込み)

11月ハイライト

トランプショックからトランポノミクスへ

 大統領選関係では結果的に何もできなかったが、それをきっかけに気合いを入れ直したら早くもそれなりの成果が出た。まあ相場環境がよくなっただけのような気もするが。

3267 フィル・カンパニー当選

 初値売りで約26万の利益。公募当選史上最大の利益となった。3967 エルテスの方は、初めてIPOチャレンジポイントを使おうとするも、あえなく落選。150Pでもだめなのね。外れた場合は減らない仕様とのことなので、貯まっている人もたくさんいるということか。

優待クロスほとんど取れず

 1/18(金)19:00にPC前に待機してたのに、SBIの一般売が7594 マルカキカイ一名義しか取れず。競争激しすぎ。これでは結局、3月9月ぐらいしかまともに優待クロスはできないではないか。逆日歩をちゃんと調べて、制度クロスでも取れるようにしていくべきか?

6200 インソース

 Twitterでの雑談をきっかけに入ってみた。うちの会社にも何度か講師が来ていて、普通のおじさんおばさんを派遣して確実に金になるならいい商売だなと思っていたので。

 長期目線ではあるが、乱高下したのでデイトレ的な回転売買も実施。どちらも上手くはまって、早くも生涯貢献度上位に顔を出しそうな勢い。

4235 第一化成

 亀吉師匠銘柄とだけ認識していたが、まさに今日ストップ高。あとどれだけ成長すれば、こういうのを事前に買えるようになるのだろう。まだ背中も見えん。

主要ポジション

  • 6200 インソース
  • AMZN アマゾンドットコム
  • PG プロクター&ギャンブル
30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: