トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

4235

血のバレンタイン

 この3日間の事態は血のバレンタインとして記憶に残るだろう。

 ポートフォリオウェイト圧倒的1位だった4235 UfHDの2連ストップ安により、間違いなく投資家人生空前(絶後だといいが)のやられ方。2日で2千万近く、市場全体も絶好調だった1月末からの比較でいうと3千万近く減っている。

 第一種兼業投資家とか言ってた時点が見事なドヤ天井でしたわ。第一種兼業投資家はもちろん、総資産一億も陥落。普通の社畜の子に戻りま〜す!

 救いは、まだこれでもUfHDに関しては去年1月以降それ自身であげた利益をほぼそのまま綺麗に返しただけで済んでいるということ。今の約1700円という価格は、去年6月の五味氏情報あたりから始めた人はほぼ全員純損失になっている計算だ。

 問題は、時間を戻して何度繰り返しても回避できた気がしないということ。ポジションを落とすことはできたかもしれないが。後知恵で言えば結構多く入れていた短期分は完全に余計だった。

 自分自身がIFRSについて詳しいわけではないのに、のれんの償却が不要になると鵜呑みにしていた。十分疑い深くなかった。

 「やっぱり償却ありってことはないよね?」という疑念が生じたことはあったのだが、自分よりも圧倒的に会計に詳しそうな人でも、それを指摘している人は誰もいなかったので大丈夫と思ってしまった。

 そもそもそのためのIFRS適用であろうに、いくらなんでもそれはないだろうと。しかし、疑念が生じる時点で納得いくまで追及するか、それに応じてポジションを落とすかすべきだっただろう。

 ウルトラ保守的な予想も読めなかったが、これもどこまでいっても所詮自分がコントロールできることではないと肝に銘じていれば、もうちょっと慎重になれたかも知れない。

 UfHDが個人投資家ポートフォリオランキングの3位になっていて結構個人の短期資金が集まっているのも知っていたし、ここ1ヶ月の日経急落と円高でハードルが上がっているのも知っていた。やはりそれらに応じて短期分ポジションの量はもっと落とすべきだった。

 でも、期待通りのれん償却なしで、見通しもウルトラ保守的でなかったら、さらに短期資金も集まって、本業の良さについての情報も広まって、もう「このときはアホらしいほど安かったな」と思えるような機会はなかったと思うのも確か。

 やっぱり、振り返っても「短期分を全く乗せない」というのが、ありえたベストで、2日で1千万、1月末比1500万ぐらい食らうのは避けられなかった気がする。

 結論としては、短期ポジで食らった分に関しては、自分のおごりと怠慢によるミスと受け止めて反省し、潔く損切りする。これを短期で取り戻そうとはしない。ここでさらに傷を広げた場合、市場全体の先行きによっては再起が危うくなる。

 今でもまだ取得単価が現在価格をかなり下回っている長期ポジは、維持する。元々の見通し通りにビジネスの実体が成長するとすれば(今のところしている)このポジションだけでも十分な利益になるはずだ。

4235 UfHD 平成29年12月期 決算短信

 ビジネス自体は順調そのもので、18円から24円への増配が本当の見通しを示していると思うのだが、表面上の見た目がすこぶる悪い。

 今期の見た目の数字が悪いというのは元からで、織り込み済みだったと思うが、予想外なのはIFRSの扱い。

 IFRSだと米国Uf買収によるのれん償却が発生しないので、IFRSになる今回の決算のタイミングで、実体に見た目が追いついて良くなってくるだろう、と思って短期分も追加していたのだが、

Uf社の資産・負債を公正価値にて連結財務諸表に取り込む(PPA:Purchase Price Allocation)に際して顧客関連資産(Customer Relationship)など償却対象となる資産が計上され償却費が増加したこと、

 ということによりその思惑は外れた。

 償却によってわざと利益を出さないようにする、というと、反射的に、法人税を発生させないためにわざとそうしているのかと思ったが、どうも違うらしい。

 税金が関係ないとなるとどういう意図か、わざとなのか仕方なくなのかもわからないな。この機会にIFRSをもうちょっと勉強しておくべきだろうか。


 来期の予想も、売上は四季報と同レベルだが、利益はファンダからはあり得ないレベルで低い。償却やっぱりありの分を考慮しても。なんでこんな増配とも矛盾するようなウルトラ保守的予想をしなければならないのか。……と思ったがこんな指摘が。



 まさかの東芝のせい!? 監査法人まで考えが及んでなかったが、ありそうな話。

 個人的にはどうするかだが、IFRSによる見た目変化に賭けていた短期分は、素直に負けを認めて切るしかないか。

 そういう自分自身の分も含めて、ファンダ見てない短期資金は剥落するだろうから、いったんは下がるだろう。昨日のPTSではストップ安水準。日単位マイナスの過去最高記録更新するかも。

 ビジネスは順調なので長期分のポジはそのまま。取得費用1000台前半なので、いくらなんでもそこまでは下がるまい。

2018年1月成績+5.1%(年初来+5.1%)

2018_0131pf

2018年1月成績と総評

総資産前月比年初来
119,117,543円+5.1%+5.1%

 嵐の前の静……かではないな、うるささ?

1月ハイライト

4235 UfHD二歩進んで一歩戻る

 先月末約2750から現在約3000。下は2700から上は3200ぐらいまでと相変わらず荒い。

 先月から、ぐぐっと上げては半値戻しを2回ほど繰り返している感がある。2月半ばの決算までにもう1回ぐらいこんな動きがあるのかな。まあ決算前にどう動こうが大局的にはあまり関係ない気もするが。

 22日にもう決算前の大チャンスは来ないだろうと思って、家族全員分のNISAにぶち込んだら、その日にちょうど急上昇してびっくり。

 来月の決算は自分にとって2014年5月の2121 ミクシィ以来の重要なものになりそうな気がする。少なくとも今年のパフォーマンスは大部分それで決まるだろう。

6200 インソースいったん恩株のみに

 今月も3600から4500へのほぼ一貫した上げ。PERが70にもなり流石にこれ以下で買える機会はあるのではと、恩株分程度までポジションを落とす。かつての3085 アークランドサービスでは同じようなことをして結果的に早売りだったから、二の舞かもしれないが。

 あとはUfHDに集中したいという思いもある。インソースはUfHDと同時期でなければもっともっと取れただろうなあ。生涯貢献度不動の3位になって十分儲けたとも言えるけど、機会損失で破産感ある。

AMZN アマゾン様過去最高値

 ビジネス・株価ともに安定して強く、1400ドル突破。自分の一番最初の玉は150ドルなのでテンバガーも間近。

仮想通貨狂騒曲 第2幕

 急落したりコインチェック特大GOX事件が起こったりTetherというドルペッグであるとされる仮想通貨がヤバそうだったり。少なくとも数年以上は、ことによるともう二度と、2017年12月の高値には復帰しないのではないか、と個人的には予想している。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 ウルトラファブリックスホールディングス
  2. AMZN アマゾンドットコム
  3. 6200 インソース
  4. XXXX 【極秘銘柄】

Ultrafabrics製素材のティッシュケース

tissue


 亀吉(@ichonan)師匠のツイートで知った。たまたま本当に欲しかったので、4235 UfHDの調査の一貫として買ってみた。ティッシュ箱から紙だけ取り出して入れるタイプ。

 固くはないが自立する、袋でも箱でもない、ちょうど良い質感でなかなか素敵。これは確かに合成皮革ならではの用途なのかもしれん。

2017年成績+42.3%(ベンチマーク+19.7%)

2017pf

 仮想通貨界隈に対するメシマズ感さえ忘れれば、まったく素晴らしい結果。下落と言える下落が4月と11月の北朝鮮関係ぐらいしかなく、とにかく市場が良すぎた。

 ベンチマークの上回り具合を、入金の寄与具合も加味して判断すれば、モンスト相場で別格の2014年に次いで、個人的にも、過去最高級にうまくいったと言えるのではないだろうか。

 家等まで含めた総資産に対するパフォーマンスが+42.3%であり、SBIのメイン株口座だけ見れば年初約3000万から現在約6000万になっており、体感パフォーマンスは+100%に近い。

 非常に大雑把に言えば、確定益1000万・含み益2000万。バフェット言うところの「含み益(の税金分)は国家からの無期限ローン」という考えが初めて実感できる状態になっている。

 儲けの内訳は、4235 UfHDで2000万弱、6200 インソースで1000万弱、残りがAMZN アマゾンという感じ。それ以外は誤差程度。実際ほとんどそれ以外は取引していない。まさにハゲポートフォリオとともに歩んだ一年だった。

 たとえ大部分は市場環境のおかげとわかってはいても、千万単位で儲かるようなことが二度とあるか心配だったが、比較的早くまたあってよかった。

 一度だけなら偶然かもしれないけど、二度あることは三度ある、いや、あるだろう、あるかも知れない、あるといいな。……いや、絶対三度四度とある。必ずある! あるんだってば!(ポジティブシンキング)

説明

  • ベンチマークにはTOPIXを採用。外国株も持ってはいますが、生活も投資も今のところ日本メインなのでいいでしょう。
  • 開始は自分が投資を始めた2008年からとしています。2008年・2009年は記録が不備で、正確な数字では出せませんが、投資のみではマイナス、入金含めてややプラスのはずです。
  • 総資産とは、本業収入・消費・住宅評価価値・住宅ローン等まで全て含めた家庭純資産です。

2017年12月成績-0.1%(年初来+42.3%)

2017_1229pf

2017年12月成績と総評

総資産 前月比 年初来
113,889,486円 -0.1% +42.3%

 ハゲしい年だった割に地味な締めくくり。

12月ハイライト

4235 UfHD相変わらずランコルハゲ

 3000から2500まで落ちて一気に3000まで回復して最後は約2750と、引き続き乱高下。うねり取り的に毎回ちょっとずつ儲かってもいるので別にいいのだが、なんとなく落ち着かない。もうちょっとの辛抱だと踏んでいるのだが。

6200 インソースなまはげ&無双

 初のなまはげを実施。引き続き約3000から3600のほぼ一貫した上げ。決算前のポジが短期間でダブルバガーを達成してしまう。ほんまかいな。3月頃にインソースを買ったジュニアNISAの口座もダブルバガー。

仮想通貨狂想曲

 ビットコインは先月「やっと100万」と言ってたのが、一時200万超えてそこから乱高下。ボロ儲けした人や大損した人が出て、なかなか面白いことに。

 無関係な会社が社名にブロックチェーンを入れたら数倍に暴騰とか、ITバブルのエピソードと似たような話も聞くし、バブル景気にもITバブルにも規模的には遠く及ばないものの、本気でちょっとバブル感が出てきた。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 ウルトラファブリックスホールディングス
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. XXXX 【極秘銘柄】

2017年11月成績+3.7%(年初来+42.4%)

20171130pf

2017年11月成績と総評

総資産 前月比 年初来
113,999,803円 +3.7% +42.4%

 数字だけ見ると順調だが値動きハゲしくて疲れる。

11月ハイライト

4235 UfHD激しいランコルハゲ

 月初3400から急落、決算発表後に一瞬2600割るまであったが、その後3200ちょっとまで急回復して現在3000とすごい乱高下。主にそのせいで、またも月内の資産上下最大幅が額面年収を超えてる。

 投機的ポジションとして、決算前後に少し買って回復後に売ったりしたが、主要な現物ポジションはまったく動かさずそのまま。

6200 インソース一転大攻勢

 11/10に本決算と中計発表をきっかけにほぼ2000から3000への棒上げを演じた。「どちらにも動かないだろう」と先月予想していたが、結果的に大外れ。そんなに決算に悲観的な人が多かったのだろうか?

 決算後の段階では、理由はともかく反転したからには、これまで過去最高値だった2400超えるぐらいまではありうると思ってはいたが、ここまで一気に上げるとは予想外。

 更新された予想PERでも45超えてきた(ちなみに4月のピーク2400時の予想PERは50)し、この価格をずっと維持するかは微妙なところだが、現在でもまだいわゆる売り長でもあるので、近い将来にはショートスクイーズ的にもっと行く可能性もありそうな気がして、目先注目。

AMZN アマゾン様も頑張る

 ブラックフライデー好調などにより(?)1200ドルすれすれまで迫ったようだが、少し下がって現在1160。Echo出たらすぐ買おうと思って申し込んだのだが、まだ招待こない。

ビットコインついに100万円

 やっぱりマウントゴックス破綻の時(2014年2月)に面倒くさがらずに買っておくべきだったわなあ。モンストミクシィに全神経集中していた時期とはいえ、モンスト相場が落ち着いた10月頃でも、まだ3万円ぐらいで買えたはずなのよねえ。

 いったん買うと決めたなら、手続きや勉強のオーバーヘッドコストがそれなりにでかいから、あまりに少額ではなく最低でも100万円分ぐらいは買ってただろうから、30バガーで3000万円分ぐらいにはなってたかも。

 まあ、たられば言っても仕方なく、やはり今からは手を出せないので、怠惰の罰として甘受しよう。しかし、さくらのブロックチェーン相場を逃したのもそうだが、なまじ知っているのがマイナスに働くというケースはままあるものなのだろうか。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 ウルトラファブリックスホールディングス
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. XXXX 【極秘銘柄】

2017年10月成績+6.2%(年初来+37.3%)

2017_1031pf

2017年10月成績と総評

総資産 前月比 年初来
109,947,306円 +6.2% +37.3%

 これだけ増えても負けた気しかしないあたり、本気でちょっとだけバブル。

10月ハイライト

全体バブル?

 衆院選与党勝利で日経は1500円ほど上がって22000回復。日経16連騰で今月は2営業日しか下げなかったことになるとか。すごいな。過去の最大連騰は14で、57年前の記録となると、この連騰はもう自分の一生涯更新されないようなものである可能性もあるのか。

4235 ウルトラファブリックスホールディングス続伸

 一時最大3700まであったが、その後3100台もあるなど、やや軽めになったが引き続きランコルハゲ。それでも月足では上がって現在約3400。ポジションは変わらず。

6200 インソース変わらず

 1960と先月よりは上にいるが、全体も上がったのに比べたらむしろ弱いぐらい。来月の四半期決算発表でどうなるか。どちらにもそんなに動かないだろうとは思うが。

AMZN アマゾンのベゾス10兆る

 長く950ドル近辺だったが、決算で上がって1100ドルも到達。ベゾスは今度こそゲイツを抜いて予告通り世界一位に。

4925 ハーバー研究所ちょっと参加

 今年乗りに乗ってるミリオンバガー(@milberg8)氏の銘柄とだけ認識してた。他のがどれも特にやることないので、投機的ポジションで少し参加してみたら、10/27(金)の一日で5%近く取れてしまい、お肌つるつるになりすぎて握力保てず、今この瞬間はノーポジ。

 今見ると典型的な新高値ブレイクだった。少なくとも9月半ばぐらいからは乗っておくべきだったなあ。その時期からならもっとまとまって取れてたかもしれんのに。さて、これからどうするか。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 ウルトラファブリックスホールディングス
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. XXXX 【極秘銘柄】
アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: