トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

2121

2017年7月成績-4.5%(年初来+19.6%)

2017_0731

2017年7月成績と総評

総資産 前月比 年初来
95,786,482円 -4.5% +19.6%

 光あるかぎり 闇もまたある……。(訳:ドヤしたらぶっこいた)

7月ハイライト

4235 第一化成だだ下がり

 一度2800近辺まで上がって、再び高値ブレイクして上昇トレンド入りかと思いきや、そこからずっとだだ下がり。なんでやねん。先月のうちに追撃分を利確しといたのは正解となったが、現物を保有し続けている分だけでも結構食らう。

 夏号&五味氏相場の時点で、2400までの調整は覚悟してたが、それすら割れるとは。五味氏や亀吉師匠ほどの額を集中しているならともかく、自分程度の持ち高なら一度全部売っておくべきだったか?

 しかし、長期的には(含み益だから失ってもあまり痛くないという)不合理な心理会計を利用して握力を保持すべき場面にも思えるし、悩ましい。

6200 インソースだだ下がり

 6月に第一化成に集中するために半分程度売っていたが、今月は1部昇格が徹底的に織り込まれ過ぎ、出尽くしで下がるのが確定に見えたので、昇格発表前後まででNISA分以外ノーポジに。月末の決算でも良くも悪くも予想を裏切ることはないだろうと思ってそのまま見送る。

 ここからまとまった利益を出せる画は、次の全体急暴落で買って、今度こそ10年ぐらいの長期保有、というイメージしか思い浮かばないが、どうなるかな。

 優待内容は予想通り公開講座無料券に決まったようだ。常設公開講座に来てもらうのであれば、追加費用かからないだろうし、それでリピーター獲得できる可能性考えたら、会社にとってもお得な優待だろう。もらったらプレゼンテーション研修か何か受けに行ってみる予定。

AMZN アマゾンだだ下がり……からの復活

 月初にFANG総崩れとかで950ドルあたりまで下がったが、そこからまた回復して1050あたりまでいったり。現在はちょうど1000ドルあたり。

 ベゾスが一時的に世界一の富豪となったニュースをきっかけに、『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』を3年ぶりぐらいに読み返したら、改めて面白かった。

 の記事でもリンクを張ったSteve Yeggeの投稿に関する話が、この本にすでに出ているのに、今更気がついた。

2121 ミクシィのショート撤退

 思うように下がらなかったので超微益撤退。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 第一化成
  2. AMZN アマゾンドットコム
  3. 6200 インソース

2017年6月成績+14.3%(年初来+25.3%)

2017_0630pf

2017年6月成績と総評

総資産 前月比 年初来
100,308,699円 +14.3% +25.3%

 市場にハゲの輝く瞬間……だっけ?(絶対違)

6月ハイライト

4235 第一化成急上昇

 先月「この2銘柄がまた本格的に上昇し始めるまで先は長そうだ。」と書いたばかりだが、予想大外れ。四季報夏号の予想数字が良いというのを、おそらくは直接の材料として、急速な上げ基調。

 夏号では(誌面には載ってないものの四季報プレミアムのデータ更新により)五味大輔氏が(3月時点で)大株主11位になっている、というサプライズでイナゴ買いも集まって、一時2900越えまである。

 イナゴ分はすぐ丸々ハゲたし、月末までにかなり戻してしまったものの、元から持ってた長期現物分(保有継続)と、史上最高値ブレイクで追撃した短期信用分(利確済)が両方寄与して、かなりの利益。単月割合で+10%越えなんてモンストの時(2014年5-7月)以来のはず。

プロジェクトなまはげ

 22日の第一化成株主総会にも行って亀吉師匠と初顔合わせ。株オフと言えるものはこの日以来人生2度目か。ちなみに無粋ながら暗号名の由来は、ハゲポートフォリオ銘柄の株主総会≒ライブ(生)で(ハゲた)社長を見られる機会、であることから。

6200 インソース停滞

 2度目の立会外分売で、今度は100株だけ当たった、正直ウェイト的にほとんど意味はないが、これで実際の仕組みを経験して理解した。いろいろIR出しているものの株価は停滞中。そろそろあるはずの昇格で上がるのか、それとも織り込みすぎで一度出尽くしとなるのか。どっちだ?

2678 アスクルショートでヒヤリハット

 16日頃Amazon Business(アマゾンビジネス)が日本上陸するとかのニュース。今年はショートを普通にできるようになると言っといて一度もやってないのを思い出して売る。2日後ぐらいになんとなく超微益で閉じる。20日に業績修正とレーティングとかで急上昇。危なかった。

2121 ミクシィショート

 でも懲りずに、ミクシィをショートしてみる。ファイトリーグも大コケ確定っぽいのに、テンセントモンスト期待がまだあった頃より高いって、なんぼ地合がよくてもおかしいやろ。ショートはまだよちよち歩きの自覚はあるので、そんなにウェイトはかけてない。

その他

 日経2万円・7312 タカタ倒産・3284 フージャースもといフージャーさん復活即引退・まつうらじゅん氏の消息発見・優待クロス急遽実行、となんだかんだで色々あった気がする。濃い一ヶ月だった。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 第一化成
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. 2121 ミクシィ(ショート)

つなぎ売りにはいくつか効用があるかもしれない

 最近6200 インソースで、いわゆるつなぎ売りというものを試している。基本的に長期上目線だが、短期の動きでも利益を得ようとしたものだ。もっとも、ここ最近の上昇で収支はマイナスであるが。

 つなぎ売りには従来懐疑的だったが、実際やってみて、不合理であるが故の心理的利点があるような気がしてきた。こちらの記事に共感するところが多い。

 手数料・金利・税金などの細かいことはいったん忘れるとすれば、いくらかつなぎ売りをしたところで、買い・売りを相殺したネットのポジションを持っているのと、何も変わらないはずだ。

 しかし、たとえ片方のウェイトはわずかでも、双方のポジションを持っているというだけで、バイアスの大半が除かれて、損が出る方に動いたときのストレスもかなり軽減される気がするのだ。

 また、プロスペクト理論でいう価値関数の、ある程度の含み益(損)になってしまうと、わずかな差が気にならなくなってしまう傾向も、かなり軽減される気がする。

 おそらく、常にそこからどちらかにポジションを取る可能性を考えるようになるからだろう。結果的に自分の買値(売値)に捕らわれにくくなるような気がする。

 2014年の2121 ミクシィの時は、現物を利確する誘惑に対抗するため、現物ポジションに加えて少量の信用買を常に持ち続ける方針を取っていた。効果は実際あったと思う。

 長期のつもりで持ち続けているだけだと、つい短期の動きでも取れるような気がしてきてしまい、売買の誘惑を押さえるのに苦労するが、実際に少額でポジションを取ると、すぐに損失として現実を突きつけられ、かえってメインの玉をうかつな売買から守ることができる。

 しかし、その目的で持つならば、信用買いよりも信用売り(つなぎ売り)の方が、全体のボラティリティを軽減する傾向がある分、わずかに良かったと思われる。もっともあの当初のミクシィは貸借銘柄になってなかったと記憶しているが。

6200 インソース

 6200 インソース。実は上場前から存在自体は知っていた。公開研修も講師派遣研修も利用したことがあった。自分で選んだわけじゃないが。選んだ人にそれとなく聞いたら「単に検索で引っかかって安かったから」という選択理由だったそうだ。

 公開研修は良くできてはいたが、まあそういうものだろう、という程度。講師派遣研修は、いかにもふつーのおっさんおばさんが来てしゃべっただけ。

 だが「こんないかにもふつーのおっさんおばさんを派遣して確実に金になるなら、いい商売だな」と思ってはいた。これが後で生きた。

 上場を聞いたときは「ふーん、そんな会社でも上場できるんだなあ」ぐらいの印象だった。IPOも確か申し込んだが外れた。

 IPOはしばらく低迷するのが常なのでしばらく忘れていたのだが、Twitterでの雑談がきっかけで、思ったより早く上りかけているのを知り、自分で「いい商売だな」と言っといて株買ってない、というのは投資家としてありえないだろうと思って買い、調べ始める。

 11,12月は、長期目線だが、ボラがものすごいのでデイトレ的なうねり取り(?)のようなものもやるスタイルでいた。どちらもうまくいき、半分ぐらいタダ株の状態に。

 同時に調べれば調べるほど隙がなく、銘柄に惚れるというか、ビジネスモデルに惚れるという生まれて初めてかもしれない状態になってきて「あれ? これもしかしてテンバガー取れるんじゃね?」と思い始める。

 このインタビューを聞いてみて社長も非常な好印象だし、1/27の決算に向けてかなり積み増してポートフォリオ1位の状態まできた。

 いつかの2121 ミクシィのように半年で5倍などという取り方ができる銘柄ではない(今3ヶ月で倍になってるが……)し、地合や目先の展開次第では、今の価格より下にいる期間が長く続くかもしれないが、当分目が離せない。

続きを読む

mixi『ブラックナイトストライカーズ』

blakni

 配信の噂を聞いたのでAndroid版でチュートリアルまでプレイ。

 残念ながらというか予想通りというか、少なくとも期待を上回る要素は全くない感じ。

 2121 ミクシィはノーポジだし、少なくともこれを材料に触ることはない。

2015年11月成績+0.5%(年初来+7.1%)

2015_1130_pf

2015年11月成績と総評

総資産 前月比 年初来
77,241,440円 +0.5% +7.1%

 体感パフォーマンス-3%ぐらいの気がするケチョンケチョンなのに、なぜプラスなのか。なんか計算間違ってないだろうな……。

11月ハイライト

ミクシィぶん投げ

 2121 ミクシィは2Q決算持ち越しで失敗。前四半期比でマイナスは予想していなかったので、素直に諦めて売った。買った時期が良かったので損にはならなかったが微益に終わる。その後の上げには乗れず。

リニカルなのはテロに斃れる

 パクリ投資で2183 リニカルは13日に1800ちょっとで買ったが、直後のパリ同時多発テロ事件でマイナスになったところで弱気になって切ってしまう。現在約2500でさらに上がりそうな雰囲気。テロ許すまじ。

 いやテロが悪いのではない。(いやテロはもちろん悪いに決まっているのだが。)パクリ投資で確たる根拠を持たずに買っているから、わずかな波でぶれてしまうのだ。自分が悪い。

ゼロの利益はゼロ

 利用可能な全銘柄のXBRLを読む自作スクリーニングソフトで引っかかってきた9028 ゼロ。ソフト評価60%台で業績もなかなか良さそうだったから、11日に200株だけ打診買いしたら、翌日が決算発表だったらしくて、それをきっかけにストップ高してしまう。

 4,5万は儲かったけどもったいなさ過ぎる。おまけに狼狽のあまり直後にデイトレみたいなことをして、その利益すら無くしてしまう。いくら打診でも買うなら決算発表日ぐらいちゃんと意識するべきだった。反省。

 でもスクリーニングに引っかかるまで見たことも聞いたこともなかったので、ちゃんとこういうことが起きる銘柄を見つけられるということがわかっただけ良しとするしかないか。

ベルシステム24ホールディングス辞退

 俺が辞退することで、俺の代わりにだれか一人、買いたかった6183 ベルシステム24ホールディングスが買える。俺はそういうことに幸せを感じるんだ。(AA略)

インベスターズクラウド当選

 ……とか言っていたら1435 インベスターズクラウドが当選。初めてまともに上がりそうな銘柄が当選した。上場日は12/3。辞退以外で幸せを感じることができるか!?

優待アービトラージ

 優待期待で上げてきた某銘柄をちびちび売って、権利落ちで下がったところを買い直す。優待が100株1000円分なのに、100株ごとに1万円近い値幅が取れた。それでいいのか。

2015年10月成績+3.1%(年初来+6.5%)

2015_1031_pf

2015年10月成績と総評

総資産 前月比 年初来
76,837,757円 +3.1% +6.5%

 なんもしてないはずなのだが……。

10月ハイライト

アマゾン無双

 日本株全体の回復で底上げされてきたが、単一銘柄で一番大きな寄与はAMZN アマゾンドットコム。自分がAmazonヘビーユーザであり、IT業界に関わっているのでAmazon Web Servicesの強さもよく知っている。ジェフ・ベゾスの目の黒いうちは永久保有のつもりで。

ミクシィ新作期待

 岡本吉起氏新作期待だけでちょっとは行くだろうと思って、少し前から2121 ミクシィを買っている。まだホールド中。いつかのような大きな額ではないが。

ジャストシステム続伸

 4686 ジャストシステムも地味に900台後半まで来た。ちょっと前に少しポジションを落としてしまったのは失敗だったか。ベネッセは相変わらず迷走しているみたいだし、中長期では結構いけるのではないか。

グリーンペプタイド辞退

 俺が辞退することで、俺の代わりにだれか一人、買いたかったグリーンペプタイドが買える。俺はそういうことに幸せを感じるんだ。(AA略)

 ……というのは冗談としても、久々に当選した4594 グリーンペプタイドは辞退で正解。やはりIPO応募は思ったようには儲かりそうにないなあ。IPOはセカンダリを勉強しようか。

AppBank参加せず後悔

 しかし、6177 AppBankは事業の透明性や継続性に疑問が多かったので、セカンダリに参加せず。ぽかーんと口を開けて見ていただけ。

 しかし、これは判断ミスだったと思う。モンストストーカーの過程でマックスむらいの話題性は十分知っていたのだから、たとえ「より馬鹿ゲーム」だと思っていたとしても、勉強と思って参加だけはしておくべきだった。

 オープンマインドでいれば、天井まで引っ張るのは無理だったにしても、わずかなりとも利益は取れていたのではないかと思われる。ちょっと気を抜きすぎだったと思う。

2015年5月成績-2.3%(年初来-0.2%)

20150531pf

2015年5月成績と総評

総資産 前月比 年初来
71,940,839円 -2.3% -0.2%

 あっさりマイ転。

5月ハイライト

勝負銘柄値下がり

 ドローダウンはほぼ全て勝負銘柄の値下がりによるもの、先月、

板が薄いということは含み益も絵に描いた餅になる可能性が高いから注意せねば。

 とか書いていたが、よく考えたら、出来高が少ないというのは注意してどうにかなるものではないな。

 今回はまだ買いたいと思っている段階だったから、喜んで拾わせてもらって、現時点での目標ポジションまで到達した。

 ただ、出来高の少ない銘柄でこのような大きめのポジションを取るのは初めてなので、本当にそれが適切なのかはちょっと自信が無い。それを加味して決めたポジションサイズのはずではあるけれど。

ヨシックスの優待新設を逃す(?)

 3221 ヨシックスが優待新設を発表。それを狙って持ってたはずなのに先月売ってしまった。先月最後まで残すか迷って結局残さなかった。久々のTGH案件! ……と思ったら翌日なぜか値下がりして結果的に正解になった。

 あまりにもわかりきってたので、みんなが狙いすぎて過剰織り込みになっていて、優待実需が出尽くし売りに負けちゃったということなのだろうとしか思えないが、意外だった。

 自分が結果的に食らわなかったのは主に幸運だが「単なるパクリ投資なのに、これで+15%とか+20%とか取れて大満足で終われるなら、あまりにイージーすぎるというか虫が良すぎるよなあ」という思考はあったので、全く運だけでもないかも。

ゲーム株決算

 2121 ミクシィ、業績がいいことはわかりきっているので材料にはならないものの、決算前に5000以下というのは、十分織り込んでないだろうと思って、記念的にちょっとだけ持ち越し、翌日売りで小遣い程度儲かる。

 7844 マーベラスは、ディズニー牧場のてこ入れが始まる前に、自分が完全に飽きてしまったので、諦めて切り捨て。これもお小遣い程度の儲け。

事実上勝負銘柄のみのポジション

 CPも家の価値を抜いた金融資産比でも50%以上と高め。当然ベンチマークにも置いて行かれてるが、どうしても「よっしゃ買うぞー」という気にはなれず。

 勉強はコンスタントに続いているものの、本業・子育て・日常生活のカイゼン・投資以外のプライベートプロジェクト等に、精神的・時間的比重が移っている。これは吉と出るか凶と出るか。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: