トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

配当

4235 UfHD 平成29年12月期 決算短信

 ビジネス自体は順調そのもので、18円から24円への増配が本当の見通しを示していると思うのだが、表面上の見た目がすこぶる悪い。

 今期の見た目の数字が悪いというのは元からで、織り込み済みだったと思うが、予想外なのはIFRSの扱い。

 IFRSだと米国Uf買収によるのれん償却が発生しないので、IFRSになる今回の決算のタイミングで、実体に見た目が追いついて良くなってくるだろう、と思って短期分も追加していたのだが、

Uf社の資産・負債を公正価値にて連結財務諸表に取り込む(PPA:Purchase Price Allocation)に際して顧客関連資産(Customer Relationship)など償却対象となる資産が計上され償却費が増加したこと、

 ということによりその思惑は外れた。

 償却によってわざと利益を出さないようにする、というと、反射的に、法人税を発生させないためにわざとそうしているのかと思ったが、どうも違うらしい。

 税金が関係ないとなるとどういう意図か、わざとなのか仕方なくなのかもわからないな。この機会にIFRSをもうちょっと勉強しておくべきだろうか。


 来期の予想も、売上は四季報と同レベルだが、利益はファンダからはあり得ないレベルで低い。償却やっぱりありの分を考慮しても。なんでこんな増配とも矛盾するようなウルトラ保守的予想をしなければならないのか。……と思ったがこんな指摘が。



 まさかの東芝のせい!? 監査法人まで考えが及んでなかったが、ありそうな話。

 個人的にはどうするかだが、IFRSによる見た目変化に賭けていた短期分は、素直に負けを認めて切るしかないか。

 そういう自分自身の分も含めて、ファンダ見てない短期資金は剥落するだろうから、いったんは下がるだろう。昨日のPTSではストップ安水準。日単位マイナスの過去最高記録更新するかも。

 ビジネスは順調なので長期分のポジはそのまま。取得費用1000台前半なので、いくらなんでもそこまでは下がるまい。

ジェラルド・M・ローブ『投資を生き抜くための戦い』52 現金配当は若い会社の成長力を削ぐかもしれない

52 現金配当は若い会社の成長力を削ぐかもしれない

 無配当の銘柄を買うならば、その会社は、経営陣があなたのお金をあなた以上に上手く運用できる業種に属していて、それが可能な会社かどうか、そして、そもそも経営陣にそれだけの能力があるかをしっかり検討する必要がある。

 このあたりの詳細はバフェット本等に譲るべきかも。

 とりあえず、長期投資ならば経営者にお金を預けているのだという自覚を持って、たとえば数百万円分の株を買うなら、リアルで他人で数百万貸す場合と同じぐらい慎重に検討すべきということ。

証券口座を株式数比例配分方式に変更しました

 このままではNISAによる配当の非課税が効かないという連絡が届き、SBI証券の口座を「株式数比例配分方式」とやらに変更しました。ちなみに今までは「登録配当金受領口座方式」でした。

 配当の受け取り方式は、正直ほとんど意識していませんでした。今のところ配当はそのまま再投資に回せる環境にあるので、NISAに関係なくそうしておくべきだったかもしれません。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: