トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

行動経済

ジェラルド・M・ローブ『投資を生き抜くための戦い』22 損をして得をとる

22 損をして得をとる

 損失を受け入れることは、資金の安全を確保するうえで最も重要な方策である。これはまた、投資家が知らん顔を決めこみ、実行したがらない行動である。
(中略)私が学んだほかの何にも増して重要なことは、損失を早く受け入れることこそ、成功への最初のカギだということだ。

 「損切りが難しいなどと言っているうちはシロウトです」という趣旨の台詞は、いい本では必ずと言っていいほど出てきますね。

 ある程度の元本割れに対して常に心の準備をしておかなくてはならず、それが現実になったときは利益から差し引いて、アカウントが実際に何を達成したのか正確に把握しなければならない
(中略)
 いったん下がったものは必ず上がると思うのは、大きな間違いだ。

 評価損を「実現損じゃないから大丈夫」と思って塩漬けにしてしまうのは、典型的なダメパターンです。私も経験済みです。

 人は杓子定規なルールなどではなく、自分の頭を使い、論理と理性でことにあたるベきだ。(中略)
 まず最初に、現実に損失が問われるすべてのケースで、投資額が10%減ったらまず十分に注意しろ、と言いたい。通常は、そこで損切りするベきだ。
 同じ株を、あとで買い直すことになるかもしれない。しかしいったん売却してしまえば、先入観を排除したまったく異なる心理状態でいられることに気づくはずだ。ひょっとするとあなたはそれを買い戻さず、別の株を買ったほうがいいと思うかもしれない。ポイントは、いかなる感情も介入させず、完全に冷静になって投資を見つめられるかどうかだ。ポジションから先入観を受けないほうが考えに集中できるので、10回のうち9回は、下がった株は売ってしまったほうがよい。

 私自身は投機的ポジションの機械的損切りの基準は-8%としていますが、-8%か-10%かの差は特に重要ではありません。自分の経験上は、一度機械的に損切りできるようになると、基準の上でも(条件によっては)下でも切れるようになります。

 買った株が元値の25、33あるいは50%まで減ってしまったとしよう。(中略)私としては、一部を売却することにするだろう。それがポジションの1/4になるか、1/3か、1/2までに至るか、それは分からない。だがとにかく一部を処分して、次に市場が買い気配になったときに、売った分を買い戻すかどうか検討すればよい。たぶんあなたは、買わないだろう。

 -10%で損切りできなかった場合の話。とにかく一部を売れとのこと。これはどちらかというと心理的なテクニックに属することかもしれません。全部一気に損切りできない人も、たとえ1/4でも売ってしまうと、一度やってしまったことですから、次も売りやすくなります。

 そして、損切りしたとき(手数料分だけの損を承知の上で)売った分をすぐ買い戻したくならないとしたら、今までポジションを持っていたのは、冷静な判断によるものではなくて、行動経済学でいう現状維持バイアスと保有効果に捕らわれていただけだということです。

 では、値上がりして大きな含み益を持った株はどうだろう? この章は、天井を見極めることではなく、「損」を取ることで利益が目減りしすぎるのを防ぐことがテーマである。私は損失のときと同じシステムを勧める。
 もし株価が相場の最高値から10%下がったら、部分的に処分することを考えたほうがいい。

 ここで言っているのは、自分の買値を市場が気にすることはないので、利の乗ったポジションだからといって損切りと違う基準を用いるのは合理的でない、ということでしょう。

 これに関しては、需給のみに基づく純粋な投機ポジションなのであれば、この基準をそのまま適用するのがよいと思います。

 ファンダメンタルズに基づく見通しがあるのであれば、利を伸ばしていくためには、文字通り実行しない方がいい場合も多いと思われます。不合理な心理会計であるからこそ、いわゆる「握力」を強めるのに利用できる、という側面もあるからです。

 自分の損失を監視して損切りできる人や、収益を把握して減少しそうなときには一部を処分できる人は、長い目で見ると一番成功する。

 初歩であると同時に奥が深い損切りテーマでした。

ジェラルド・M・ローブ『投資を生き抜くための戦い』4 未熟者が陥りやすい罠

4 未熟者が陥りやすい罠

 まず最初に、主力上場銘柄の取引を通じて、有価証券を巧みに扱う基本原理を体験として学ばなければならない。ことに、大多数の人の判断に影響を及ぼし、しかも高くつく、私情や損失への恐怖、さらなる儲けへの欲望、その他の心理状態をコントロールする力を身につけることが大切だ。

 行動経済学なんて言葉はない頃だと思いますが、人間が実際にやっていることは、当然ながら同じだったようです。

 ウォール街を目指す一般の投機家がまず最初に理解すべきことは、流動性の高い上場銘柄の売買に限定するのが正攻法だということだ。ひとつには、売買にかかるコストが小さい。

 これは『1 知識、経験、そして直観』でもあった話。

 流動性のある上場銘柄の大きなメリットは、株価を毎日確認できることである。異常な株価下落ほど、トラブルを早く察知できる指標はない。それでなくとも、多くの店頭銘柄や、不活発な上場銘柄のトラブルは手遅れになるまで見つからないものだ。(中略)何かがおかしいと気づくような販売記録や出来高などは手に入らない。

 株価の下落それ自体がトラブルを教えてくれる、という観点は、当たり前のようでなかなか興味深いと思います。投資(投機?)以外の場面では、それに似た話すらあまりないと思います。

 現代のあらゆる事業において、専門に特化することの価値は明らかだ。資本の運用についても、それと同じことが当てはまる。ひとつの対象を選び、それに精通した者は、不動産、外国為替、商品、無名の未上場株式、外国債券その他に、中途半端に手を出す者よりもはるかに有利である。

 私は株式(とせいぜいその先物・オプション)を専門とし、他には手を広げない予定ですが、株の中だけでも、高利回り投資の人・成長株投資の人・ゲームセクターが得意な人・IPO株が得意な人・分売をウォッチしてる人・昇格株を狙ってる人・優待紹介をやってる人、様々ですね。

ウォルター・ミシェル『マシュマロ・テスト 成功する子、しない子』★★★★★

 なんかもう日常語レベルになっていて、知ってるつもりになっているマシュマロテストだが、改めて読んでみると面白い。

 教育の話としても、自制能力全般の話としても、投資の話としても(?)非常に有用。おすすめ。

美人投票+自信過剰=衆愚

 このエントリで一度書いたことですが、とてつもなく重要なことだと思うので、もう一度リライトして強調します。市場に関するほとんどあらゆる出来事に関わってくるほど重要なことです。

自信過剰バイアス

 まず前提として、精神的に健康で普通の人間は、常に自信過剰バイアスのかかった状態にあるとされています。つまり、ほとんど誰もが、自分は平均よりも優秀だと思っています。言い換えれば、誰もが周囲の人間は自分より馬鹿だと思っています。

 いわゆる鬱とは、この自信過剰バイアスが失われた状態なのではないか、とさえ考えられています。

 元々、何かがうまくいっていない時は自信過剰バイアスを外して冷静に考え直した方が適応的であるため、そのために用意された仕組みがあり、それが過剰に働いてしまっているのが、いわゆる鬱状態なのでしょう。

美人投票

 一方で、市場には元々ケインズの美人投票の要素があります。一般に、自分が良いと思うものではなく、周りの皆が良いと思うものを買わなければなりません。

 周りの皆の考えをそのまま知ることはできないので、実際には「周りの皆が良いと思うだろうと自分が思うもの」を買うことになります。

 当然、自分だけでなく周りの皆も同じことを考えています。そして自分は周りの皆にとっての周りの皆でもあるので、出力が入力に繋がって、正のフィードバックループが発生します。

 一般に、正のフィードバックは、他の要因によって制限されるまで止まらず、どこまでも行きます。

美人投票+自信過剰バイアス

 この2つが合わさると何が起きるでしょうか?

 ほとんど誰もが、周囲の人間は自分より馬鹿だと思っていて、かつ「周りの皆が良いと思うだろう」と自分が思うものを買い、その過程が正のフィードバックにかかると、どうなるでしょう? もうおわかりですね。

 ほとんど誰もが「考えうる限り一番の馬鹿が買うようなもの」を買うことになります。

 誰もが平均以上ということはありえず(参考: Lake Wobegon effect)皆が自分より馬鹿というのは事実ではありえませんが、美人投票の過程によって、それが結果的に事実になってしまうのです。

 普通の詐欺は被害者自身を騙せなければ成功しません。たまたま本当に馬鹿な被害者を騙すことに成功したとしても、捜査機関など一般に馬鹿ではない人まで騙し通すことができなければ、その利益を確定させることは困難です。

 しかし、証券市場における詐欺的行為は、普通の人が考える(想像上の)自分より馬鹿な人々を騙すことさえできればよいのです。

  • 自分は当然こんな与太には騙されないが、世間には騙される奴が沢山いるだろう。

 と思わせることができるレベルでさえあればよいのです。このハードルは当然、本人を騙すよりかなり低くなります。

 誰が見ても詐欺師同然の煽り屋が次々とイナゴタワーを形成できるのも、どう見てもいい加減なIPOがものすごいスッ高値で上場ゴールを決められるのも、本質的にはこの要素が関わっていると考えられます。

田渕直也『図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて』★★★★

 これまたyäsü(@yasuFX)氏のブログより。個人的には改めて得るものはなかったが、初心者から中級者向けの非常な良書という印象。「図解でわかる」と言うだけあって図が豊富。

梶井厚志『戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する』★★★

 yäsü(@yasuFX)氏のブログより。新書としてすごくバランスがよいと思う。Amazonで目次をざっと見て、内容が全部予測がついてしまう人以外は、読んでみて損はないはず。

デビッド・アロンソン『テクニカル分析の迷信――行動ファイナンスと統計学を活用した科学的アプローチ』★★★★★

 yäsü(@yasuFX)氏のブログで知ってkindleunlimitedでタダ読み。

 すごくよい本だと思う。特に最初の3章が「投資のための科学(的方法論)入門」として完璧に近い。

 それ以降の統計やテクニカル分析そのものは、システムトレードでもしようというのでなければ、個人で使う機会はまずないだろう。私もたぶん一生使わない。でも、最初の3章しか読まないとしても十分な価値あり。

 自分のバックグラウンドが自然科学系でよかったと思うのは、まさにこの本で注意されているような罠を、すべて丸ごとパスできているということだ。仮に試行錯誤の経験だけで突破しようとしたら何十年、あるいは一生を棒に振りかねない罠だ。

『「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY』★★

「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY

 エリザベス・ダン著、マイケル・ノートン著。個別には知ってる話ばかりだったが、まとめとしてはいいのでは。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: