トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

美人投票

美人投票+自信過剰=衆愚

 このエントリで一度書いたことですが、とてつもなく重要なことだと思うので、もう一度リライトして強調します。市場に関するほとんどあらゆる出来事に関わってくるほど重要なことです。

自信過剰バイアス

 まず前提として、精神的に健康で普通の人間は、常に自信過剰バイアスのかかった状態にあるとされています。つまり、ほとんど誰もが、自分は平均よりも優秀だと思っています。言い換えれば、誰もが周囲の人間は自分より馬鹿だと思っています。

 いわゆる鬱とは、この自信過剰バイアスが失われた状態なのではないか、とさえ考えられています。

 元々、何かがうまくいっていない時は自信過剰バイアスを外して冷静に考え直した方が適応的であるため、そのために用意された仕組みがあり、それが過剰に働いてしまっているのが、いわゆる鬱状態なのでしょう。

美人投票

 一方で、市場には元々ケインズの美人投票の要素があります。一般に、自分が良いと思うものではなく、周りの皆が良いと思うものを買わなければなりません。

 周りの皆の考えをそのまま知ることはできないので、実際には「周りの皆が良いと思うだろうと自分が思うもの」を買うことになります。

 当然、自分だけでなく周りの皆も同じことを考えています。そして自分は周りの皆にとっての周りの皆でもあるので、出力が入力に繋がって、正のフィードバックループが発生します。

 一般に、正のフィードバックは、他の要因によって制限されるまで止まらず、どこまでも行きます。

美人投票+自信過剰バイアス

 この2つが合わさると何が起きるでしょうか?

 ほとんど誰もが、周囲の人間は自分より馬鹿だと思っていて、かつ「周りの皆が良いと思うだろう」と自分が思うものを買い、その過程が正のフィードバックにかかると、どうなるでしょう? もうおわかりですね。

 ほとんど誰もが「考えうる限り一番の馬鹿が買うようなもの」を買うことになります。

 誰もが平均以上ということはありえず(参考: Lake Wobegon effect)皆が自分より馬鹿というのは事実ではありえませんが、美人投票の過程によって、それが結果的に事実になってしまうのです。

 普通の詐欺は被害者自身を騙せなければ成功しません。たまたま本当に馬鹿な被害者を騙すことに成功したとしても、捜査機関など一般に馬鹿ではない人まで騙し通すことができなければ、その利益を確定させることは困難です。

 しかし、証券市場における詐欺的行為は、普通の人が考える(想像上の)自分より馬鹿な人々を騙すことさえできればよいのです。

  • 自分は当然こんな与太には騙されないが、世間には騙される奴が沢山いるだろう。

 と思わせることができるレベルでさえあればよいのです。このハードルは当然、本人を騙すよりかなり低くなります。

 誰が見ても詐欺師同然の煽り屋が次々とイナゴタワーを形成できるのも、どう見てもいい加減なIPOがものすごいスッ高値で上場ゴールを決められるのも、本質的にはこの要素が関わっていると考えられます。

那須正彦『実務家ケインズ―ケインズ経済学形成の背景』★★★★

実務家ケインズ―ケインズ経済学形成の背景 (中公新書)

 『伝説の名投資家12人に学ぶ儲けの鉄則』の参考文献で知ったもの。かなり面白かった。

 P44で「第1表 ケインズの収入・資産推移」とかいって、モロに収入と資産晒されてるのが、なんかワロタ。有名人は大変だな。

 孫引きでちょっと行儀は良くないが、印象に残ったところ3箇所メモしておく。

成功する投資のための三原則

  1. ごく少数の投資を慎重に選択すること。この場合、現在の価格水準を、過去数年にわたる実際のあるいは潜在的な価格推移との関連、並びに現時点での他の代替的な投資対象との関連で、充分考慮すること。
  2. 選ばれた少数の銘柄を、かなりまとまった金額単位で、価格の消長にかかわらず、成否の結果が明らかになるまで――たぶん数年間にわたるであろう――しっかりと持ち続けること。
  3. バランスの取れた投資ポジションを持つこと。できれば、反対方向に動くようなリスクでカバーすること。(たとえば、金鉱株を他業種の株の中に入れておけば、一般的な相場変動の場合、両者は反対方向に動く傾向があるといった具合に。)

 さらに付け加えて「もう一つ重要なルールは、二流銘柄を――それらは[長期的には]値上がりし得ず、その内いくつかは間違いなく下がるので――避けるということである。それ[二流銘柄の取得]が、平均的投資家が失敗する主たる原因なのである。」とし、さらに敷衍している。

(P92-93)

 この字数でものすごく濃密な内容。

「美人投票」の比喩と「カジノ」資本主義論

……玄人筋の行う投資は、投票者が一〇〇〇枚の写真の中から最も容貌の美しい六人を選び、その選択が投票全体の平均的な好みに最も近かった者に商品が与えられるという新聞投票に見立てることができよう。この場合、各投票者は、彼自身が最も美しいと思う容貌を選ぶのではなく、他の投票者の好みに最もよく合う容貌を選択しなければならず、しかも投票者の全てが、問題を同じ観点から眺めているのである。ここで問題なのは、自分の最善の判断に照らして真に最も美しい容貌を選ぶことでもなければ、いわんや平均的な意見が最も美しいと本当に考える容貌を選ぶことでもないのである。我々が、平均的な意見は何が平均的な意見になると期待しているかを予測することに知恵を絞る場合、我々は三次元の領域に到達している。さらに四次元、五次元、それ以上の高次元を実践する人もあると私は信じている。

(P175-176)

 有名な美人投票のくだり。

……その上、人生はあまり長いものではない。――人間本性は性急な結果を欲している。手っ取り早い金儲けには、特別な楽しみがあり、遠い将来の利得は、普通の人はこれを高く割り引くものである。玄人筋の投資の遊戯は、賭博的本能を全く欠いている人にとっては、耐え難いほど退屈できついものであるが、他方、そのような本能を持っている人は、この性向に対して相応の料金を払わなければならない。

(P176-177)

 これはよく言われてることだけども。

うぬぼれ+美人投票=衆愚

 精神的に健全で標準的な人間は、やや自信過剰バイアスのかかった状態にあるとされています。

 つまり自分は平均よりも優秀だと、言い換えれば、周りには常に自分より馬鹿なやつが多いと考えています。

 そして、市場にはケインズの美人投票の要素があり、自分ではなく他の大多数がどうするかに基づいて結果が決まります。

 このふたつが合わさると、実際には市場に馬鹿がひとりもいなくても、全員が馬鹿のように行動することがありえます。

先が見えすぎて有害な場合がある

雇用、利子、お金の一般理論 (講談社学術文庫)

 ミクシィ投資から得た教訓その2です。これも初めて認識したというわけではないですが、実感したのは初めてです。

 現在ミクシィ株は、去年12月の高値約9000(分割前)の約2倍の値がついています。去年の最高値で買った人は、半年先の未来を見抜くという意味では、実に正しい投資行動を取ったことになります。

 しかし実際には、この値段を回復したのは今年5月になってからのことで、それまでには、何度も4000台(分割前)まで売り込まれました。私自身、損切りに次ぐ損切りで、NISA枠の100株を除いてノーポジになった場面が、1月頃にありました。

 又聞きの又聞きぐらいでしか知りませんが、去年の高値を買ってその先の下げで退場した人も実際にいるはずです。そのような人は、結果的にモンストの可能性など正しく理解できない方が良かったことになります。

 市場のコンセンサスが間違っている時に正しい少数意見につくことができれば、いわゆる逆張り投資の成功となり、普通は儲かります。しかし、それが極端になりすぎて、周囲がみんな間違っている時にひとりだけ正しいと殺されてしまうわけです。いわゆる魔女狩りの論理と同じです。

 これは市場の持つ性質のうち、最も理不尽に感じられるもののひとつだと思いますが、市場にケインズの美人投票の要素がある限り、どうしようもないことでしょう。抜本的な対策は思いつきません。

 ただ、相手のあることだから自分だけが正しくてもだめ、とやや広く捉えれば、投資のみならず人間関係の基本とも言えます。このことを常に認識して、どんなに自信があっても、自分の予想よりはやや謙虚に行くことを心がけるしかないと思われます。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: