トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

経営

井東昌樹『小さな会社の幹部社員の教科書』★★★

 6200 インソースの取締役営業本部長。

 体育会系で営業と、自分と分野が違い過ぎて評価は難しいものの、ポジト抜きでも結構良い内容に思える。PDCAシートのところなどが特に。

 インソースの話はちょっとだけ出てくるが、主要ではない。

ローレンス・A・カニンガム『バフェットからの手紙』★★★

 数字が結構出てくるのであまりオーディオブック向きではなかったかも。

 同時に、どちらかというと地味な話が多いので、何度もぼーっと流し聞きながら基本理念を定着させた方がいいという意味で、オーディオブック向きかも。

 どっちの効果が勝るか自分でもよくわからない。もちろん元の内容がいいので、どちらにしても悪くはない。

ローレンス・A・カニンガム『バフェットからの手紙 [第3版] ──世界一の投資家が見たこれから伸びる会社、滅びる会社』★★★★

 過去書評。初めて読んだときはこの版ではなかったと思う。手っ取り早く投資の役に立つ、というわけには行かないが、一度は読んでおくといいと思う。

森岡毅『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』★★★★★

 『確率思考の戦略論』の中で出てきたので読んだ。

 宣伝の一環として、最初からベストセラーにしようと狙って書いたとか。確かに抜群に面白い。

 実は今まで一度もUSJに行ったことがないのだが、一度行きたくなってきた。

『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』★★★★

 森岡毅著、今西聖貴著。USJのV時回復の立役者なんだとか。統計学やマーケティングの詳細を投資に生かす機会はなさそうだが、経営系の本で久々に面白かった。

加藤崇『無敵の仕事術 君の人生をドラマチックに変える!』★

 結構すごそうな話のはずなのに、なんか本としてはいまいち印象に残らず。

『ザ・ゴール コミック版』★★★

ザ・ゴール コミック版

 エリヤフ・ゴールドラット/ジェフ・コックス著。あまりにも世間の評価と自分の印象に差があるので、なんか自分が読めてないのかと思ってコミック版も手に取ってみた。

 結果的に印象は変わらなかったが、凝縮具合および作画においてコミックの出来が非常によい。原作は結構まだるっこしいので、初めての人もこちらだけ読んでもいいぐらいでは。

エリヤフ・ゴールドラット『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』★★

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

 タイトルとデザインは以前見たおぼえがある。TLで見かけて読んでみたけど、あまり感銘は受けず。原著は1984年の本らしいが、ボトルネックの概念って当時は新鮮だったの?

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: