トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

歴史

カビール・セガール『貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで』★★★★

 啓蒙書。個人的には既知の話ばかりだったが、幅・密度ともにかなり水準が高くてよい。おすすめ。

岩瀬昇『原油暴落の謎を解く』★★★

 知らない分野の話なので興味深くはあったが、面白かったかというと微妙。悪い内容ではないと思う。タイトルはやや大げさ。

喜多村政一『三猿金泉秘録-和歌で相場道を極める-』★★

 確かに時の試練に耐えた格言とは言えるだろうけど、すでに一通りちゃんと勉強している人に改めて推奨する感じではないかも。

リチャード・スミッテン『世紀の相場師ジェシー・リバモア』★★★★★

世紀の相場師ジェシー・リバモア (海外シリーズ)

 過去書評。ジェシー・リバモアの伝記。投資の教師としても反面教師としても最高。

ジョン・トレイン『金融イソップ物語―“あと一歩"で儲け損なった男たちの話』★★★

金融イソップ物語―“あと一歩”で儲け損なった男たちの話

 原題"Famous Financial Fiascos"(名高い金融上の大失敗)。邦題(副題含め)のイメージはあまり内容に一致しない。1987年の本らしい。

 これも『賢者の投資、愚者の投資』で知った。『詐欺とペテンの大百科』とかぶる話も多いが、どれも有益。

森本哲郎『ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書』★

ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書 (PHP文庫)

 『賢者の投資、愚者の投資』で言及されてたから読んだ。

 明らかにカルタゴを日本、ローマをアメリカになぞらえる意図で書かれており「日本がアメリカの覇権を脅かしかねないような経済大国である」という前提を欠いた今では、あまり意味なし。

ジョン・ブルックス『アメリカ市場創世記──1920〜1938年大恐慌時代のウォール街』★

アメリカ市場創世記──1920〜1938年大恐慌時代のウォール街 (ウイザードブックシリーズVol.226)

 大恐慌そのものについて知りたかったのだが、周辺の人物・歴史に関しての比重が高く、いまひとつだった。

大岩川源太『投資カレンダー2016: 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム』

投資カレンダー2016: 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム (マルチメディア)

 去年・一昨年に続き今年も買った。

 これがあったからどうだというほどのことがあったわけではないのだけど、休場・SQ・月内最終日がいちいち調べないでもわかるのと、歴史の勉強になる利点は確かにある。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: