トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

期待

レームダックの概念は株にも応用できそうだ

 習近平の任期廃止や自民党総裁の3選可否に関連して思ったことだが、レームダックの概念は株価にも応用できるのではないか。

 「政治家の任期」は特殊であり、単に「ある一定の権力を振るい続ける期間」ではない。「今現在の権力」自体が、「あとどれぐらい権力を振るい続ける(と予想される)か?」、によって決まる部分があるからだ。

 もうすぐ権力を失うと決まっているならば、そんな奴の言うことに従う意味はなく、今現在の権力自体が失われる。レームダックという概念が意味しているのは大雑把に言えばそういうことだ。

 これは互いに将来を予測して行動する主体であればこそ生じる、あらかじめプログラムされた権限に従って動くだけのロボットであれば、こうはならない。

 株価にもそういう側面がある。「今現在の株価」は単にファンダから決まる一定の価値ではない。「あとどれぐらい上がる/下がる(と予想される)か?」によって決まる部分も大きい。

 もう上がる余地がないのが誰の目にも明らかなのであれば、誰も買わないので現在の株価自体が下がる。もう下がる余地がないのが誰の目にも明らかなのであれば、誰も売らないので現在の株価自体が上がる。

 まあ予想・期待が株価に織り込まれている、と言えば当たり前のことではあるが。

 ……そんなことを考えて調べていたら、レームダックは元々株(株価ではないが)に関係する用語だったらしい。意外。

ジェラルド・M・ローブ『投資を生き抜くための戦い』55 新商品に投資する

55 新商品に投資する

 他の投資と同様、新商品においても相場の動きと現実は一致しない。通常の株は、期待の高まりによって値を上げる。その上げ幅は行きすぎることが多く、往々にして現実の出来事よりもはるかに先んじて起こってしまう。ときには期待が高まった揚げ句、現実がついてこないこともある。新商品がヒットしなかったり、利益を出すに至らなかったりする場合だ。

 なんとなく今のゲーム銘柄を連想させる記述ですね、これ。

 トレーダーは、感情的で一時的な値動きから利益を上げることができる。しかし、投資家にはけっしてそれはできない。そのような状況を利用して上げられる利益というものもある。
 成功するためには、トレーダーであれば市場に長居しすぎないこと。投資家であれば、事実を深く掘り下げることだ。

 私も「感情的で一時的な値動き」から利益をあげられるようになりたいですが、それはやはりトレーダースタイルでないとダメなのか……。今の条件ではやっぱり厳しいのか?

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: