トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

教育

電子資産の相続について


 このツイートをきっかけに考えた話を適当に。

 うちには、長年にわたって電子化した書籍やらmp3化したCDやらの電子資産が沢山ある。子供は、家でかかっているBGMなどの形で、すでにその恩恵を受けているし、自分で本が読める年齢になれば、さらにその恩恵は大きくなるだろう。

 ITの進歩は教育機会の均等化に繋がる場面もあれば、生まれの差による格差をさらに広げる側面もあるのではないか。

 Kindleで買った書籍は相続できるのだろうか? Steamで買ったゲームは? ちゃんと調べてないが、おそらく今はNoだろう。個々のアカウントに紐付くものとなっているのだと思う。

 しかし、死んだ後もacc/passさえ教えてもらっていれば、実質的には相続できるのではないか?

 たぶん規約としては死んだら契約解除されることになっているのだろうと思うが。処理はどのぐらい厳密に行われているのだろう。というか、死んだら取り上げられる資産なんて他にはあまりないと思うが、それでいいのか?

 問題になった例はあるのか? ITを日常的に使いこなしている世代が寿命で死ぬようになってくると、これからもっと問題になるのだろうか?

 相続を考えなくても、家庭内で子供や家族に端末を貸して読ませるぐらいのことは、普通に行われているのではないかと思うが、これも厳密に言ったらダメなのではないか?

 端末がもっと進歩して、生体認証やAIで常にユーザを把握するようになれば、また状況は変わってくるだろうか? その場合、貧しくても勉強できる要素と、単純に金がある側が有利になる要素とのバランスは、どう変わるだろう?

ウォルター・ミシェル『マシュマロ・テスト 成功する子、しない子』★★★★★

 なんかもう日常語レベルになっていて、知ってるつもりになっているマシュマロテストだが、改めて読んでみると面白い。

 教育の話としても、自制能力全般の話としても、投資の話としても(?)非常に有用。おすすめ。

子供は負債?関係メモ

 投資家TLでちょっとバズった「子供は負債?」関連のメモ。いくつか順不同に。

 まず、この文章を思い出した。

 下の記事で書いたが、一般に自分自身や家族については負のキャッシュフローであるからといって負債と見なさないほうがよいと思う。

 養育費・教育費が大きな負担となっているのも、問題になるほど少子化しているのも確かだから、国レベルでは、子育てに対するインセンティブを是正すべきだと思う。

 個人レベルではポジト合戦にしかならないので何も言わない。人生観・価値観の話になる……というか、人生観・価値観そのものなので、誰もが納得する答えはないだろう。

 亀吉師匠かっこよすぎ。


 自分の場合、独身時は「普通」(「正常」ではなく)の下限ぐらいの倹約体質家計だったと思う。今は残念ながら、倹約的にはごく普通家庭だろう。浪費家とは言われずとも、家等まで含めると普通以下かもしれない。

 早いうちに結婚していたら、今の年齢で今の資産を持てている可能性が低いのは認めざるをえない。

菅下清廣『一生お金に困らない子どもを育てる45のルール』★★

一生お金に困らない子どもを育てる45のルール (PHPビジネス新書)

 変な内容でもないと思うが、特別印象に残らず。

『金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育』★★★

金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育


 ロバート・キヨサキ著、シャロン・レクター著。

 読む価値があるのは、初代と2冊目の『キャッシュフロー・クワドラント』までだと思っていたが、このツイートをきっかけに読んだ。重複するところも多いが、比較的いいと思う。

山崎元『学校では教えてくれないお金の授業』★★★★

学校では教えてくれないお金の授業

 現時点の私から見て特に役に立つ本ではありませんでしたが、タイトルに相応しい内容であるとともに、山崎元氏の初心者向け本の中でも最高クラスの出来であると思います。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: