トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

技術

戦争とニセ科学には逆相関があるかもしれない

 人間がいわゆる「科学的」思考が苦手だということは、繰り返し立証されている。進化環境で生き残るのに科学的思考はそんなに役に立たず、(科学的でない人間を相手の)政治の方が大事だったからであろう。

 にも関わらず、今日科学が重要視されるのは、科学技術が経済競争と戦争の勝敗に直結するものだったからだろう。

 すると、戦争や軍事的脅威の顕著な減少は、相対的に科学の軽視を招くのではないだろうか。経済における科学技術の重要性が全く減っていないので、その影響は決定的にはなっていないにしてもだ。

 かつてアメリカが理科教育に力を入れた背景には、宇宙開発(≒核ミサイル開発競争)でソ連に負けるのではないかという恐怖があった。

 常にアラブに負けたら国家消滅という恐怖があるイスラエルは、宗教勢力がとても強い関わらず、科学教育は非常に優秀な国だ。

 うろ覚えだが、オカルト的で有名だったナチスドイツもアトランティスとか電気人間とか信じてた極端なオカルトは弾圧したらしい。

(当たり前だが、別にナチスを評価しているわけじゃなく、極端な電波は現実世界で何をするにも邪魔で、ナチスといえども戦争には勝ちたかった、と言っているだけだ。)

 逆に言えば、戦争や国家間経済競争がないか厳しくない環境、石器時代同様非科学的な人間の投票や購買で結果が決まるような平和で民主的な時代には、非科学的でも構わないか、かえって有利にもなりかねない。

 これは昨今のフェイクニュース問題の根本にあるもののひとつではなかろうか。ここ20年ばかりの日米はかつてないほど、この状況に当てはまっていたように思われる。

 冷戦終結以降、中国やロシアがいくら何をどうこうしても、アメリカは経済・軍事的に圧倒的に強すぎた。過去形ではなく、現在ですらまだ十分にそうだ。

 なんらかの歴史のifで、現在中国が、かつてのソ連並みにアメリカとガチで世界を二分する力を持っていたらどうだったか。現在イスラム世界が巨大な統一政体で、ヨーロッパに侵攻することが可能な力を持っていたらどうだったか。

 アメリカやEUや日本で、これほどフェイクニュースやニセ科学的風潮が放置されえただろうか。たぶんされなかったのではないだろうか。

 敵国からの天然痘テロや炭疽菌ミサイルの可能性が、たとえ0.1%でも現実的にありうる状況であれば、EM菌信者やワクチン反対運動活動家は、おそらく投獄されるのではないだろうか。それがいいことかという議論は別として。

 EUやアメリカはロシアの脅威に気づいてフェイクニュースの取り締まりを強化してたりするし、日本も中国の軍事圧力の高まりに伴い、オカルト・非科学天国の状態は放置されなくなっていくのではないか。それが前より幸せかどうかはやはり別として。

今の暗号通貨は往時のファイル交換ソフトみたいなものであろう

 ちゃんとは見てないが暗号通貨が上がりまくっているらしく、マウントゴックス破綻の時に、家庭内で「今買えば儲かるだろうなあ」と言っていた憶えがある私としては、非常にメシマズである。

 しかし、メシマズを抜きにしても、現在の暗号通貨そのものには、いまだ懐疑的である。

 ブロックチェーンの技術自体は、公開鍵暗号そのものに匹敵するぐらい革命的な発明であり、長期的には「世界を変えた」と言いうるレベルのものになるだろうと思う。

 しかし、その時誰もが使うレベルで流通しているのは今のビットコインをはじめとする暗号通貨ではなく、ビットドルあるいはビット円・ビットユーロ・ビット人民元とでもいうべき別の何かであろう。

 ここで詳しく扱う余裕はないが、今現在の暗号通貨は、技術的にも政治・社会的にも、小手先では如何ともしがたい大きな制約を抱えているからだ。

 今日時点の暗号通貨は、いわば往時のファイル交換ソフトみたいなものだろうと思う。

 関わっている人は、大抵賢くていい人である。そして違法か違法ではないかと言えば違法ではない。でも実情というか本音は結構グレーである。

 p2p技術が当たり前になり世界を変えたからといって、当時のファイル交換ソフトやその文化が公のものになった訳ではない。

 確かに、マウントゴックス破綻の時に買っとけばよかったなあとは思う。金銭的には怠慢だったと思う。

 しかしそれは、ファイル交換ソフトが流行っていてDLが合法だった頃に沢山やっとけば得しただろうなあ、と思うのと同レベルの話であって、何らかのifで買っていたとしても、やはり技術的興味のレベルに留まり、ドーンと買って儲けることはできなかった気がする。

 なおこれは自分の予想と投資スタンスの話であって、やっている人に文句があるわけではない。グレーなところに突っ込んでリスク取る人は、世の中に必要だと思うし、それで儲かるなら優秀な投資家ということであるわけで、大いに儲けてほしいと思う。

クラウス・シュワブ『第四次産業革命--ダボス会議が予測する未来』★★

 ちょっと浅い。これまでこういうのにあまり興味がなかった人にはいいかも。

未来の工作機械

 最近の3DプリンタとかAIとかの発展を見ていると、そのうち「見ただけではなんでこんな製品が出来上がるのかまったくわからない工作機械」みたいなものが出来てくるのは間違いないと思う。

 現在「生産ライン」と呼ばれるものは、人間が中に入って整備できるとか、そのためにはそもそも地面に設置されていななければいけない等々の物理的条件以外にも、人の思考の制約によってライン(一次元)になっている部分があるだろう。

 その制約が外れると、未来の工作機械は、三次元にぎっちりつまったループゴールドバーグマシンのようなものになるのでは?

 人が見ても、どの部分が何のためのものか一見さっぱりわからないけど、動作するとなぜかきっちり原料から目的のモノが瞬時にできあがる、というような。

 ……とまあこんな空想をしてしまうぐらいにはFactorio脳である。0.15がstableになったら、フリープレイモードをもう一度やってみよう。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: