トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

情報

ジェラルド・M・ローブ『投資を生き抜くための戦い』78 あなたの投資から最大限の果実を得るために

78 あなたの投資から最大限の果実を得るために

 いよいよ最後の章です。

 この本を読んで、ほとんどの読者は自分の力でかなり良いところまで行けそうだと感じるはずだ。どういうやり方で何をするかは、年齢、資金、目標、能力、人脈、職業といったさまざまな個人的な要因によって大きく違ってくるはずだ。
 重要なことは、読者がフルタイムの仕事を持っていたら、相場の動きに一日中注意を注ぐことを求められる専門家向けの短期取引をやろうとするベきではない。この本から採用するアイデアが、自分の気質に合ったものであることは、絶対条件なのである。

 散々「長期より短期」と言ってきてそれは……と思う人もいるかもしれませんが、あくまでこの本では「短期」≒「投機」≒「何も考えずにいることの反対」です。長期投資家であっても役に立つと思います。

 株式ブローカーとして、投資家として40年間過ごしてきた経験上、私はあらゆるタイプの人間、あらゆるタイプのアカウントの動きを見てきた。儲けた人もいればお金を失った人もいた。ごくわずかだが、相場で常に儲けを出す人たちもいた。素晴らしい財産が築き上げられるのを目の当たりにしたこともある。損をした人もたくさん見てきたが、幸運なことに1929年から1932年にかけて起こった、あの壊滅的な惨劇のようなことには遭遇しなかった。

 前も出ましたが、この惨劇というのは大恐慌のこと。

 世界金融危機の記憶がまだ鮮明な今ですが、我々のキャリアの終わりになって「幸運なことにサブプライムショックのようなことには遭遇しなかった」と述懐することもありうるわけです。楽観しすぎも悲観しすぎもせず中道を行きたいところです。

 可能であれば、リスクを冒すのは若いうちのほうがよい。若いときは自分の力を試し、評価する時期だ。それはすなわち、将来性のある職業を選ぶことでもある。住居は購入するのではなく、賃貸にして慎ましく生活すること。すべての努力は元本の形成というただひとつの目的に向けてなされるベきだ。

 種銭作りの話は以下も再読のこと。

 この本の題名は『投資を生き抜くための戦い』だ。なぜなら元本を守り、増やすことは紛れもない。「戦い」だからだ。経験に加えて、生まれつきの才能や人脈などを育てるには不断の努力と注意力、そして成功への強い欲求を必要とする。

 種銭がなく、当然投資でまともに儲けたこともない一番最初にモチベーションをどこから持ってくるのかというのは、この本でも他の本でも未解決の、重要な問題である気がします。

 多くの累積投資プランの成否は、その業界のなかで適切な相談相手を選べるかどうかにかかっている。

 情報源についての章を再度ポイント。

 1日1時間を割くか割かないかによって、実際に損を出すか大儲けするか、大きな分かれ道となるのだ。この本を活用できるのは、それができるタイプの投資家たちなのである。

 時間をかけることに関する話で思い出すのはこのあたり。

 この本を読まれた読者は一人残らず、お金をただ保管しておくことの危険性と、なぜこの本が『投資を生き抜くための戦い』と題されているかということについては理解を深められたと思う。「備えあれば憂いなし」という言葉もある。投資の真の目的と、その達成がいかに困難であるかを知れば、戦いには半ば勝利したも同然である。それを知っていること自体にも大きな価値があると言えるだろう。

 ラストの一文。

 様々な記事やコラムから集められた部分があるため重複が多かったり、古すぎて補正が必要だったり、翻訳がわかりにくかったりと、引っかかる部分もいろいろある本でしたが、こうして整理してみて、改めて素晴らしい本だと思いました。オールタイムベスト級です。

ノイズを一万時間見続けてもノイズに詳しくはなれない


 「彼」が誰のことかは「おそらく」ぐらいまでしかわからないが、今回は、特定の誰かとは関係なく、このツイートから連想した一般論として。

 最近よく「一万時間の法則」とか言われる。俗に「天才」と呼ばれるような才能は必ずしも天賦の才ではなく、時間をかけた反復練習によって、ほぼ何でもほぼ誰でも身につけられるのだ、というようなことが言われる。

 おそらく大枠において、この概念は事実として間違っていないし、努力目標としても有益だと思われるが、ひとつ重要な前提が抜けている。間違っているというのではなく、日常的には当たり前過ぎて、わざわざ意識されないという意味で。

 そもそも「やることに意味がある」という前提だ。

 ノイズを一万時間見続けても「ノイズに詳しく」はなれない。詳しくなるべき情報は含まれないからだ。それがノイズの定義だ。

 実際にホワイトノイズを一万時間見続ける人はおるまいが、ノイズ(同然の情報)と(情報理論でいうところの)情報を見分ける能力がないと、それ同然のことをしてしまうことはありうる。

 たとえば、ある種のテクニカルの「手法」の探求は、それに近いのではないか、と私は疑っている。全く何の意味も持たないというよりは、他人やAIを含めた市場平均を上回って、かけた労力をペイすることができない、という意味で。

 しかし、情報とノイズ、意味のある勉強と無意味な勉強を見分ける力は、どうやって身につければいいのか? 鶏が先か卵が先か的で、簡単な答えはないが重要な問題である気がする。

ジェラルド・M・ローブ『投資を生き抜くための戦い』21 良い投資家、または投資アドバイザーの条件

21 良い投資家、または投資アドバイザーの条件

 よく練られた投機には、徹底した監視を行う必要があるのだが、人々にはそれをする気がないか、できないかのどちらかだ。
 (中略)自分で能力を身につけるか、公正で有能なエキスパートの指導を仰ぐしかない。
 エキスパートの援助は友人から得られるかもしれないし、プロを雇うことになるかもしれない。だが、金を払えば誰でも受けられるというおおざっばなレベルでは、けっしてないだろう。

 前も同様の話はありましたが、現代の、とりわけ個人投資家にとって、情報源(単に耳より情報という意味ではなくもっと広義の)は、重要かつ喫緊の問題です。

 質が低いか悪意があるかその両方である情報があふれており、最初に変なのを選んでしまうと、投資家として、最悪の場合人間としても、一生を棒に振りかねないからです。

 大きな成功により一時的にちやほやされる人物からも、指導はなかなか受けられないと思う。たとえ、ごくわずかなチャンスに恵まれたとしても、まず一般投資家の役には立たない。本当に実力のある投機家やマネージャーの成功は、使った資金の額に大きく比例するからだ。指導を仰ごうとする取るに足りない顧客の提供する金銭的報酬ぐらいは、彼らの成功で十分に稼げるのだ。

 このあたりは『11 金融に関する良い情報、悪い情報』を再読のこと。では、実際どんな人ならアドバイザーとしてふさわしいかというと……。

 倫理的な規範と100%の実直さを持ち合わせていることは、言うまでもなく第一条件である。才覚が必要なこともすでに述べた。柔軟性も必要だ――ひとつのアイデアに執着し、ときが味方すれば人に先んじるが、事態が変われば手も足も出ない、という人物ではだめである。自信過剰は致命的なので、リスクを十分に認識できる者でなくてはならない。

 ハードル1個目からタカ過ぎィ!

ジェラルド・M・ローブ『投資を生き抜くための戦い』11 金融に関する良い情報、悪い情報

11 金融に関する良い情報、悪い情報

 適者生存の法則により「タダ乗り」はやがて排除されることになる。
 ただし、なかには本当に助言を求めている人々もいる。彼らは目標達成に真剣で、助言には相応の報酬を払う。それは必ずしもお金ではなく、誠実なアドバイザーに対する信頼、判断に従う勇気、避けがたい過ちが起きたときの忠誠心を持って報いている。

 他人からの情報だけで儲かるという意味でのフリーライダーが自然と排除されるのは今でも変わりません。しかし現在では、有料情報は最初からスパッと検討から外してしまってよいと思います。

 現代はそもそも情報過多であり、問題は情報がないことではなく、良い情報とノイズまたは悪意ある情報を見分ける能力です。それがあるなら、無料でも良い情報が溢れているので十分ですし、それがないなら、たとえ有料情報であっても無意味です。

 むしろ、有料情報は、商売上のしがらみや、売らんかなのインセンティブの分だけ、無料情報よりも質が劣ることになりがちです。ここでいう「必ずしもお金ではなく」の諸観点から無料情報(源)を選別していくのがベストと思います。

 以前も一度ポイントしたことがあると思いますが、こちらの記事も参照。

 なお、ここでいう「有料」は単にお金がかかるというより「高額」の意味です。「無料」も、ゼロ円のみでなく、「安価」ないしは(たとえば一般書籍なども含む)常識的な額という意味です。

 マーケットで儲ける方法について適切な助言をくれる熟練したアドバイザーを見つけることは可能だが、私の意見では、こちら側が前もってピックアップした個々の証券について、常に同じように価値ある意見を得ることは絶対に不可能だ。尋ねたことに対する回答に比ベて、自発的な意見のほうが優れているということである。
 ちょっと考えれば分かることだが、自分の専門分野で、時間と手間をかけて人を利益に導くのは比較的たやすい。しかしいついかなるときも、求められた問いかけに対して価値ある情報や意見をすぐに与えられるというのは、まったく別の話なのである。そのため、あらゆるものについて何でも提供してくれる情報源には用心したほうがいい。

 なんでも答えてくれるアドバイザーは、口から出任せ言ってるだけの可能性が高いと。数打ちゃ当たるで山ほどの予測をして、当たったものだけ吹聴するのは、偽予言者の常套手段ですね。

株探プレミアムを試したが続かなさそう

 ちょっと前のTLで株探プレミアムが話題になったので、一ヶ月無料体験中ですが、このままだと続かないかもしれません。

 今は株価のリアルタイム化なんてYahooファイナンスでさえできますし、自分は特報記事なんて生かせる条件ではありません。

 なので、有用と感じるのは、20期(20年)の長期業績の趨勢が見られるのと、紹介ページでは主張されてませんが、四半期(のみ)の業績が5年分ぐらい見られるという2機能のみとなります。

 しかし、そのうち四半期(のみ)の業績については、以前林則行『伝説のファンドマネージャーが教える株の公式』で読んで、XBRLから計算するプログラムを作ったので、自分でそれ以上に出せてしまいます。(サンプルとして3085 アークランドサービスを貼っておきます。)

 20期の業績が一望できること自体は素晴らしいと思いますが、これだけで月額1,980円(税抜)払えるかというと微妙です。

続きを読む

Kindleで四季報を買ってみた

 この後、単に紙のに戻るだけでは進歩がないと思ったので、今回はKindleで買ってみた。iPad Airのサイズと性能であれば視認性と速度は問題ない。

 常にiPadを持ち歩く自分には、追加の重量・スペースゼロで常に携帯・閲覧できるのは大きい。とりあえず今後も紙よりはこちらを選ぶと思う。

 ただし、単に誌面を画像化しただけであり、コピペしたりマーカーを引いたりはできない。当然、検索等の機能もない。パラパラめくって特定の銘柄まで行くのは難しい。索引ページにしおりをつけておこうと思ったが、なぜかそれもできないようだ。

衝突断面積を広げる

 この記事でオレオレ用語の「衝突断面積」というのを説明なしで使ってしまっているのに気づいたので、順序が前後するが補足する。

 元々は物理学用語で、一般でも通じる用語で「アンテナを張る」と言う場合の「アンテナの広さ」という意味で使っている。本当の意味が気になる人は自分で調べてほしい。

 「アンテナを張る」と言うと、どうしても受信するという受動的なニュアンスが出てしまう上に、最終的にひとつの結果が重要だということや、確率の問題だという部分が、上手く表現できない。

 「衝突断面積(を広げる)」と言う場合、確率の連続的な大小の問題であり、ひとつの良い情報に巡り会うために自分自身も動いているというニュアンスが自然に出るのが気に入っている。

信用残データの更新タイミング

 主力の6200 インソースが1/27から貸借銘柄になった関係で、売り残の情報が更新される時間が知りたくなった。今までも見方は知っていたが、更新タイミングまでは気にしたことがなかったので。

 とりあえず「火曜の17:00頃」と憶えておけばいい模様。正確には翌週第2営業日なので、祝日があれば後ろへずれる。

SBI証券

■信用残データ
毎週、第2営業日の17:00頃、更新されます。

■証金データ
・ 速報 : 当日の19:00〜21:00頃、貸借残が更新されます。
・ 確報 : 翌営業日の11:30〜16:00頃、証金からデータ配信される都度、逆日歩、株不足が更新されます。

楽天証券

毎週金曜日時点における東証市場の合計残高を、翌週の第2営業日(通常火曜日)の17時頃に更新しています。
この情報は第3営業日(通常水曜日)の新聞に掲載されるものと同じです。

GMOクリック証券

  • 証金残は当日分を20:00頃(日証金)に速報として更新
  • 翌営業日12:00頃(日証金)に確報として更新
  • 信用残は毎週第2営業日の17:00 頃(祭日の場合は翌営業日)に更新されます。
アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: