トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

心理

つなぎ売りにはいくつか効用があるかもしれない

 最近6200 インソースで、いわゆるつなぎ売りというものを試している。基本的に長期上目線だが、短期の動きでも利益を得ようとしたものだ。もっとも、ここ最近の上昇で収支はマイナスであるが。

 つなぎ売りには従来懐疑的だったが、実際やってみて、不合理であるが故の心理的利点があるような気がしてきた。こちらの記事に共感するところが多い。

 手数料・金利・税金などの細かいことはいったん忘れるとすれば、いくらかつなぎ売りをしたところで、買い・売りを相殺したネットのポジションを持っているのと、何も変わらないはずだ。

 しかし、たとえ片方のウェイトはわずかでも、双方のポジションを持っているというだけで、バイアスの大半が除かれて、損が出る方に動いたときのストレスもかなり軽減される気がするのだ。

 また、プロスペクト理論でいう価値関数の、ある程度の含み益(損)になってしまうと、わずかな差が気にならなくなってしまう傾向も、かなり軽減される気がする。

 おそらく、常にそこからどちらかにポジションを取る可能性を考えるようになるからだろう。結果的に自分の買値(売値)に捕らわれにくくなるような気がする。

 2014年の2121 ミクシィの時は、現物を利確する誘惑に対抗するため、現物ポジションに加えて少量の信用買を常に持ち続ける方針を取っていた。

 持ち続けているだけだと、つい短期の動きでも取れるような気がしてきてしまい、売買の誘惑を押さえるのに苦労するが、実際に少額でポジションを取ると、すぐに損失として現実を突きつけられ、かえってメインの玉をうかつな売買から守ることができる。その効果は実際あったと思う。

 しかし、その目的で持つならば、信用買いよりも信用売り(つなぎ売り)の方が、全体のボラティリティを軽減する傾向がある分、わずかに良かったと思われる。もっともあの当初のミクシィは貸借銘柄になってなかったと記憶しているが。

美人投票+自信過剰=衆愚

 このエントリで一度書いたことですが、とてつもなく重要なことだと思うので、もう一度リライトして強調します。市場に関するほとんどあらゆる出来事に関わってくるほど重要なことです。

自信過剰バイアス

 まず前提として、精神的に健康で普通の人間は、常に自信過剰バイアスのかかった状態にあるとされています。つまり、ほとんど誰もが、自分は平均よりも優秀だと思っています。言い換えれば、誰もが周囲の人間は自分より馬鹿だと思っています。

 いわゆる鬱とは、この自信過剰バイアスが失われた状態なのではないか、とさえ考えられています。

 元々、何かがうまくいっていない時は自信過剰バイアスを外して冷静に考え直した方が適応的であるため、そのために用意された仕組みがあり、それが過剰に働いてしまっているのが、いわゆる鬱状態なのでしょう。

美人投票

 一方で、市場には元々ケインズの美人投票の要素があります。一般に、自分が良いと思うものではなく、周りの皆が良いと思うものを買わなければなりません。

 周りの皆の考えをそのまま知ることはできないので、実際には「周りの皆が良いと思うだろうと自分が思うもの」を買うことになります。

 当然、自分だけでなく周りの皆も同じことを考えています。そして自分は周りの皆にとっての周りの皆でもあるので、出力が入力に繋がって、正のフィードバックループが発生します。

 一般に、正のフィードバックは、他の要因によって制限されるまで止まらず、どこまでも行きます。

美人投票+自信過剰バイアス

 この2つが合わさると何が起きるでしょうか?

 ほとんど誰もが、周囲の人間は自分より馬鹿だと思っていて、かつ「周りの皆が良いと思うだろう」と自分が思うものを買い、その過程が正のフィードバックにかかると、どうなるでしょう? もうおわかりですね。

 ほとんど誰もが「考えうる限り一番の馬鹿が買うようなもの」を買うことになります。

 誰もが平均以上ということはありえず(参考: Lake Wobegon effect)皆が自分より馬鹿というのは事実ではありえませんが、美人投票の過程によって、それが結果的に事実になってしまうのです。

 普通の詐欺は被害者自身を騙せなければ成功しません。たまたま本当に馬鹿な被害者を騙すことに成功したとしても、捜査機関など一般に馬鹿ではない人まで騙し通すことができなければ、その利益を確定させることは困難です。

 しかし、証券市場における詐欺的行為は、普通の人が考える(想像上の)自分より馬鹿な人々を騙すことさえできればよいのです。

  • 自分は当然こんな与太には騙されないが、世間には騙される奴が沢山いるだろう。

 と思わせることができるレベルでさえあればよいのです。このハードルは当然、本人を騙すよりかなり低くなります。

 誰が見ても詐欺師同然の煽り屋が次々とイナゴタワーを形成できるのも、どう見てもいい加減なIPOがものすごいスッ高値で上場ゴールを決められるのも、本質的にはこの要素が関わっていると考えられます。

梶井厚志『戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する』★★★

 yäsü(@yasuFX)氏のブログより。新書としてすごくバランスがよいと思う。Amazonで目次をざっと見て、内容が全部予測がついてしまう人以外は、読んでみて損はないはず。

【AB】マーク・ダグラス『規律とトレーダー』★★★

 『ゾーン』の著者の前作らしい。オーディオブックで聞いたからかも知れないが、『ゾーン』よりわかりやすくてよかったかも。

 精神のエネルギーがどうとか、ちょっと言い方が非科学的なのがアレだけど、まあ我慢できるレベル。

「それはあなた、時間をかけないからですよ」

 昔読んでなんとなく印象に残っていた部分を確認したくなって借りてきた。ついでにメモ。元々は教育や人間関係の話で、投資の話題ではないが、投資や金銭関係にも広く通じる話だと思う。

問題解決と時間

 三十七歳ではじめて、私は修理することを学んだ。(中略)遺伝子のどこかに欠陥があり、機械を扱うのに必要な何か神秘的な特性が生来欠けている、と信じこんでいたのである。(中略)ある春の日曜日、散歩の途中で、隣人が芝刈り機を修理しているのに出くわした。挨拶の後、「やあ、大したもんですねえ。私にはそんなことできたためしがないんですよ」と話すと、隣人は即座に「それはあなた、時間をかけないからですよ」と答えた。私は再び散歩を続けたが、彼のいい方が、導師のように単純かつ自然で確固としていたのが気になった。それで次にちょっとした修理をする機会が訪れたとき、このことを思い出し、時間をかけてやってみることにした。(中略)じっくり調べると、指で掛金を上にあげたらブレーキが簡単にはずれることがわかった。そこで、そうしてみた。たったひとつの動作、指でちょっと押しあげるだけで問題は解決した。私は機械工の親方だった!
 実際には、それから大抵の機械の修理ができるようになったわけではない。(中略)それ以後も最寄りの修理店に駆け込むことにしている。しかし、これは自分の選択であって、生来的な能力のないためではないことを、私は知っている。また誰であれ、知能に欠陥がない限り、時間をかける気さえあればどんな問題でも解決できる、と私は信じている。
 この点が重要である。というのは、私が機械の修理に時間をかけなかったように、多くの人々も、人生の知的、社会的、あるいは精神的な問題を解決することに、時間をかけていないからである。(中略)問題は時間なのである。

マクスウェル・マルツ『自分を動かす―あなたを成功型人間に変える』★★★

 今見ると、よくある自己啓発書にしか見えない。元はかなり古い本で、いろんな自己啓発書の元ネタであるようだ。

 ところどころ科学的知見が古そうだったりするが、自己啓発書としては古いことによる害は特になさそう。水準以上ではあるので、新しくてもいい加減なのを読むよりはおすすめ。

怠惰怠惰怠惰!

 といっても別に某アニメの話ではなくてですね、私ね、ブレグジットの時にですね、確かに

  • 大統領選でも似たようなことになる可能性はあるからプット買う練習ぐらいはしておこう

 と確かに決心した覚えがあるのですよ。それなのにですね。子猫ゲートの時ぐらいに「こりゃもうヒラリー安定みたいだからまた今度でいいか」とか思っちゃったんですよもう私のバカ。

 一応オプション口座だけは開いてあったんですが、なにしろオプションなんて誤発注でもしたら一撃破産だってなくはない。ぶっちゃけぶっつけ本番でやる勇気はありませんでしたよもう。

 あー、ほんとにもう。今年は

  • ブロックチェーンのさくらインターネット(は去年か?)
  • 排ガス不正の三菱自動車
  • ポケモンGOの任天堂
  • トランプショック

 と、少し前に流行った表現で言うと「機会損失で破産しそう」ですよほんまにもう。もちろん全部自分が悪いんですけど。

 去年と今年は気持ちが守りに入りすぎてたかもしれませんねえ。それが最初からの計画ではあったにせよ。もうちょっと気合いを入れ直したいと思います。

『「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY』★★

「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY

 エリザベス・ダン著、マイケル・ノートン著。個別には知ってる話ばかりだったが、まとめとしてはいいのでは。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: