トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

亀吉

ハゲポートフォリオは正義か?



 まあヒマネタなのだが、あながちネタだけではない可能性に興味があってメモっておく。

 で載せたように、6200 インソースの舟橋孝之もスキンヘッド。AMZN アマゾンドットコムのジェフ・ベゾスも周知のごとくスキンヘッド。さらに4235 第一化成の中野淳文氏もスキンヘッド。

 経済的サイコパス傾向(人情やしがらみを軽視し合理性を優先する度合いが強いという程度の意味)と、スキンヘッドで生活することを選ぶことには、少なくとも相関がありそうな気がする。

 ちなみに私は、両方の祖父ともに80台後半で亡くなるまでハゲてなかったし、父もそれなりの歳だがフサフサなので、多分ハゲられない。残念!!

クックパッドNISA分もぶん投げ

 創業者側の戦略が正しいと思うことは変わらないし、いつかは復活するだろうからと、NISAだけは損切りせずに残していたが、さすがにこれはない。迷わず全部ぶん投げた。


 師匠の意見も一理あると思うが、どうでもいいことだからやってもいいことと、どうでもいいことだからこそやってはいけないことがあって、これは私にとっては後者。

4235 第一化成

 これに習って自分も売買ログを晒してみる。

 2014年分は、何考えてたのか流石に憶えてない。

 2016年11月成績で書いたように、かなり前から亀吉師匠銘柄とだけは認識していた。

 2016/11/22のUltrafabrics買収発表まではまったく触っておらず、この2連S高だけなら「はあ、やっぱ師匠すげーなー」で終わるところであった。

 が、それを機会に短期目線で手がけ始め、師匠のTwitterを普段以上にストーキングしたり、ブログも遡って見たりしていると、どうもこれで織り込まれ尽くしたわけでは全くないようだ、ということがわかり始めた。

 本格的なパクリ投資として、ある程度まとまった額を長期的に賭けるべき案件かもと思い始めたのが、2016/12/22の現引あたり。その後年明けちょっとまでに、そこそこ利が乗った状態になる。

 しかし、2017/1/12にアメリカの法人税案の記事がYahoo掲示板で取り沙汰されたのを(おそらく)直接のきっかけに下落トレンドになり、そこそこの含み益がそこそこの含み損にまで陥る。

 機械的損切りにもかかりかねない勢いだったので、1/17にぶん投げたら、まさに「あなたが売ったそこが底」状態に。このままだったらたぶん今は泣き濡れてた。

 しかし、Ultrafabrics買収発表以降の下方支持線できっちり止まった上に、ノーポジ状態で「ここからなら買うか?」と考えたら、やっぱり買うべきだと思ったので、その日のうちと翌18日までに、元の分まで買い直した。これは結果的にファインプレー。

 1/23の中期計画その他の発表タイミングはもちろん読めていたわけではなかったが、銘柄だけでなく、以前からの思考の流れ、カタリストへの反応、感情の動きまで、諸々同時にトレースできて、久々に良い経験を積めた感がある。

続きを読む

2016年11月成績+3.7%(年初来+1.0%)

2016_1130pf

2016年11月成績と総評

総資産 前月比 年初来
77,345,779円 +3.7% +1.0%

 今年プラ転!(ただし本業込み)

11月ハイライト

トランプショックからトランポノミクスへ

 大統領選関係では結果的に何もできなかったが、それをきっかけに気合いを入れ直したら早くもそれなりの成果が出た。まあ相場環境がよくなっただけのような気もするが。

3267 フィル・カンパニー当選

 初値売りで約26万の利益。公募当選史上最大の利益となった。3967 エルテスの方は、初めてIPOチャレンジポイントを使おうとするも、あえなく落選。150Pでもだめなのね。外れた場合は減らない仕様とのことなので、貯まっている人もたくさんいるということか。

優待クロスほとんど取れず

 1/18(金)19:00にPC前に待機してたのに、SBIの一般売が7594 マルカキカイ一名義しか取れず。競争激しすぎ。これでは結局、3月9月ぐらいしかまともに優待クロスはできないではないか。逆日歩をちゃんと調べて、制度クロスでも取れるようにしていくべきか?

6200 インソース

 Twitterでの雑談をきっかけに入ってみた。うちの会社にも何度か講師が来ていて、普通のおじさんおばさんを派遣して確実に金になるならいい商売だなと思っていたので。

 長期目線ではあるが、乱高下したのでデイトレ的な回転売買も実施。どちらも上手くはまって、早くも生涯貢献度上位に顔を出しそうな勢い。

4235 第一化成

 亀吉師匠銘柄とだけ認識していたが、まさに今日ストップ高。あとどれだけ成長すれば、こういうのを事前に買えるようになるのだろう。まだ背中も見えん。

主要ポジション

  • 6200 インソース
  • AMZN アマゾンドットコム
  • PG プロクター&ギャンブル

子供は負債?関係メモ

 投資家TLでちょっとバズった「子供は負債?」関連のメモ。いくつか順不同に。

 まず、この文章を思い出した。

 下の記事で書いたが、一般に自分自身や家族については負のキャッシュフローであるからといって負債と見なさないほうがよいと思う。

 養育費・教育費が大きな負担となっているのも、問題になるほど少子化しているのも確かだから、国レベルでは、子育てに対するインセンティブを是正すべきだと思う。

 個人レベルではポジト合戦にしかならないので何も言わない。人生観・価値観の話になる……というか、人生観・価値観そのものなので、誰もが納得する答えはないだろう。

 亀吉師匠かっこよすぎ。


 自分の場合、独身時は「普通」(「正常」ではなく)の下限ぐらいの倹約体質家計だったと思う。今は残念ながら、倹約的にはごく普通家庭だろう。浪費家とは言われずとも、家等まで含めると普通以下かもしれない。

 早いうちに結婚していたら、今の年齢で今の資産を持てている可能性が低いのは認めざるをえない。

バフェットの暴食と我慢のコスト

史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵

七つの大罪のうち、最も馬鹿馬鹿しいのは"嫉妬"である。嫉妬心を抱いたとき、あなたの感情はプラスではなくマイナスに動く。わたしは"暴食"とはよい関係を保ってきたが…。この先"色慾"におぼれることはないだろう


 他にもいくつかあったはずだが忘れたのでふたつだけ。こうしたエピソードは『WILLPOWER 意志力の科学』のような理解を通じて統一的に扱える気がする。

 意志力の総量に限度があるなら(間違いなくある)、何かを我慢しないことは、他の何かを我慢することとほぼ同義になる。自分にとって重要でないことで我慢しないことは、大事な部分で我慢するために賢明なことでありうる。

「一旦ポジションを閉じたとして、今とほぼ同じポジションを直ちに再構成するだろうか。」

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる

 今年の目標はこの問いに常にイエスと答えられる状態にするということにしよう。

 去年は、忙しさにかまけてイエスと答えられる期間がまったくなかったと思う。低パフォーマンスに甘んじるのも当然だったと言えよう。

新しい本にかける時間を減らし良書の読み直しを行うべき

 投資関係で読んだ雑誌や本のヒット率、役に立ったと思う率が、だんだん下がっている気がする。

 上記エントリで亀吉師匠のいうところの「本を読む量より決算短信や有価証券報告書を読む量の方が遥かに多くなり」という状態に、自分も徐々に移行しないといけないような気がする。

 単に投資関係の本を見かけたからという理由で読書リストに追加するのは控え、その時間を、良書の読み直しや四季報熟読、決算短信・有価証券報告書の分析にあてるべきであろう。当分書評は過去書評が中心になるかも。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: