トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

不動産

天田浩平『農業大卒の僕が29歳で年間170戸のマンションを売って日本一の営業マンになった秘密の方法』★★

 営業系のビジネス本・自己啓発書として純粋に見れば、水準以上だとは思う。

 ……売ってるものが投資用ワンルームマンションであることを思い出さなければ、だが。

 某内藤忍がヨイショしてるっぽいのも大きな懸念材料。要注意。

藤沢侑『現役・三井不動産グループ社員が書いた! 「ダメマンション」を買ってはいけない』★★★

 過去書評。投資クラスタではそもそも新築マンションを買う人はあまりいないと思うが、売る側の視点が詳しく書かれた本は珍しいので、一見の価値はあると思う。続編が出ているらしいが未読。

石川貴康『いますぐプライベートカンパニーを作りなさい!―サラリーマンが給料の上がらない時代にお金を残す方法』★★

 そんなに目新しい内容はないが、このジャンル(?)では良心的な方か。

須田忠雄『アパート経営はするな!―賃貸経営の落とし穴』★★

 過去書評。基本的にはタイトル通り。結構胡散臭いというか、本を売るための逆ポジトに感じる部分も多いけど、全体の趣旨には賛成。

玉川陽介『手持ち200万円から始める! 低リスク・高利回りの不動産投資』★★★★

 過去書評。読んだのは大分前。タイトルはなんか軽薄っぽいけど、不動産投資本の中ではかなりよかった記憶がある。

竹中正治『稼ぐ経済学 「黄金の波」に乗る知の技法』★★★★

 『今こそ知りたい資産運用のセオリー』の方が好きだが、こちらも相当な良書。

 重要な投資哲学から、株・為替・不動産の話まで多岐に及ぶ。基本的に竹中正治氏の本は全ておすすめ。

牧野知弘『2020年マンション大崩壊』★★

2020年マンション大崩壊 (文春新書)

 すでに一度読んだような話ばかりではあるが、まとまりはいいと思う。

『プロが教える買ってはいけないマンション』★★★

プロが教える買ってはいけないマンション

 中村俊雄著、加治将一著。過去書評。2002年の本だが、そこそこ良書に見える。

 今気づいたけど、加治将一って『カネはアンティーク・コインにぶちこめ!』と同じ人なのか……。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: