トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

モンスト

遊戯王アプリについて考えていたこと

 全然儲かってないし、諦めかけているが、遊戯王関連の思惑で9766 コナミをウォッチしている時に考えていたこと。

 パズドラを見たときは「これが1位であり続けるわけがない。いつかこれを上回るものが出る」という直感を持っていた。この歪みをあらかじめ認識していたから、実際にモンストが現れた時アンテナにかかるのが早くなり、大きな利益を取れたと言える。

 対してモンストは、現在のスマホに対して、これ以上を思いつくことが不可能である。少なくとも自分には無理だ。技術の予測不能な進歩のない近い未来において、モンストを明確に上回るような作品が「もし」出るとしたら、それはIPものぐらいしかないだろう。

 そして痩せても枯れても遊戯王は、この手のコレクション&ガチャゲー向きIPとしては空前絶後のものであろう。サーバが安定してイベントとかやり出したら、1位を取るぐらいの実力はあるはずだろう。その前後の思惑だけでも多少の利益を得るチャンスはあるはずだ。

 不利な点もいくつかある、というか沢山ある。

 モンストはパズドラと比べて、ゲーム性が連続的であり、離散的でないので課金の求心力源である過去最強キャラを追加し続ける裁量が大きかった。遊戯王はその点でパズドラの方に近い。過去のカードのストックはあるものの、ルールは離散的でしかなく、限度はあるし舵取りも難しい。

 コナミはすでに大企業なので、うまくヒットしたとしても、数倍になるなどはありそうにない。モンスト当初のミクシィほどの投資妙味はない。

 確信は全然ない。むしろモンスト後はパズドラ・モンストのような明確に天下を取ったと言えるような作品は出ず、群雄割拠になったり、

 上の五月さんのエントリであったように、重課金ゲーとカテゴリそのものがなくなっていくシナリオの方が実現可能性が高いと思う。現在すでにそういう状態になりつつあるし。

1700万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_1201_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 ほぼ単純計算通り。北米寄与はたぶんまだほとんどないはず。中国の開始で次がどうなるかは気になるところです。

 自分のミクシィ投資は撤退しましたが、テンセント版の初動は気になるので、このグラフ更新はもうちょっとだけ続けようと思います。

2015/1/2追記

 前言撤回。次の発表が2000万に飛んだ関係でグラフがぶっ壊れたし、自分も今度こそ完全撤退したので、ここで止めます。

ミクシィ完全撤退およびNISAの恩恵

 最後に残したNISA預かり500株のミクシィ。今日の午前中にちらっと見たら、見れない間に5000割りそうな勢いだったので、少し早めの行動をと思って売ってしまった。

 これで去年の11/27にGCN氏のブログ(当時の記事は消されている)でモンストの存在を知ってから、約1年続いたミクシィ投資も幕引きとなった。

 結果的にはちょうど今日の底値だった上に、昼休みに1600万DL、引け後にテンセント版12月に開始のIRと、思わず笑ってしまうような最悪のタイミングとなったが、悔いはない。

 税引き・手数料引き後でも、3000万円を超える途方もない利益を得ることができた。ミクシィ社とモンストスタッフはもちろん、GCN氏伝道師をはじめとするTwitter仲間にも感謝したい。

 ちなみに今日売った分の、NISAによって節約できた税額は約375,000となるはず。もっとうまく使った人をTwitterのTLだけでも複数見ているので、完璧とは言えないが、この変な制度の恩恵をちゃんと受けられただけでも満足すべきであろう。

1600万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_1114_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 この期に及んでペース上がってます。北米はまだほとんど寄与してないはずので、ニコニコでのイベント、猿CM、台湾のオリキャラキャンペーンなどが効いているのかな? 単純計算では次回は月末ごろになります。

2121 ミクシィ

 2Q決算のタイミングでこれまでのまとめ。

 2Q決算にかけて期待上げしてくるのは予想通りだった。持ち越しは、金額ベースで前回よりは下、ということは決めていたのだが、1500株と2000株で迷った末、2000株(NISA500株を含む)に。

 結果としては、持ち越しは外れ。コンセンサスは上回ったものの、期待の大きさと比べるとサプライズ不足と見なされたようだ。2分割ぐらいはあると思ったのだが株式分割もなかった。

 敗戦処理として、7日引け直後と10日朝のPTSで平均6300弱で売って被害を最小限に留めることができ、いまだ前月比ではプラス圏にいる。

 それでも、1Q決算後の6500付近で全部売ってNISA分以外ノーポジとなった時点よりは、まだ少し下である。つまりこの3ヶ月何をやってたんだという話になり、自分は所詮モンスト頼みの一発屋だったということを思い知らされて、心が折れた。

 ……とまで言うと少し言い過ぎかもしれないが、5,6,7,8月の祭り状態が本当に終わって、我に返った感がある。本気で利益を持ち帰る方に意識を転換しようと思う。少なくとも当面ミクシィは取引しない。

 NISA分500株(取得単価1522円)だけは、再イン不可能なのでまだ踏みとどまっている。これは以下の条件のどれかに当てはまったとき利確するつもり。

  • 5000割った場合(3バガー確保)
  • 7500越えた場合(5バガー達成)
  • 3Q決算前後のピークと思った時点で(初志貫徹)
続きを読む

3765 ガンホーオンラインエンターテイメント

 今日発表されたばかりの決算のメモ。前回同様、前年同期比の表を見るとピークアウトがはっきりした。

 この結果はほぼわかりきっていたが、問題はこれをミクシィ(モンスト)にとってポジティブ(≒モンストがパズドラを食ってる)と見るか、ネガティブ(≒パズドラ抜いてるモンストも大したことない)と見るか。

 どちらもある意味では正しいはず。スマホゲーセクター全体はまだ伸びているのだから前者の効果が勝ると思うが、バイアスだろうか。

続きを読む

1500万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_1028_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 今回もペースの変化がほとんどなく、ほぼ単純計算通りの達成となっています。北米は始まったものの、いきなりプロモーションしているわけでもないようで、大きなDL数にはならないでしょう。次回は2Q決算以降になりそうです。

モンスト北米版リリース


 正直、北米での大成功はあまり期待できないと思っている。ヘイデイの記事で書いたばかりだが、そのままなのはシステムと音楽だけぐらいにして、キャラは絵から全部描き直すぐらいやらないと、文化の壁は超えられないのではないかと思っている。

 ただ、大成功の可能性がないとも思えない。緒方雄一先生を基調とするセンスもピンボールベースのシステムも、少なくともパズドラよりは北米向きだと思われる。というか、モンストでだめなら、もう他のどんな日本製ソシャゲもだめだろう。

 逆に北米で成功するようなら大幅に脳内上方修正が必要になるわけなので、目は離せない。米国版公式Twitterアカウント(通称アメ公になりそう)のフォロワー数推移をちょっと気にするようにしよう。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: