トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

バリュー投資

エドガー・ヴァヘンハイム三世『ハーバード流ケースメソッドで学ぶバリュー投資』★★★★

 継続して20%の利益をあげることを目標とするバリュー投資。タイトル通り全て具体例として出てくるので思考の参考になる。最後の14章の手紙もバリュー投資哲学のまとめとして素晴らしい。

ハワード・マークス『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』★★★★★

 過去書評。オーディオブック版で言及済みだが、これは本当に素晴らしい。「投資哲学」という単語が一番よく似合う。

 基本的に逆張り長期バリュー投資だが、二次思考・リスクの認識・心理あたりの話は、それ以外のスタイルでも有効と思う。

『テンプルトン卿の流儀』★★★★★

 ローレン・C・テンプルトン著、スコット・フィリップス著。過去書評。有名なので説明不要と思われるジョン・テンプルトン本。

 条件も時代も違うので、具体的な行動まで真似するのは無理でも、バリュー投資・逆張りの考え方を知るのに欠かせない。

モニッシュ・パブライ『ダンドー ──低リスク・高リターンのインド式テクニック』★★★★

 みきまるさんのところで知った。タイトルと装丁のせいでなんかうさんくさい印象だが、中身はまともなバリュー投資本。良書と思われる。

 唯一惜しいと思ったのは、グーグルよりマイクロソフトを選ぶと言っちゃってるところか。2006年の本だから、そこから現在までGOOGは約5倍、MSFTは2倍ちょっとぐらいか。

 普遍的な内容の本では、いくら自信があっても中長期的な未来予測は書かない方がよさそうだ。なかなか当てられるものではない。

Ronald W.Chan『価値の探究者たち』★★★★

 バリュー投資家のインタビュー集。みきまるさんの記事とそれに続く連載で雰囲気は十分つかめるかと。

 自分も一応分類的には中長期バリュー投資家(のはず)なので、ためになるなと思える話が多かった。

ジョン・ミハルジェビック『バリュー投資アイデアマニュアル ──得意分野を見極めるための戦略の宝庫』★★★

バリュー投資アイデアマニュアル ──得意分野を見極めるための戦略の宝庫 (ウィザードブックシリーズ)

 確か最初はパイプの人経由で知ったが、最近みきまる氏のレビューをきっかけに読んだ。

 現時点の私から見て特別印象に残る部分はなかったが、なかなかいいと思う。

別冊宝島編集部『本当に億儲けた投資家が教える 究極の投資術』★★★★

本当に億儲けた投資家が教える 究極の投資術

 買ったのは主に御発注氏目的だが、白米氏・www9945氏らバリュー投資家の比率が大きく、この手のムックにしては久しぶりに、値段分の価値はあったと思える感じ。

www9945『年収300万円、掃除夫の僕が1億円貯めた方法』★★★

年収300万円、掃除夫の僕が1億円貯めた方法

 www9945氏の本。タイトルはちょっとアレだが、実録としても、バリュー投資本としても、正直な内容で良いと思う。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: