トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

デイトレ

ジェラルド・M・ローブ『投資を生き抜くための戦い』73 ティッカーテープを読むことの価値

73 ティッカーテープを読むことの価値

 テープは相場の取引を「生」で伝える唯一の情報源である。ティッカーテープによる相場の判断には、ある銘柄に何かが起こる「とき」と、それが起こったときの「量」と、その銘柄の動きと相場全体、もしくは関連銘柄との「比較」という問題が関わってくる。

 すでに一度話題に出ましたが、テープリーディングというのは、今で言えば、歩み値だけをずっと見ているようなもの、と思ってよいと思います。

 どの銘柄が最初に動き出すか、どの程度活発に動くかが分かるのだ。ほかの銘柄と比較してどの程度強いか、あるいは弱いか。株価の表やチャートを使っていたら、推測するしかないことばかりだ。テープの読み方を心得ている人は、チャートに頼っている人のはるか先を行っているといえるだろう。

 当時は当然コンピュータがなかったので、リアルタイムのチャートなどはなかったはずで、ここでのチャートは、おそらく日足以上の時間間隔のものを指していると思われます。

 現在、出来高まで含んだ分足あるいはティックごとの短時間チャートを表示しているようなトレーダーは、テープリーディング相当以上の情報を得ていると言えそうです。

 デイトレーダーでなくても役に立つのは、他の銘柄と比較せよ、という部分でしょうか。当たり前と言えば当たり前ですが。

 ティッカーテープを見ていれば、売買注文を最も有利な形で出すことができる。企業分析から得た投資の見解をより強固なものにしたり、疑問を投げかけたりするのにも役立つ。調ベるベき銘柄のヒントを与えてくれることもある。基本的には短期投資向けの手法という第一印象があるが、ティッカーテープをきっかけとして、6カ月以上先の利益がもたらされることもよくある。

 これも類似の箇所はあったと思いますが、投資においては短期が長期を兼ねることはあっても、長期が短期を兼ねることはない、という話。

 私は、いくつかの理由で、デイトレ以下の時間間隔の投資には、意識してコミットしないようにしていますが、一時、中長期投資の補助と割り切って勉強していたことはあります。それ自体の利益はわずかでしたが、役に立っているとは思います。

 チャートを後から見ている時でも「ああこの部分では、板ではこんな風にガガッと動いて、歩み値だとドドドって感じだったんだろうなー」とか、脳内補完できることが結構あるからです。アニメーションなので言葉では説明できないですが。

投資は短期のものほどAIに置き換えられやすい

 の記事で、すでにちらっと言及したことがあるが、私はあまりデイトレをしない。

 やってできないことはないと思うし、どちらかというと儲かる可能性もあるが、むしろコミットすることを意識して避けている。

 最大の理由は、今後真っ先にAIに奪われる(もしくはすでに奪われた)ポジションだと考えているからだ。

 等の話にも関連するが、投資は短期のものほどコンピュータ向きになる。投資を大雑把に時間で分類すると、だいたい以下のようになるだろう。

  1. スキャルピング(秒)
  2. デイトレ(分・時)
  3. スイング(日・週)
  4. 中長期(月・年)

 本当はこの上にさらに0:HFT(コンマ秒以下)の領域があるが、もともと人間はできなかったことだから、今回は省く。

 このうち、1と2の半分ぐらいまでは、すでにAIの方が優位な領域になっていると思われる。そして今後二度と人間に優位が戻ってくることはない。

 対して、3,4はそう簡単にAIに置き換えられることはないし、置き換えられたとしても、そのインパクトは1,2ほど劇的なものにはならないと予想される。

 短期投資が何か悪いとか、スキャルパー・デイトレーダーが何か他の人間より劣っていると言っているのではない。(プロ棋士は頭が悪い、と言っているのではないのと同じく。)コンピュータ・人工知能が比較的得意な仕事をしていると言っているだけだ。

トニー・オズ『オズの実践トレード日誌 ― 全米ナンバーワンデイトレーダーの記録公開』★★

 2000年の本……ということはITバブル崩壊前のアメリカの話。具体的ではあるが、今私が読んで役に立つとは思えなかった。

 デイトレーダーで読んで大いに役立つという条件の人がいる可能性は否定しないが。

二階堂重人『最新版 これから始める株デイトレード』★★

 キンリミ対象だったので何かのついでにDL。まあ、ほんとのほんとにデイトレこれから始めるって人にはいいのでは。

 デイトレすんならパソコンあるだろググれよ、と言いたくもなる感じもあるけど。

『デイトレード』★★

デイトレード

 オリバー・ベレス著、グレッグ・カプラ著。定評のある本らしいので読んでみた。確かに定番らしく、悪くない内容。

 ただ同時に、やはり定番らしく、これまで読んだ本でも見たような内容ばかりでもある。タイトル通りデイトレ向き。

デイトレはいったん引退します

 7月末から8月半ばまで、やや暇が多かったこともあって、デイトレに本格挑戦してみました。

 損にはなっていませんが、地合もいい方で、ファンダメンタルでもめちゃくちゃストーカーしているミクシィにほぼ専念していてこれですから、やはり労力に見合うだけの利益は上げられていないように思われます。

 お盆休みも終わって、また忙しくなってくると思われるので、デイトレはいったん引退しようと思います。ライブスターの資金も、結局一度も取引してませんが、いったん引き揚げようと思います。

 ただ、やらない方がよかったとは思っていません。Webからでは全然見えていなかったフル板の素早い動きというものが多少わかりました。

 これからも、ここ一番という時にはkabuステーションを開いて見てみることはあるでしょう。

 ちなみに通じやすさ優先で「デイトレ」と言っていますが、ここでは「自分が市場に貼り付いている時間を利益に換えるようなトレーディング」と定義します。

 結果的に一日のうちに売買することになっても、これに当てはまらないものは含みません。

カブドットコム証券の手数料が高いので代替案を模索中

 kabuステーションの良さに惹かれてカブドットコム証券でのデイトレを試してみた。ツールはとても良いのだが、手数料がとても高い。

 信用取引の手数料が無料になるゴールドプランというのもあるみたいだが、条件は「前月の新規建約定代金合計が4億円以上」。2千万/日ということだから、見れない日も多いことを考えると、現在の資産規模では実際上不可能だ。

 調べていたら、SMBC日興証券だと信用取引の手数料が全て無料らしい。

 現在楽天RSSで情報を見て、取引はSBIでやっているように、取引口座と情報口座を分けるのもありかと思った。つまり、取引は日興などで行い、情報はkabuステーションで見るということ。kabuステーションの利用は口座を開いているだけで条件なしのようだし。

 Twitterでもそのようなことをつぶやいていたら、やまぐち氏からこのような情報をいただいたので、ライブスター証券も調べてみる。


 あと松井証券でも一日信用という手数料無料のプランがあるようだが、必ずその日のうちに決済するという条件はかなりの足かせのような気がする。明らかに持ち越した方が良いと思われる場合でもできないのだから。松井証券は優待口座になる予定でもあるし、これはなしかな。

 他にもデイトレ向きの環境についての情報あれば求む。もっとも私の場合デイトレと言っても、単に普段より頻繁に取引する場合という程度にしかならない予定だが。

トレード専用ツールを比較してkabuステーションがいいかと思う

 中長期ファンダメンタル投資には、楽天RSSを使った自作ツールに勝るものはないという結論にすでになっている。

 しかし、ミクシィのデイトレを試してみたりしているうちに、やはり短期のトレードには、専用のツールを使わないと無理だなと思えてきた。

 それでこういうのを参考に、専用トレーディングツールを比較してみた。

 kabuステーション(カブドットコム証券) >> マーケットスピード(楽天証券) > HYPER SBI(SBI証券) >> その他

 ぐらいの印象。それぞれ一時間ぐらい試行錯誤してみただけだが、レスポンスの早さとか、カスタマイズのしやすさ等で、kabuステーションが頭ひとつ抜けている気がする。

 資金をある程度移してデイトレ枠をカブドットコム証券でやってみてもいいかもしれない。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: