トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

サービス

四季報オンラインはベーシックでいったん落ち着きそう

 6月に4235 第一化成の五味大輔氏情報を確認したくなったのをきっかけに四季報オンラインプレミアムを1ヶ月半ほど試した。

 自分はスクリーニングはほぼ使わないし、大昔の四季報が見られるのは面白いが、特に役立つわけでもなし、これで5,400円/月はちょっときつい。やめた。

 かといって、四季報を全く見れないのも困るし、紙の四季報は持ち歩きが大変だし、Kindleの四季報も使いにくい。

 結局ベーシックに戻っていったん安定しそう。iPhone復帰でスマホの性能が上がったので、四季報オンラインの使い勝手も少し上がったし。

Amazonパントリーを使い始めた

 日常の買い物はほぼ全てオーケーストアだったのだが、最近アマゾンパントリーを使い始めた。

 買っているのは、今のところオーケーと同等に安い洗剤等の衛生用品およびサランラップ等の台所用品。そして若干割高だが、かさばるので運んでくれる利点の大きい、トイレットペーパー・ティッシュペーパー・キッチンペーパー等の紙類。

 これでオーケーで買うのはほぼ食料品だけになった。結局行かなければならないのは変わらないのだが、今までのようにカートを引っ張っていくのではなく、自転車で済むようになったので、体感では改善度が非常に大きい。

 ついでに言えば、段ボール箱に緩衝材として紙が入っているおかげで、新聞は欲しくないけど新聞紙は欲しい、という問題が解決した。

SBIハイブリッド預金を休止しようと思ったがやっぱり継続

 マネーフォワードを試していて、住信SBIネット銀行とSBI証券の間で、ハイブリッド預金の振替が、いちいち収支として出てくるのが不便に思った。

 それをきっかけに調べていたら、金利が0.01%しかない。ということは1000万円フルに預けている状態でも、年間1000円ってことか。塵も積もれば山となるとかいうけれど、流石にこれは誤差だろう。

 マネーフォワード自体の評価はまだ未定だが、ハイブリッド預金は一端止めてみよう……と思ったが、


 やまぐち(@ky1ky1)氏のリプを見てやっぱり続けることにした。

 そういえば、振込もATMからの引き出しも無料なので、代表口座に振り替えて即振り込みor引き出し、ということをやることはたまにある。日常化しているので忘れていたが、これはハイブリッド預金じゃなきゃできないのか。

インソースと知識のプラットフォーム化

 の記事で、6200 インソースが、社内ITインフラのサービス化に関してアマゾンと同等の戦略を意識してやっていそうであることが興味深い、と書いた。

 それは変わっていないのだが、そもそも「悩みを集めて研修を作って売る」という業態自体に、それに似た要素があるのではないかと思いついた。

 たとえば

  • IT研修を売っている一方で、社内ではGitも使わずクソコードまみれでした

 とか、

  • コミュニケーション研修・パワハラ研修・メンタルヘルス研修を売っている一方で、社内は超絶ブラックでした

 などということがありうるだろうか。不可能ではないにせよ困難だと思う。

 それはバレたら評判に関わるというだけではなくて(その要素も実際あって有利に働くだろうが)、劣った知識やノウハウ、愚かな制度や意思決定を放置していたら、評判以前にそもそも売るものがなくなってしまうという圧力が会社に常にかかるということ。

 アマゾンの社内ツールがサービスとしても売っているため、常に社外との競争に晒されて磨きがかけられる、というのと同じである。

聖闘士星矢OVAでNetflixに入り直した

 映画『BLAME!』目当てで1ヶ月試用後に解約していたNFLX ネットフリックスだが、1ヶ月ちょっとで再加入することになった。

 決め手は妻が聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編のOVAをどうしても見たがったから。まあ子供も最近テレビの同じプリキュア何度も見てるし、このまま入り続けてプリキュアの過去作見せてもいいかなあ。

株探プレミアムを試したが続かなさそう

 ちょっと前のTLで株探プレミアムが話題になったので、一ヶ月無料体験中ですが、このままだと続かないかもしれません。

 今は株価のリアルタイム化なんてYahooファイナンスでさえできますし、自分は特報記事なんて生かせる条件ではありません。

 なので、有用と感じるのは、20期(20年)の長期業績の趨勢が見られるのと、紹介ページでは主張されてませんが、四半期(のみ)の業績が5年分ぐらい見られるという2機能のみとなります。

 しかし、そのうち四半期(のみ)の業績については、以前林則行『伝説のファンドマネージャーが教える株の公式』で読んで、XBRLから計算するプログラムを作ったので、自分でそれ以上に出せてしまいます。(サンプルとして3085 アークランドサービスを貼っておきます。)

 20期の業績が一望できること自体は素晴らしいと思いますが、これだけで月額1,980円(税抜)払えるかというと微妙です。

続きを読む

Netflixを一ヶ月試して解約した

 映画版『BLAME!』見たさにNFLX ネットフリックスのサービスに一ヶ月だけ加入していた。ちなみにハードウェア的にはAmazon Fire TVでの視聴。

 BLAME!以外は子供がプリキュア本編と映画を見ていたものの、それ以外には利用せずで、950円/月で継続する価値は今のところないと判断し、無料お試し期間のみで解約となった。

Kindle Unlimitedを解約しました

 2016年8月に始まってすぐから続けていたキンドルアンリミテッドを解約しました。

 自分の衝突断面積を増やす意味でも有益だとは思うのですが、その役割は後から入ったdマガジンと重複してしまいました。

 すでに一通りめぼしい物は見て、本当にいい本は買ってしまいましたし、それほどの頻度でなければ、これまで通りの図書館へのリクエストで事足ります。

 また状況が変われば入り直す可能性はありますが、いったん解約としました。

 自分がやめておいて言うのもなんですが、キンリミの投資本の充実ぶりは異常です。かなりの数の良書が対象になっています。もし2012年頃の自分のように、本格的に勉強を始めたばかりで大量に投資本を読みたい、というニーズがあれば、入るのも手だと思います。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: