トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

★★

英『エコノミスト』編集部『2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する』★★

 過去書評。悪くはないけど、未来予測のなんたるかを多少なりとも知っている人は、最初から割り引いて読むこと。

 ネットでは「日本に厳しすぎ」という評が目立つが、目標年が2050年なら、こんなもんでは。

鮎川健『テンバガーを探せ! 10倍儲かる低位株投資術』★★

 過去書評。タイトル通り、低位株(いわゆるボロ株)からのテンバガーで儲けようという手法。

 個人投資家・初心者向けかのごとく言っているが、むしろ最高クラスの難度に属する投資だと思うのだが……。

 そこそこ具体的ではあるが、なんとなく罠になりうる感も強く積極的に薦めにくい。

ポール・クルーグマン『そして日本経済が世界の希望になる』★★

 過去書評。アベノミクスに関するインタビュー本。やや薄い(物理的にも内容的にも)。

デヴィッド・バック『かしこいカップルが最後に笑う ― 2人で4倍豊かになる9ステップ』★★

 過去書評。カップル・夫婦で取り組むという珍しい(?)観点の本。単なる倹約・資産形成本と見た場合の容は普通だが、TPO次第で絶大な効果を生みうるかも。

 「ラテ・マネー」≒毎日ス○バでラテ買うような日常のちょっとした浪費、という概念は、なかなか覚えやすくていいかも。

『通貨オプション戦略―ディーラーが明かす必勝法』★★

 竹中正治著、久保田真著。過去書評。

 おそらく竹中正治先生の真骨頂……なのだろうが、それだけあって、かなり専門的。さすがに一般個人投資家には向かないかも。私も使う機会なさそう。

ニーアル・ファーガソン『マネーの進化史』★★

 過去書評。金融史本。特別これという話があるわけではないが。

ロバート・H・フランク『日常の疑問を経済学で考える』★★

 過去書評。こちらは累進消費税とかのいつもの主張とは関係なく、タイトル通りの啓蒙書。小中学生とかにもいいかも?

シルヴィア・ナサー『大いなる探求 経済学を創造した天才たち』★★

 ちぃ、おぼえた。ケインズはバイ。

 ……というのは冗談だが、本当にそれしかおぼえてない。過去書評。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: