トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

★★★★

ピーター・リンチ『ピーター・リンチの株の法則---90秒で説明できない会社には手を出すな』★★★★

 過去書評。前著の

『ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け』

 ほどではないが、これもいい。

 内容には関係ないが、旧版『ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学』と微妙に邦題が変わっている?

チャールズ・エリス『敗者のゲーム なぜ資産運用に勝てないのか』★★★★

 過去書評。簡単に言えば「短期的な売買はマイナスサムだからインデックス投資すべき」という本。

 その通りに従うかは別問題として、「敗者のゲーム」という概念はとても重要なので、憶えておいた方がいい。

 技量がハイレベルで拮抗したプロ同士の勝負で、ミスは起きず、素晴らしいプレイをした側が勝つのが瀟洒勝者のゲーム。未熟なアマチュア同士の勝負で、凡ミスをした側が負けるのが敗者のゲーム。

 インデックス投資以外でも、自分が敗者のゲームで敗者の側にならないように意識するだけで、随分違うはずだ。

佐々木融『弱い日本の強い円』★★★★

 過去書評。アベノミクス前の本なので円高がタイトルになってしまっているが、現在でも為替についての一般的知識として有益と思う。

竹中正治『なぜ人は市場に踊らされるのか?』★★★★

 過去書評。竹中正治先生の他の本と違い、経済一般に話題が広い。しかし、投資にも有用と思われる部分も多い。

トレン・グリフィン『完全なる投資家の頭の中 ──マンガーとバフェットの議事録』★★★★

 バフェット関連本を読み慣れていたら、聞いたことのあるエピソードも多いかも知れないが、かなりの良書であると思う。

 『スノーボール』を読んでいても思うが、自分はバフェットとはかなり性格が違うので、同じような内容を話していても、マンガーの方がしっくり来ることが多い。

ジム・クレイマー『全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦』★★★★

 過去書評。バイアンドホールドをもじったバイアンドホームワーク(買って宿題をする)を標語とする。初心者向け本としてとても良いと思う。

 当然米国株の例ばかりになってしまうことと、本人は投資家としての実績より芸能人としての方がメインでありそうなことを除けば。

 自分で分散ポートフォリオを作る場合の、個別銘柄の選び方の部分は、あまり他で具体的に見たことがない。

 確か自分は、これを参考に、金融株として8306 UFJと、身近な優良大企業として9984 ソフトバンクを組み入れていたら、アベノミクス初期にポートフォリオで一番上がったのはその2つだった。自分で選んだ銘柄ばかり持っていたら、パフォーマンスはもっと低かった可能性が高い。

竹川美奈子『あなたのお金を「見える化」しなさい! ~ビジネスパーソンのための新お金管理術』★★★★

 過去書評。タイトルのそのまま。具体的でとてもいいと思う。カップルや夫婦でやってみるにもちょうどいいのでは。

東保裕之『株式投資これだけはやってはいけない』★★★★

 もう消えているがGCN氏のツイートで知った。失敗に着目した本は良書のことが多いと思っているが、これも例に漏れない。

 基本的に初心者向け。後半テクニカルの話が多くなってくるのだけが、個人的にはちょっと残念だが、それでも十分良書。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: