トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

★★

トニー・オズ『オズの実践トレード日誌 ― 全米ナンバーワンデイトレーダーの記録公開』★★

 2000年の本……ということはITバブル崩壊前のアメリカの話。具体的ではあるが、今私が読んで役に立つとは思えなかった。

 デイトレーダーで読んで大いに役立つという条件の人がいる可能性は否定しないが。

西野精治『スタンフォード式 最高の睡眠』★★

 悪くはないと思うけど、既知の睡眠関係本を越えて有益と思った部分はあんまりない。

 内容には関係ないが、タイトルと装丁はちょっと前に流行った(?)シリコンバレー式食事本の便乗?

クラウス・シュワブ『第四次産業革命--ダボス会議が予測する未来』★★

 ちょっと浅い。これまでこういうのにあまり興味がなかった人にはいいかも。

藤原和博『35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画』★★

 特別どこがダメってわけではないが、なんかありがちで印象薄い。

富田公彦『なぜ専門家の為替予想は外れるのか』★★

 これも特におかしなことは言ってないと思うが、常識の範囲内のような気が。

『アイデンティティ経済学』★★

 ジョージ・A・アカロフ著、レイチェル・E・クラントン著。おかしなことは言ってないと思うが、既存の知見を適当にまとめて名前をつけただけにしか見えん。

牧田幸裕『すべての「学び」の前に鍛えるべきは、「教わる力」である。』★★

 これもなんか良さそうなタイトルの割にいまいち。

ジョン・シー・マクスウェル『失敗しないとわかっていたら、どんなことをしてみたい?』★★

 タイトルに期待したけど、ありがちな自己啓発書以上の物ではない感じ。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: