トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

★★

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』★★

 過去書評。最近高須克弥がらみでよく見るサイバラ。

 お金の話というけど、投資家として参考になるような部分は正直あまりない。

 個人的にはそんなに好きではないが、漫画として面白いことは間違いない。

水澤潤『花のタネは真夏に播くな ~日本一の大投資家・竹田和平が語る旦那的投資哲学~』★★

 過去書評。最近訃報があった竹田和平の本。何冊か見たことあるが、どれもいかにもアレげで、多少とも面白かったのはこの一冊だけ。

湯浦克彦『インターネット財務情報システム―XML技術とXBRLデータ標準を用いた』★★

 過去書評。昔XBRLについて何冊かあさったものの中で、一番ましだったのがこれ。

 しかし、それでも技術的にはほとんど何の役にも立たず、試行錯誤でやるしかなかった。

週刊新潮別冊『昭和とバブルの影法師』★★

 TLで評判だったので読んだ。自分の年代だと、バブルの実感というのは全くないのだが、ちょっと面白かった。

 他の人も言ってるけど、やっぱりここまでのアベノミクス程度ではバブルでもなんでもないわ。

シブサワ・コウ『シブサワ・コウ 0から1を創造する力』★★

 この記事が印象に残っていたので借りた。つまらなくはないが、Web以上のものは特になかったかも。三国志や信長の野望シリーズはいくつかやったことがあり、結構好きなのだが。

 光栄ゲーファンか、3635 コーエーテクモホールディングス投資を考えているのなら読んだ方がいいと思う。

ナシーム・ニコラス・タレブ『反脆弱性――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』★★

 この人の本いつもそうなんだけど、なんかいまいち。言ってることに意義がないとは思わないのだが、無意味に長すぎ。目次だけで内容が大体脳内再現できる。

 第一「反脆弱性」(Antifragile)ってわざわざ造語してるけど、どう見ても「ロバストネス」(Robustness)で十分だよなあ。当然本人はそれ以上の意味を持たせていると主張するんだろうだけど。

 何らかの意味で「優れた本」ではあるのだろうけど、簡単なことを難しそうに言って、人を賢くなったような気にさせるのに優れているのではないかと疑う。

『日経マネー 2017年 9月号』★★

 亀吉師匠が言及してたので久々にポチった。確かに、最初の特集、個人投資家24人の17年後半戦略のあたりがちょっとだけ面白かった。

トニー・オズ『オズの実践トレード日誌 ― 全米ナンバーワンデイトレーダーの記録公開』★★

 2000年の本……ということはITバブル崩壊前のアメリカの話。具体的ではあるが、今私が読んで役に立つとは思えなかった。

 デイトレーダーで読んで大いに役立つという条件の人がいる可能性は否定しないが。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: