トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

★★

橘玲『得する生活―お金持ちになる人の考え方』★★

 過去書評。一般常識レベルだが、クレジットカードとかマイレージサービスの仕組みとかは、まだ知らなければ有益かも。

チャールズ・R・モリス『なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか―信用バブルという怪物』★★

 過去書評。サブプライムショックを事前に警告していたというので有名だが、今からならざっとでいいかと。

山崎元『ファンドマネジメント―マーケットの本質と運用の実際』★★

 過去書評。個人向けの投資本で有名な方だが、これはプロのファンドマネージャー向けの話がほとんど。

 そういう視点もあるか、という意味で面白い箇所もあるが、個人投資家向けではないかも。

エレーヌ・フォックス『脳科学は人格を変えられるか?』★★

 過去書評。生まれつきポジティブシンキングの人とネガティブシンキングの人に関する話。作中ではサニーブレイン・レイニーブレイン(晴れ脳・雨降り脳)と呼ばれている。

 基本的に科学啓蒙書で投資に直接役立つわけではないが、いつかの

 のように、ポジティブシンキングは投資にも重要だと思われるし、自分がどちらに当てはまるか? そうだとしたら、意識してどうするべきか? を考えるのは、損にはならないと思う。

 ちなみに自分は、生まれつきにはたぶん普通の範囲。意識してややポジティブに傾けるようにしているが、望ましいポジティブ度合いには、まだやや不足、ぐらいだと思う。

原田泰『日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学』★★

 過去書評。よくある俗説に疑いを持つという意味では良い本だと思う。ただし、それに対抗して著者が述べる独自の見解にも、しばしば疑問がある。まあ懐疑精神を養う意味でおすすめ。

坂本慎太郎『朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術』★★

 Bコミ(@bucomi)さんの本らしい。自伝部分やメンタルの記述はちょっと面白かった。

 手法としては、私の条件なら全く問題外なので評価不能。プロのディーラーか、少なくとも専業でないと、試すのすら難しいと思う。

別冊宝島編集部『億飛んじゃった! 株のしくじり先生 天国と地獄』★★

 バリューKのコードネームで知られるあの人が載ってるのを、亀吉師匠経由で知って、ちょっと興味が沸いて借りてみた。

 前作とはちょっと違ったタイプの失敗も集められてはいるが、そこまでは印象に残らず。

 今回初めて思ったわけではないが、真の大失敗というのは、前提条件・環境そのものが変わったのに気づかず、これまでの延長線上で物事が進むという前提に固執することから来る、というパターンが見て取れそう。

ピーター・T・リーソン『海賊の経済学 ―見えざるフックの秘密』★★

 過去書評。投資の参考にはならないかもしれないけど、ちょっと面白い。経済学的思考を使ったお遊びというか。言うなれば『ヤバい経済学』に近い。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: