トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

『2020年 世界経済の勝者と敗者』★

 ポール・クルーグマン著、浜田宏一著。内容が特にひどいとは思わんけど、今更感あり。

前田康二郎『職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち』★

 なーんかもっともらしい話が並んでいるのだが、全然ピンとこなかった。私の環境が恵まれているだけか?

守屋洋『世界最高の処世術 菜根譚』★

 失敗した。『菜根譚』自体にちょっとだけ興味があったのだが、著者自身の年寄り臭い主張が強くて耐えられん。

梶山三郎『トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業』★

 うーん、見る人が見れば面白いのかもしれんが、全く興味が持てない。

 少し過去ログを見直して気づいたが、経済小説で面白いと思ったことが全くないなあ。これほど高評価のものでもだめか。

『稼ぐ人の株投資 億超えの方程式10』★

 自分にとって役に立ったと思う割合では、シリーズ中でも下位だったのだが、なんと自分が載ってた!

 犬次郎(@kabuinujiro)氏の個人投資家業界地図の一部として、2mm四方ぐらいの大きさだけど!(笑)

アナ・クーリング『出来高・価格分析の完全ガイド ――100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす』★

 「出来高(も)見ろ」の一言で済みそうな内容。

中澤知寛『ハーバード・ビジネス・スクールの投資の授業』★

 普通の投資初心者向け本以上のものではない。HBS云々は全て無意味なお飾り。

櫻井豊『人工知能が金融を支配する日』★

 他の本の引き写しばっかりで内容薄い。以下に挙げたような本でも読んだ方がいい。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: