トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

書評

『モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方』★★

 神成美輝著、百枝義雄監修。モンテッソーリ教育自体の評価ではない。

 子供自身が本能的生得的に知っている発達段階ってもんがあるから、親がやらせたいこと・やらせたくないことを強制することにそれほど理も利もなく、できるだけ好きにさせた方がよい。

 ……ということだと捉えれば、それほど的は外してないとは思うが。

天田浩平『農業大卒の僕が29歳で年間170戸のマンションを売って日本一の営業マンになった秘密の方法』★★

 営業系のビジネス本・自己啓発書として純粋に見れば、水準以上だとは思う。

 ……売ってるものが投資用ワンルームマンションであることを思い出さなければ、だが。

 某内藤忍がヨイショしてるっぽいのも大きな懸念材料。要注意。

中島真志『アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』★★

 特別ダメなところがあるわけじゃないけど、特別いいところも思いつかない。

 あえて言うなら著者自身が詳しそうな国際送金と、それに絡んだリップルの説明ぐらいか。

『知ってるつもり――無知の科学』★★★★

 スティーブン・スローマン著、フィリップ・ファーンバック著。ああはいはい、最近よくあるやつね……みたいな感じと思いきや、非常に良かった。

 確かによくある部分も多いが「知とはそもそも集団的なものだ」という観点で一本筋を通しており、啓蒙としても実践としてもためになる部分が多いと思う。

チャールズ・ウィーラン『MONEY もう一度学ぶお金のしくみ』★★★★★

 信用と貨幣・中央銀行・インフレとデフレ・バブルと破裂・不況と好況、といった事柄に関する、素晴らしい啓蒙書。

 多少のオヤジギャグ(?)以外に奇をてらったところはなく、内容は標準的。すでに十分知っているという人以外には是非おすすめ。

 ITには詳しくないのか、ビットコインについてはいくつか間違ったことを言っているが、大きなものは訳者の山形浩生が中で指摘しているので特に問題はない。

『境界性パーソナリティ障害=BPD 第2版』★★★

 ランディ・クリーガー著、ポール・メイソン著。

 興味深い。たとえ周囲に実際に障害に該当する人間はいなくても、人間関係一般の参考として役立つかも。

 TLにも一読をすすめたくなる方が数名。(ジュ○ザさんとか……)

『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略』★★★

 リンダ・グラットン著、アンドリュー・スコット著。有名だけど今更読んだ。寿命が延びたことから色々変わらなければ、という話。Amazonの目次で見られる内容でほぼ事足りる気もするが。

ミッチェル・レズニック『ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの原則』★★

 最近よく聞くScratch開発者の本だというから借りた。思想としては価値はあると思うが、この本自体が面白いわけではない。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: