トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

倹約・節約・貯蓄

Kindle Unlimitedを解約しました

 2016年8月に始まってすぐから続けていたキンドルアンリミテッドを解約しました。

 自分の衝突断面積を増やす意味でも有益だとは思うのですが、その役割は後から入ったdマガジンと重複してしまいました。

 すでに一通りめぼしい物は見て、本当にいい本は買ってしまいましたし、それほどの頻度でなければ、これまで通りの図書館へのリクエストで事足ります。

 また状況が変われば入り直す可能性はありますが、いったん解約としました。

 自分がやめておいて言うのもなんですが、キンリミの投資本の充実ぶりは異常です。かなりの数の良書が対象になっています。もし2012年頃の自分のように、本格的に勉強を始めたばかりで大量に投資本を読みたい、というニーズがあれば、入るのも手だと思います。

やっぱり新聞は不要でした

 新聞をやめてから2週間以上経ちますが、まったく不便を感じません。むしろ、毎日郵便受けを開けたり、捨てたりしなくて済むようになって快適です。

 どうしても読みたい記事あれば会社で読むことはできますし、なんでこんなのに毎月4000円も払って平気でいられたのか、まったく理解できません。

「結婚して子供ができる前に種銭集めとけ!」


 「子供は負債?」に誰もが納得する答えはなくても、一般論としてこれを否定できる人はあまりいないと思われる。

 私の場合、働き始めるのが遅く、給与水準は常識的に見て低くはない、という条件だったので、種銭作りは最初からかなり意識していた。

 とはいえ、元から金を使うタイプでもなかったため、特別意識したのは家賃ぐらいか。最初の数年は実家から通い、その後も家賃補助の出る範囲に住むようにした。

 そうして「普通」(「コンテンツとしての価値はまったくない」ぐらいの意味)の下限ぐらいの倹約生活を送り、結婚までの期間は平均月20万から30万ぐらい貯蓄(≒入金)していた計算になる。最初の頃は家計簿と総資産のデータが今の形式では完備していないが、だいたいあってるはず。

 手取りに対しての比率は50%も上回っていた。今では当然そのような貯蓄率は夢のまた夢だ。

dマガジンの31日間無料体験を始めた


 RSSリーダーに登録しているアーリーリタイアブログと、あかんやつマンさんのツイートで続けて見たので少し気になっていた。

 第一感としてはなかなかいいのではないか。株雑誌とか買うのはばかばかしいというものでも読み放題なら読んでみるかと思うこともありそうだし。400円/月なら、日経新聞の1/10程度だ。

日経新聞やめました

 取り始めてから約二年半。何度か検討しながら挫折していましたが、今回ついに決断しました。年内いっぱいで日経新聞やめます。約4千円/月の固定費削減です。

 読んでいたおかげで投資の役に立ったと思うことが一度もなく、家族に切り抜きを見てもらう、ということも少なくなり、朝読む時間はなくて、お昼休みに読んだと思ったらネットでもう見たというようなことばかり。

 結局読まずに2, 3日分たまっていることもざら……となると、もういいでしょう。やめてみて何か支障が出たら、また考えましょう。

家族の携帯も格安スマホにした

 自分が楽天モバイルの格安スマホにして全く問題がなかったので、家族の携帯も同じやつにしてしまった。プランも同じ。しかも、3/26からのセールで端末代と手数料が半額だった。

 違約金および残っていたiPhone端末代をソフトバンクに払うことになったが、一年も経たずに十分元は取れる計算。

 移転作業の途中で、LINEモバイル云々のニュースも飛び込んできたけど、LINEだってそんなに使っているわけではないし、まあいいや。

 なんだかんだ言われる楽天だけど、自分は、こういう泥臭い仕事に関しては信用しているのだよねえ。

 設定時に、一点だけハマりポイントがあった。説明書に指定されたAPN名が"rmobile.co"だったのだが、端末に

「楽天モバイルB(LTE/3G)」

 の名前で初期設定されていたAPN名は"rmobile.jp"のままで、そのままではデータ通信が動かなかった。

 前回頼んだ時は初期設定のままでつながったので、盲点だった。ひとつ間違ってもう少し思い込みが激しかったら、そのまま途方に暮れた可能性がある。注意喚起。

格安スマホを導入しました

 目下最も目立つ家計の穴をふさぐべく、ソフトバンクのiPhoneから楽天モバイルの格安スマホに変更しました。

 3.1GBプランで月1600円。端末はZenFone 2 Laserで2万円台前半(ポイントで実質2万を切る)。実際に数日使ってみましたが、全く問題ありません。

 これまで通話もテザリングもほとんどしないのに漫然とソフトバンクに入っており、月7000〜8000円も払っていたので、大幅な固定費削減になります。もう少し早くやっておきべきでした。

年会費のかかるクレジットカードを退会しました

 タイトルまんまですが、4年ほど前に加入した、年会費のかかるクレジットカードをついに退会しました。

 結婚を考え始めたあたりで加入したのですが、特典も思ったほど利用しないし、ちょっとした見栄のために無駄に年会費を払っただけに終わりました。

 引っ越しを契機にいろいろ登録を切り替えていって、先月請求がゼロになったのを確認して、やっと解約しました。半年ぐらいかかりました。

 実感した教訓は、

  • 固定費を増やすのは簡単で、減らすのは難しい

 ということですね。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: