トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

パフォーマンス

2017年6月成績+14.3%(年初来+25.3%)

2017_0630pf

2017年6月成績と総評

総資産 前月比 年初来
100,308,699円 +14.3% +25.3%

 市場にハゲの輝く瞬間……だっけ?(絶対違)

6月ハイライト

4235 第一化成急上昇

 先月「この2銘柄がまた本格的に上昇し始めるまで先は長そうだ。」と書いたばかりだが、予想大外れ。四季報夏号の予想数字が良いというのを、おそらくは直接の材料として、急速な上げ基調。

 夏号では(誌面には載ってないものの四季報プレミアムのデータ更新により)五味大輔氏が(3月時点で)大株主11位になっている、というサプライズでイナゴ買いも集まって、一時2900越えまである。

 イナゴ分はすぐ丸々ハゲたし、月末までにかなり戻してしまったものの、元から持ってた長期現物分(保有継続)と、史上最高値ブレイクで追撃した短期信用分(利確済)が両方寄与して、かなりの利益。単月割合で+10%越えなんてモンストの時(2014年5-7月)以来のはず。

プロジェクトなまはげ

 22日の第一化成株主総会にも行って亀吉師匠と初顔合わせ。株オフと言えるものはこの日以来人生2度目か。ちなみに無粋ながら暗号名の由来は、ハゲポートフォリオ銘柄の株主総会≒ライブ(生)で(ハゲた)社長を見られる機会、であることから。

6200 インソース停滞

 2度目の立会外分売で、今度は100株だけ当たった、正直ウェイト的にほとんど意味はないが、これで実際の仕組みを経験して理解した。いろいろIR出しているものの株価は停滞中。そろそろあるはずの昇格で上がるのか、それとも織り込みすぎで一度出尽くしとなるのか。どっちだ?

2678 アスクルショートでヒヤリハット

 16日頃Amazon Business(アマゾンビジネス)が日本上陸するとかのニュース。今年はショートを普通にできるようになると言っといて一度もやってないのを思い出して売る。2日後ぐらいになんとなく超微益で閉じる。20日に業績修正とレーティングとかで急上昇。危なかった。

2121 ミクシィショート

 でも懲りずに、ミクシィをショートしてみる。ファイトリーグも大コケ確定っぽいのに、テンセントモンスト期待がまだあった頃より高いって、なんぼ地合がよくてもおかしいやろ。ショートはまだよちよち歩きの自覚はあるので、そんなにウェイトはかけてない。

その他

 日経2万円・7312 タカタ倒産・3284 フージャースもといフージャーさん復活即引退・まつうらじゅん氏の消息発見・優待クロス急遽実行、となんだかんだで色々あった気がする。濃い一ヶ月だった。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 第一化成
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. 2121 ミクシィ(ショート)

2017年5月成績+2.1%(年初来+9.6%)

2017_0531pf

2017年5月成績と総評

総資産 前月比 年初来
87,771,211円 +2.1% +9.6%

 言うなればランコルハゲ。

5月ハイライト

ハゲ銘柄への期待ハゲ?

 4235 第一化成と6200 インソースの決算発表が同じ5/12。その数日前の時点で総資産YHまで行ったのに、両銘柄とも決算前後で大きく下げて、一時前月比マイナスまで行く、それからまた少し盛り返して今に至るものの、この2銘柄がまた本格的に上昇し始めるまで先は長そうだ。

 インソースは再び立会外分売を発表。第一化成は10月にウルトラファブリックスホールディングスへの社名変更を発表。

4686 ジャストシステム

 ベネッセが微妙に持ち直しているとの話もあって、5/12の決算前に一端利確したら、その後急上昇。この銘柄は株も製品も長年のファンなのに、いつもタイミングが合わないなあ。

アマゾン1000ドル到達

 AMZN アマゾンドットコムだけは地道に上げ続け一時1000ドルをつけた。ベゾスが世界一の富豪になる日も近い。Echo日本版の発売はまだか。絶対買う。

暗号通貨バブル?

 少し前の記事の通り急上昇したあと乱高下したようだ。昔買っとけばよかったとは思うし、今からでもまだ伸び代はあるかもしれないが、自分は今のところ、ここから参入する意志はない。その労力があれば、先物・オプションによる株の下げに対するヘッジの勉強に回したい。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 4235 第一化成
  2. 6200 インソース
  3. AMZN アマゾンドットコム

2017年4月成績-2.7%(年初来+7.4%)

2017_0428pf

2017年4月成績と総評

総資産 前月比 年初来
85,980,719円 -2.7% +7.4%

 ハゲてりゃいいってもんじゃないか……(当然)。

4月ハイライト

海外旅行で散財&北朝鮮危機

 海外旅行に行って、おまけに高価な物を買って、おそらく引っ越し関連以来のインパクトある消費。しかも、海外で何もできない期間を狙いすましたかのように北朝鮮危機。地政学的リスク云々の下げを丸々食らって、旅行代の数倍にもなる。

6200 インソース

 「流石にこのまま一本調子に上昇していくことはなさそう」と言っていたインソースも、案の定というか分売価格ちょっと上あたりまで調整。つなぎ売りは肝心なときに限ってできてないという悲劇。

4235 第一化成

 代わりに(?)第一化成がちょっと頑張って回復してきた。HPもリニューアル。

AMZN好決算(?)

 今月の成績には反映されてないが、時間外取引では上がってるらしい。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. 4686 ジャストシステム

2017年3月成績+5.1%(年初来+10.4%)

2017_0331pf

2017年3月成績と総評

総資産 前月比 年初来
88,362,026円 +5.1% +10.4%

 やっぱりハゲPFは正義。

3月ハイライト

6200 インソース無双

 とにかく理不尽に強かった。わずかなつなぎ売りだけでも結構損した。流石にこのまま一本調子に上昇していくことはなさそうな水準になりつつあるが、加熱したらどこまで行くかわからんし、短中期の下げにはつなぎ売りで対応していく方針。今の現物はテンバガーまで握る。

4235 第一化成

 第一化成も先月よりはやや上昇。現物保有継続しつつ、タイミングを見て信用で少し買い増しした。近いうちにウルトラファブリクスホールディングスになるのか? どれだかわからんような地味な社名から急にキラキラネームになりそう。

AMZN アマゾンドットコム

 アマゾン様も史上最高値を更新中。くどいけどベゾスはいずれ世界一位の富豪になると思う。ちょっと顔コワイけど。

6175 ネットマーケティング初値売り

 超久しぶりのIPO当選。初値売りで約4万円の儲け。地味にありがたい。

優待クロス

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム
  4. 4686 ジャストシステム

2017年2月成績-3.6%(年初来+5.0%)

2017_0228pf

2017年2月成績と総評

総資産 前月比 年初来
84,076,895円 -3.6% +5.0%

 ほらやっぱりフラグだった。(単月マイナス額で2016年1月を抜いて記録更新。)

2月ハイライト

6200 インソース

 1月末をピークにいったん落ち込んでたが、優待新設をきっかけにV字回復して新高値を取ってきた。生涯貢献度がアークランドサービスをわずかに上回り2位浮上。運良く優待新設の前に買い戻していたデイトレ枠も現引きして、短期の動きはつなぎ売りで対応する方針に変更。

4235 第一化成

 基本的にずっと下げ続け、連続ストップ高後の寄り付き近辺まで来た。下がれば買い上がれば売る人と上がれば買い下がれば売る人。Yahoo掲示板しか見てない人とYahoo掲示板すら見てない人。いろんな人がいて相場が成り立ってるんだなあ、ということを改めて体感。

AMZN アマゾンドットコム

 買い増し後も順調で、850ドル近くまで来ている。AWSのみならずEcho(Alexa)でも天下を取りつつあるのだから、ブランド価値と時価総額でアップルを上回り、世界一になるのは、あるかないかではなく時間の問題だと思うのだが。

優待クロス

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム

2017年1月成績+9.0%(年初来+9.0%)

201701pf

2017年1月成績と総評

総資産 前月比 年初来
87,227,478円 +9.0% +9.0%

 パクってすまーん!!(パクリだけでもないから許して!)

1月ハイライト

インソースと第一化成

 PF1位と2位。どちらもかなりの利益をもたらした。詳細はこちら。

PG売却してAMZN買い増し

 よく覚えてないぐらい大昔、記録では2010年に買ったPG プロクター・アンド・ギャンブル。同じころに買ったAMZN アマゾンドットコム様とのパフォーマンスの絶大な格差に打ちのめされ売ることにした。

 まだそんな歳でもないのに保守的過ぎたな。当時していた勉強がどんなだったかうかがえる選択。

機会損失も大きい

 ガチムチの方のパクリで注目だけしてた4334 ユークスは結局一文にもならず。kirito先生のパクリでダビマスをチュートリアルまでプレイしたりしていた3793 ドリコムも、実質何も取れなかった。

半億り人

 税引き・手数料引き後の生涯損益が、5千万に到達した。厳しめの意味での半億り人達成か。フラグっぽいが……。

優待クロス見送り

 労力と利益の兼ね合いを考えて、今年は2,3,9,12月のみに絞って、あとは忘れることにした。

主要ポジション(ウェイト順)

  1. 6200 インソース
  2. 4235 第一化成
  3. AMZN アマゾンドットコム

2016年成績+4.5%(ベンチマーク-1.9%)

2016pf

 今年の簡単な振り返りとしては、やや気が抜けていた。優待クロスやIPO応募以外、ほとんど目立った取引はしていなかった。

 前半で目立つのは、2193 クックパッドで約250万もやられ、生涯損害度トップに躍り出たということ。これだけが今年唯一の大損害。

 それを除けば、防御力を意識的に高めていたこともあり、ブレグジットショックやトランプショックでも特別記憶に残るような損失は受けなかった。

 トランプショック後に気合いを入れ直し、9766 コナミや6200 インソースでやや儲ける。特にインソースは11月,12月だけで約210万も稼いで生涯貢献度3位に登場。

 継続保有部分ではAMZN アマゾンの頑張りと、三倍優待口座の回復のみ。

 満足とは言えない成績だが、ベンチマークには一応勝っている。アクティブに動かしているのは総資産の半分以下、さらにキャッシュポジションも、ほぼ常に半分以上の状態が続いていたにしては、それほど悪くないのではないか。

 本業は好調。子供誕生や引っ越しがあった2014,2015年とは違い、消費もやや落ち着きを見せた。

説明

  • ベンチマークにはTOPIXを採用。外国株も持ってはいますが、生活も投資も今のところ日本メインなのでいいでしょう。
  • 開始は自分が投資を始めた2008年からとしています。2008年・2009年は記録が不備で、正確な数字では出せませんが、投資のみではマイナス、入金含めてややプラスのはずです。
  • 総資産とは、本業収入・消費・住宅評価価値・住宅ローン等まで全て含めた家庭純資産です。

2016年12月成績+3.5%(年初来+4.6%)

2016_1230pf

2016年12月成績と総評

総資産 前月比 年初来
80,058,919円 +3.5% +4.6%

 なんとかまともなプラス圏で着地。

12月ハイライト

6200 インソース

 先月に引き続き長期目線で保有しつつ、デイトレ的にもいじるスタイル。短期的にも結構うまくいき、ミクシィ、アークランドサービスに次ぐ生涯貢献度3位に浮上。来年も注目。

9766 コナミホールディングス

 で諦めかけてきたとか自分で書いたところが目先の底で、やっと本格的に動き出した感じ。最初に言い始めたのは4,5月頃だったから、ちょっと早すぎたのか。指標的にはすでに高いが、遊戯王他アプリ好調で、売り長も変わらず。これも引き続き注目。

優待クロス実施

 詳細は個別記事で。その後6789 ローランドだけ追加した。相変わらず競争が厳しい。労力に見合うかどうか微妙な気がしてきた。来年以降どう扱おうか? 最初から3,9,12月だけにしぼって他は忘れるのが一案かな。

4334 ユークス

 ガチムチ兄貴アイコンの方の影響で見始めた。ぱっと見、思ったより財務的にまともな感じ。なんかARアイドルのライブ(?)が材料らしい。

 こういう(たぶん)業績の伴わないものも取れるようになれば、大きく可能性が広がるのだが、インソースのボラでさえ気が休まらない感じなのに、果たして自分にできるのか。これも来年の課題か。

主要ポジション

  • 6200 インソース
  • 9766 コナミホールディングス
  • AMZN アマゾンドットコム
  • PG プロクター&ギャンブル
30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: