トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

目標・計画・記録

2017年3月の優待クロス実施

 去年逃した株式新聞Web版を取ってみた。そんなに見ないかもしれんがまあ一度は試してみよう。

本人口座

コード 銘柄名 株数 優待内容 価値 備考
4765 モーニングスター 1000 株式新聞ウェブ版 ??? 制度
8136 サンリオ 100 ピューロランド優待券他 10000 制度
9202 ANA 4000 優待券 16000
4661 オリエンタルランド 100 1デーパスポート 7000
7164 全国保証 100 QUOカード 5000
3099 三越伊勢丹 300 割引カード 5000
8697 日本取引所グループ 100 QUOカード 3000
8425 興銀リース 100 図書カード 3000
8153 モスフードサービス 1000 優待券 10000
2692 伊藤忠食品 100 カタログギフト 3000
8424 芙蓉総合リース 100 図書カード 3000
2594 キーコーヒー 300 コーヒー 3000
7456 松田産業 100 QUOカード 2000

家族口座

コード 銘柄名 株数 優待内容 価値 備考
8136 サンリオ 100 ピューロランド優待券他 10000 制度
9202 ANA 4000 優待券 16000
4661 オリエンタルランド 100 1デーパスポート 7000
7164 全国保証 100 QUOカード 5000
8697 日本取引所グループ 100 QUOカード 3000
8425 興銀リース 100 図書カード 3000
2692 伊藤忠食品 100 カタログギフト 3000
8424 芙蓉総合リース 100 図書カード 3000
2594 キーコーヒー 300 コーヒー 3000

(全てSBI。価値は概算。)

ハゲポートフォリオは正義か?



 まあヒマネタなのだが、あながちネタだけではない可能性に興味があってメモっておく。

 で載せたように、6200 インソースの舟橋孝之もスキンヘッド。AMZN アマゾンドットコムのジェフ・ベゾスも周知のごとくスキンヘッド。さらに4235 第一化成の中野淳文氏もスキンヘッド。

 経済的サイコパス傾向(人情やしがらみを軽視し合理性を優先する度合いが強いという程度の意味)と、スキンヘッドで生活することを選ぶことには、少なくとも相関がありそうな気がする。

 ちなみに私は、両方の祖父ともに80台後半で亡くなるまでハゲてなかったし、父もそれなりの歳だがフサフサなので、多分ハゲられない。残念!!

2017年2月の優待クロス実施

 比較的キャッシュポジが少ないので、ちょっと控えめ。

本人口座

コード 銘柄名 株数 優待内容 価値 備考
3087 ドトール 500 ポイントカード 5000
8905 イオンモール 1000 イオンギフトカード 10000
2918 わらべや日洋 1000 QUOカード 5000
9948 アークス 1000 ギフトカード 4000

家族口座

コード 銘柄名 株数 優待内容 価値 備考
3087 ドトール 500 ポイントカード 5000
8905 イオンモール 1000 イオンギフトカード 10000

ライシャルフリー実現!

 結局、去年2016年は一度も現金で米を購入しなかった。

  • ふるさと納税のお米
  • 優待のお米
  • 優待のお米券

 だけで済んだ。今年も同じ雰囲気だ。ファイナンシャルフリーにはまだほど遠いが、ライシャルフリーの達成だ! だからなんだという話であるが。

ショートを普通にできるようになる

 今年の目標のひとつとして、ショートを普通にできるようになります。

 「普通にやる」というのは儲かると判断したら特別な意識なしにやるというだけであって、必ずしも頻繁にするということではありません。ロングに対する比率はかなり低いままになると思います。

 個人投資家にショートは不要と思ってきましたが、今年だけでも、

  • 排ガス不正時の三菱自動車
  • 初動対応のまずさが見えてきた頃のPCデポ
  • マリオラン発表直前・直後の任天堂

 のように、ショートに対してオープンマインドでいればもっと利益を出せたという場面に何度か遭遇しましたし、ショートしてはならない条件もだいたいわかってきました。そろそろ考えを変えるべきかと思います。

 守るべきことは、基本的に順張りのショートしかしないこと。よく言われていることですが、株には、下がる方はゼロという限度があるのに対して、上がる方には自明な限界はありません。

 そして、どんなにダメな企業・材料だという確信があっても、IR一発でどうとでも動いてしまうような新興・小型のショートはしないということ。

 どんなIRを出すか出さないか、それを信じるか信じないかも、決めるのは他人です。どんなに安全だと思っても、他人がスイッチを握っているギロチンには首を入れないということです。

家庭のバランスシート2017年版

2017bs

 毎年正月の習慣として、家庭のバランスシートを更新します。

 会社型401kが始まって積み立て額が増えたため、同じ目的を持つセゾン投信のグローバルバランスファンドを止めました。

 去年からすでに無視していた「クレジットカード他」(短期債務)の項目は消しました。

 この表には反映していませんが、生活防衛資金の一部を証券口座に入れて、優待クロス用資金として利用できるようにしています。

 家庭純資産は400万程度のプラスとなっています。興味深いことに(?)去年も同じく400万程度のプラスでした。単なる偶然でしょうが。

説明

  • 「大雑把に正しい方がいい」原則に基づき、項目ごとに適当に切り捨てたり四捨五入したりしています。妻分の手元現金等もきっちり把握してはいません。
  • クレジットカード等の短期債務は、特別多額になっているような場合でなければ無視しています。
  • 株式口座内のキャッシュポジションは株式に含めています。

2016年12月の優待クロス実施

本人口座

コード 銘柄名 株数 優待内容 価値 備考
3197 すかいらーく 500 食事券 6000
4578 大塚ホールディングス 100 食品 3000
4826 CIJ 1000 QUOカード 2000
4967 小林製薬 100 健康食品等 5000
9830 トラスコ中山 100 カタログ商品 5000
2702 マクドナルド 500 優待券 15000
2914 日本たばこ産業 200 自社商品 2000
3003 ヒューリック 300 カタログギフト 3000

家族口座

コード 銘柄名 株数 優待内容 価値 備考
3003 ヒューリック 300 カタログギフト 3000
4967 小林製薬 100 健康食品等 5000
3197 すかいらーく 500 食事券 6000

 (基本的に全てSBIの一般信用。価値は概算。三倍優待口座の継続保有による優待はここに含まず。)

 時間ぴったりに待機していたが、クオカード系およびアークランドサービス・ブロンコビリー・物語コーポレーション等の額面の大きな外食系はまったく取れず。

 今回で初めて気づいたのは、売りの方を現渡しで終えるのではなく、強制決済されても良ければ、一日早く確保してもいいのだということ。

 次からは、航空券割引とか、12月の外食とか、価値の大きいものはそちらを選択する手もあるか。

怠惰怠惰怠惰!

 といっても別に某アニメの話ではなくてですね、私ね、ブレグジットの時にですね、確かに

  • 大統領選でも似たようなことになる可能性はあるからプット買う練習ぐらいはしておこう

 と確かに決心した覚えがあるのですよ。それなのにですね。子猫ゲートの時ぐらいに「こりゃもうヒラリー安定みたいだからまた今度でいいか」とか思っちゃったんですよもう私のバカ。

 一応オプション口座だけは開いてあったんですが、なにしろオプションなんて誤発注でもしたら一撃破産だってなくはない。ぶっちゃけぶっつけ本番でやる勇気はありませんでしたよもう。

 あー、ほんとにもう。今年は

  • ブロックチェーンのさくらインターネット(は去年か?)
  • 排ガス不正の三菱自動車
  • ポケモンGOの任天堂
  • トランプショック

 と、少し前に流行った表現で言うと「機会損失で破産しそう」ですよほんまにもう。もちろん全部自分が悪いんですけど。

 去年と今年は気持ちが守りに入りすぎてたかもしれませんねえ。それが最初からの計画ではあったにせよ。もうちょっと気合いを入れ直したいと思います。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: