トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

チャールズ・エリス『敗者のゲーム なぜ資産運用に勝てないのか』★★★★

 過去書評。簡単に言えば「短期的な売買はマイナスサムだからインデックス投資すべき」という本。

 その通りに従うかは別問題として、「敗者のゲーム」という概念はとても重要なので、憶えておいた方がいい。

 技量がハイレベルで拮抗したプロ同士の勝負で、ミスは起きず、素晴らしいプレイをした側が勝つのが瀟洒勝者のゲーム。未熟なアマチュア同士の勝負で、凡ミスをした側が負けるのが敗者のゲーム。

 インデックス投資以外でも、自分が敗者のゲームで敗者の側にならないように意識するだけで、随分違うはずだ。

佐々木融『弱い日本の強い円』★★★★

 過去書評。アベノミクス前の本なので円高がタイトルになってしまっているが、現在でも為替についての一般的知識として有益と思う。

英『エコノミスト』編集部『2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する』★★

 過去書評。悪くはないけど、未来予測のなんたるかを多少なりとも知っている人は、最初から割り引いて読むこと。

 ネットでは「日本に厳しすぎ」という評が目立つが、目標年が2050年なら、こんなもんでは。

徳勝礼子『マイナス金利―ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路』★

 過去書評。導入された頃に読んだけど、ほんの上っ面だけ。タイトルも煽りっぽいし。

丸三証券の日経テレコンはPCからなら使えるかも

 あかんやつマンさんの遺言(最後に憶えてる話題なだけだが)として、楽天証券のスマホアプリiSpeedが結構いいという話があり、やってみたら確かに良かった。

 iSpeedの中に日経テレコンの部分があったが、Safariを起動してブラウザ版に飛ぶだけの機能であり、iPhone7でも操作は煩雑だわ動きももっさりだわで使う気にならない。

 丸三証券の日経テレコンが良いと言っている人がいたので、わざわざ一旦閉じた口座を再び開設までして試してみたのだが、スマホ版に関しては、楽天と全く同じ。

 無駄だったかと思ったが、PCからは使えるかもしれない。自分のPCからなら速度も視認性も十分あるし、PDFを見たい時もストレスは感じない。記事検索・企業検索・テーマ検索も使える。

marusan

 何よりマルサントレードのログインまで済ませてしまえば、あとは左上のロゴがちょっとあるだけ(それさえもその気になればjsで【自主規制】)で一見ただの日経のWebサイトである。

 楽天の場合だと、PCから見たければブラウザからでは無理で、マーケットスピードを起動しなければならないはずで、これは人によっては無視できない利点となりうるだろう。

鮎川健『テンバガーを探せ! 10倍儲かる低位株投資術』★★

 過去書評。タイトル通り、低位株(いわゆるボロ株)からのテンバガーで儲けようという手法。

 個人投資家・初心者向けかのごとく言っているが、むしろ最高クラスの難度に属する投資だと思うのだが……。

 そこそこ具体的ではあるが、なんとなく罠になりうる感も強く積極的に薦めにくい。

ポール・クルーグマン『そして日本経済が世界の希望になる』★★

 過去書評。アベノミクスに関するインタビュー本。やや薄い(物理的にも内容的にも)。

デヴィッド・バック『かしこいカップルが最後に笑う ― 2人で4倍豊かになる9ステップ』★★

 過去書評。カップル・夫婦で取り組むという珍しい(?)観点の本。単なる倹約・資産形成本と見た場合の容は普通だが、TPO次第で絶大な効果を生みうるかも。

 「ラテ・マネー」≒毎日ス○バでラテ買うような日常のちょっとした浪費、という概念は、なかなか覚えやすくていいかも。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: