トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

スティーブン・R・コヴィー『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』★★

 あまりに有名な7つの大罪習慣。流し読みだけど、まあヒットするだけのことはあるんとちゃうの? という程度。

 自己啓発の相場観ができてれば不要。できてなければ読んでみるのもあり。

インソースの大株主を調べてみた

 わけあって6200 インソースの大株主を調べた。特に断りがなければ、平成28年12月22日提出の第14期有価証券報告書と、上場時の目論見書からの情報。

大株主表(平成28年9月30日時点)

(発行済株式総数8218300)

株主 持株数(千株) 持株比率
株式会社ルプラス 3360 40.88%
舟橋孝之 979 11.91%
川端久美子 600 7.30%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 358 4.36%
MLI FOR CLIENT GENERAL NON TREATY-PB 179 2.18%
株式会社ブレイク 160 1.95%
井東昌樹 150 1.83%
大島浩之 140 1.70%
日証金信託銀行株式会社信託口8230003 140 1.70%
野村信託銀行株式会社(投信口) 103 1.25%

10位以内の大株主

1 株式会社ルプラス

 社長:舟橋孝之氏の資産管理会社。

株式会社ルプラスは、代表取締役の資産管理を目的とする会社であり、舟橋孝之及びその近親者で全株式を保有しております。

2 舟橋孝之

 代表取締役執行役員社長。

3 川端久美子

 取締役執行役員常務。

4 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

 ようわからんが信託らしい。

5 MLI FOR CLIENT GENERAL OMNI NON COLLATERAL NON TREATY-PB(常任代理人 メリルリンチ日本証券株式会社)

 これもようわからんがメリルリンチらしい。PBって何? プライベートバンク?

6 株式会社ブレイク

 監査役・公認会計士:藤本周平氏が代表取締役の会社(おそらく資産管理会社)。

7 井東昌樹

 取締役。

8 大島浩之

 取締役。

9 日証金信託銀行株式会社信託口8230003

 従業員・社長の親族(おそらく父):舟橋清光氏。

日証金信託銀行株式会社信託口8230003の所有株式数については、代表取締役の二親等以内の血族であり、従業員である舟橋清光氏が委託した信託財産であり、議決権行使に関する指図者は同氏であります。

10 野村信託銀行株式会社(投信口)

 野村ホールディングス傘下の信託銀行。

11位以下にいると思われる株主

舟橋清之 8万株

 講師・社長の親族(おそらく兄弟)。

舟橋清之氏は、代表取締役の二親等以内の血族であります。

インソース従業員持株会 68,500株

 従業員持株会。

一万株以上の株主10名 合計278,800株

 子会社ミテモ株式会社代表取締役:澤田哲也氏他、すべて取締役・執行役員・子会社の代表取締役・従業員・子会社の元役員及び元従業員など。

備考

 日本マスタートラスト・メリルリンチ・野村が全て外部者、一万株以下の株主は無視、既存の大株主が売っていない、という仮定の下で、72%程度が内部者という計算になる。

Kindleで四季報を買ってみた

 この後、単に紙のに戻るだけでは進歩がないと思ったので、今回はKindleで買ってみた。iPad Airのサイズと性能であれば視認性と速度は問題ない。

 常にiPadを持ち歩く自分には、追加の重量・スペースゼロで常に携帯・閲覧できるのは大きい。とりあえず今後も紙よりはこちらを選ぶと思う。

 ただし、単に誌面を画像化しただけであり、コピペしたりマーカーを引いたりはできない。当然、検索等の機能もない。パラパラめくって特定の銘柄まで行くのは難しい。索引ページにしおりをつけておこうと思ったが、なぜかそれもできないようだ。

加谷珪一『ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方』★★

 お金本沢山書いてる人。これは他のとちょっと違って近い将来の日本経済の先行きについて。まあ普通か。

『やり過ぎぐらいでちょうどいい! 印象に残るビジネスマナー+α』★★

 舟橋孝之著、瀬倉百合子著、インソース編集。

 6200 インソースのストーカーの一環として、社長:舟橋孝之氏が著者に入っている本を大人買いしてみた。

 マナーに関しては、タイトルに反してやり過ぎにしか見えないけど、そういう企業もまだまだあるのだろうな。自分の業界・会社はそういうのにうるさくなくてよかった、としみじみ思った。

Hagex『2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い ネットで人々をとりこにする40の手口』★★

 過去書評。最近ちょっと目に余るぐらいあからさまな釣りがTLに流れることがあったので思い出した。

 内容はタイトル通りで、私のようなネット属性の人間には当たり前のことなのだが、意外と需要はあるのかも知れないと思って紹介しておく。

2388 ウェッジホールディングス

 なんか疑惑で急落中の2388 ウェッジホールディングス。一度も触ったことないけど、興味本位で覗いてみる。

 興味があるのは、こういうことが起こる企業が、最近修復した自作ツールでどう見えるかということ。

 解散価値にも匹敵する巨額のフリーキャッシュフロー(FCF)マイナス。負であるべきアクルーアルが圧倒的プラス。これだけでも一目で躊躇する。(もちろん今は後知恵込みの状態ではあるけども。)一応ちゃんと機能していそうだ。

 2009,2010年の利益率が表示されてないのはバグか? あとでチェックしよう。

続きを読む

ウォルター・ミシェル『マシュマロ・テスト 成功する子、しない子』★★★★★

 なんかもう日常語レベルになっていて、知ってるつもりになっているマシュマロテストだが、改めて読んでみると面白い。

 教育の話としても、自制能力全般の話としても、投資の話としても(?)非常に有用。おすすめ。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: