トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

家を買った理由 投資メンタル編

ミクシィ投資の勝ち逃げを確実にしたい

 人生最初(最初で最後にならないといいが)の大勝であるため、あまり自分が信用できません。

 ハウスマネー効果で大損してしまうリスクを軽減するには、ミクシィで儲かった分に相当する額を、投資口座から離しておくのが確実かと思いました。300万円を3倍優待口座に移したのも同じ狙いです。

 家にしてしまえば、たとえ一時的にどんなありえない精神状態になったとしても勝手に売ることはできませんから、その点では安心です。(これがほんとのハウスマネーなんつって。)

 もっとも、幸運だろうがなんだろうが初の大勝利なのに投資資金が増えないのも励みにならないので、1/3は投資口座に残してありますが。

次の下げ相場での大ダメージの可能性を減らしたい

 まず現在の利益が如何に途方もないものか確認したいと思います。現在の税引き後生涯損益は約4200万円です。(正確にはちょっと届いてませんが概算です。)

 これは毎月10万円の貯蓄で貯めようとすれば35年かかる計算になります。(4200 / 10 / 12 = 35)今から35年後には70歳です。将来少し延長されていても引退年齢に近いでしょう。

 要するに、そろそろ通常の労働による貯蓄だけでは達成し得ない領域になってきているわけです。

 逆に考えれば、次の下げ相場でこれをパーにすると、労働からの入金によるリカバリーは不可能ということです。メンタルにも個人投資家として再起不能でしょう。そうなるぐらいなら今日相場から永久に引退した方がましです。

 しかし、何らかの投資を続けないと苦しい時代なのも明らかですので、いま引退の選択はできません。すると現在の最優先課題はサバイバルということになります。

次の下げ相場での学習意欲を維持したい

 一方で、現在の利益と学習意欲を維持したまま、次の1サイクルをサバイバルできれば、次のステージに進める可能性は高いと思います。

 そこで、もし次の下げ相場で成績が思わしくなくても、メンタルを維持するにはどうしたらいいか考えました。

 参考にしたのはmagic氏のこの記事です。magic氏は亀吉師匠と並んで、兼業を極めようと考えている私の理想型です。

 もし出金が結果的に大間違いだったことがわかったときは、残した資金をまた大きく増やせているわけですから、機会損失とは言えるでしょうが、それほど問題はありません。

 逆に損しているなら、結果的に出金が正解だったということですから、それはそれで賢明だったということです。

源泉徴収ありに統一することにしました

いちばんわかりやすい確定申告の書き方 平成27年3月16日締切分

 確定申告の勉強中ですが、どうも今年は必要ないような気がしてきました。来年分からでいいようです。(何か勘違いしていたらご指摘ください。)

  • 住宅ローン控除は2014年中に住み始めていないので対象にならず。
  • 株に関してもメインのSBIは源泉徴収ありのため支払い済み。
  • セゾン投信も利益は出したがやはり源泉徴収ありのため支払い済み。
  • 源泉徴収なしにしていた松井の3倍優待口座本人分は、利益確定してないため、利益は配当分だけで20万円以下のため売買では損失のため対象外。配当は源泉徴収されるのでやはり対象外。
  • 間違って一般口座になっていたカブドットコムの口座は、売買でマイナスなので対象外。配当はなし。

 以前の記事で、源泉徴収なしにしようかと思っていましたが、方針を変えて、ありに統一することにしました。

 手元に置ける税金分が気になるほど大きな利益を続けて出せたら、そのとき考えることにします。

2015/01/27追記

 松井証券の配当についての認識が間違っていたようなので修正。

クリスティア・フリーランド『グローバル・スーパーリッチ: 超格差の時代』★★

グローバル・スーパーリッチ: 超格差の時代

 悪くはないけど、類書に劣る。

家を買った理由 住宅ローン編

住宅ローンが大きなリスクにならない

 当たり前の話ですが、一般に借金がリスクなのは、返せなくなる可能性があるからです。

 しかし、アベノミクス以来のラッキー利益のおかげで、買おうと思えばキャッシュで買える状態です。言い換えれば、ローンはいつでも全部繰り上げ返済できるということです。

(もちろん株式投資で大負けしない限りですが、投資で大負けする前提なら、何をどうしようが危険に決まっているので、今そこまで考えても仕方ないでしょう。)

 全額キャッシュは得策ではないと判断したものの、自己資金を十分入れて、本業収入のみでも余裕を持って返済できるようにしてあります。

 月々のキャッシュフロー上では、固定資産税まで諸経費全部ひっくるめても、現在の賃貸に払っているより低額になるように設定しました。

住宅ローンをむしろ利用できる

 住宅ローンで自宅を買うのはハイレバレッジで一点集中投資するのと同じである。失敗したときに取り返しがつかないし、他の資産に投資する余力も奪われる。

 ……と一般に言われています。やはり基本的に正しいと思います。

 しかし、私の場合の住宅ローンは「早く家を手に入れるための時間を買う」という通常の意義とは異なります。

 むしろ分割払いで買うことによって、不動産に資産が集中しすぎないようにし、他の投資(私の場合は主として株式投資)にかける余力をキープするために使っていることになります。

 そのため、少なくともこの一般論的なリスクには当てはまりません。

「借りる力」を眠らせるのは惜しい

 マクロ編でも書きましたが、政策的に現金不利≒借金有利です。

 そして一個人が低利で大金を借りることができる手段は、住宅ローン以外にはありません。

 サラリーマン兼業投資家としての大きな利点のひとつを生かさないのも、もったいないと思います。

金利変動もあまりリスクにならない

 いつでも繰り上げ返済でき、借り続けるか返すかを選択する権利をこちらが握っている以上、金利変動は必ずしもリスクにはなりません。

 金利が自分の資産運用利回りを上回ったら、あるいは上回りそうになれば、借りている意味がないということですから、繰り上げ返済すればよいだけです。

 一度返した住宅ローンを再度借りることはできないのでアクセラレータ一方通行ではありますが。

 金利動向を読めるかどうかはさておき、固定金利に変更する選択肢とそのタイミングもこちらが握っています。

加藤出『日銀、「出口」なし! 異次元緩和の次に来る危機』★★

日銀、「出口」なし!  異次元緩和の次に来る危機 (朝日新書)

 タイトルから警戒されるほどトンデモではないが「金融緩和の出口政策は難しいよ」以上のことは言ってないと思う。

『日本のお金持ち研究』★

日本のお金持ち研究

 橘木俊詔著、森剛志著。散漫。あまり得るものなし。

生活防衛資金も総資産に含めることにします

 家庭のバランスシートを書いている際に、生活防衛資金を運用資産に入れない扱いにしていたのを思い出しました。

 これは忘れていたわけではなく「運用資産が明日全部なくなっても生活に困らない」という状態を堅持することを目的とした、意図的なものです。

 ただ、どうしても推定になってしまう家の資産価値すら入れるのに、心理的にはどうあれ単なる預金である生活防衛資金を入れないというのは、あまり合理的でなく、メンタルに利益があっても正当化できない気がします。

 よって総資産の計算には含めることにします。生活防衛資金をキープする方針そのものは変えません。

バランスシートとは何か?

 家庭のバランスシートを作成する際に、家族にバランスシートのことをわかりやすく説明しようとしたら、こんな風になりました。

 バランスシート(貸借対照表)とは、その組織(最も典型的には会社)が「何を管理しているか?」を左側に書き、「それは誰のものか?」を右側に書いたもの。

 人間社会では、一般に全てのものは必ず誰かのもので、誰のものでもないということはない。よって左右の合計は常に一致(バランス)する。それでバランスシートと呼ばれる。

 「それは誰のものか?」は言い換えれば「組織へ資金を貸しているのは誰か?」である。なので右側を「貸方」と呼ぶ。左側はその反対なので伝統的に「借方」と呼ぶ。

 負債の部と純資産の部は、他人が貸しているか自分が貸しているかだけの違いである。たとえ個人で借金がなくても、自分一人の組織で唯一の貸し手が自分自身であると一般化できる。

 おおむね上に流動的・短期的なもの、下に固定的・長期的なものの順に書くことになっている。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: