トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

ブレント・ペンフォールド『システムトレード 基本と原則』★★★★

システムトレード 基本と原則 (ウィザードブックシリーズ)

 プロの指数トレーダーということで、個人の兼業株式投資家である自分とは違う部分もたくさんあるが、特に前半1-8章あたりまでの内容はどんな投資家にも有用な内容だと思う。

 タイトルが内容と乖離しているのが惜しい。著者のトレードはシステムトレードと言ってよさそうだが、いわゆるシステムトレードの本ではない。

石原伸浩『ヤバイです!その金遣い』★★

ヤバイです!その金遣い

 タイトル通りの内容。著者のくせがちょっと強いが、話が具体的なので面白い。ただ下記のまとめ読んじゃうとそれで十分な気も。

レフ・トルストイ『トルストイ民話集 イワンのばか 他八篇』★★★

トルストイ民話集 イワンのばか 他八篇 (岩波文庫)

 現在、NISAと三倍優待口座分、および予想外の材料で置いて行かれても泣かないレベルのミクシィ以外ノーポジです。

 やばそうな雰囲気が漂っているので、市場から距離を置いて、読書でもして強欲を抑えようと思います。

 正直トルストイのような古い倫理観に従うなら投資家なぞやってられませんし、資本主義社会で生きていくことはできないと思いますが、従わないまでも学ぶべきことはあるでしょう。

 特にこれが好きです。最初に読んだのはいつか忘れましたが、内容は忘れていませんでした。

橘玲『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』★

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

 本屋で立ち読み。原著というか前の版は持っている。そこそこ良かった記憶がある。

 12年経ってフルプライスで売るのに、この変化のなさはちょっとひどい。前の版の古本で十分。

PERという指標には良くないところがある

 ミクシィ投資から得た教訓その6です。今回初めて理解したというわけでもなく、独自の意見というわけでもないですが、高PER投資の話なのでここに入れます。

 PERはおそらく最も有名な指標です。株価を一株あたりの年間利益で割ったものです。一般にPERが低い方が有利とされます。

 これは、ある意味では、もちろん正しいです。PERが低いというのは、利益が一定なら「安い」と同義であり、株価が一定なら「利益が多い」と同義だからです。単に「より利益の多い会社の株をより安く買えたら有利」と言っているだけです。ほとんど自明です。

 二次思考をするならば、自明に正しい考えは、市場平均を上回るにあたって何の価値も持たないことがわかると思いますが、今回取り上げたい問題はそれとは別です。

 今回主張したいPERの問題点は、計算すると単位が「年」になってしまい、この「年」という単位が日常的(≒直感的)過ぎる、ということです。

 PERは激しく変化しうるのに「年」という単位は通常伸び縮みしません。高PER株投資の焦点は、大幅な利益成長が見込めるかどうかであるのに、その一番大事な部分を考えられなくしてしまう方に強力なバイアスがかかります。

 たとえば、高PER株を買うことに関して、

「PER400の株を買うなんてアホか! 関ヶ原の戦いから今までの期間の利益を織り込んでるんだぞ!」

(ちなみにこれは、いま私が口から出任せにでっち上げたものです。もしたまたま全く同じ発言をしたことがある人がいたとしても、特定個人を念頭に置いたものではありません。)

 というようなことが言われます。こう言われると確かに馬鹿げたバブルにしか見えません。

 このたとえの問題は、PERは大きく変化しうるのに、「関ヶ原の戦いから今までの期間」は(単なる時間経過以上には)全く変化しないということです。

 400などという高PERがつく銘柄は、この先ウン十倍といった利益成長が見込めるかどうかが重要であるのに、400年が長いかどうか(長いに決まっている)に思考が行って、そこで停止してしまいます。

 この錯覚を逃れるには、PERを絶対に「年」という単位で考えないようにするべきですが、直感を断ち切るのはなかなか難しいと思います。「年」だとしても、それを工期や納期のような、大きく変わりうるものとしてイメージするようにすべきでしょう。

 最初からPERを見ないで、その逆数の益回りを見るようにする手もあると思います。私は自作ツール上ではその方法を採用しています。

 当然ですが、ひとつだけ注意です。高PER株を買えと言っているわけではありません。高PERの株が実際にただの馬鹿げたバブルになっていることは、ままあります。

1400万発表を受けてモンストユーザ推移のグラフ更新

2014_1006_2121

 情報的にはIRの公式発表に全く何も付け加えていません。他は全て単純計算です。それ以上の定性情報は各自人間補正してください。

 ペースの変化がほとんどなく、ほぼ単純計算通りの達成となっています。しかし、次回までには中国か北米が開始する可能性が高そうです。大きな変化もあり得ます。

投資が好きかというと微妙


 弐億貯男(@2okutameo)氏のツイートを見て考えました。

 趣味のゲームや読書を差し置いて投資に時間を注いでいるわけですので、好きではないと言ったら嘘になるでしょう。楽しいか楽しくないかというと楽しいです。まあ最近は運良く儲かっているので特にです。

 しかし「資産形成の手段として割り切ってやっています」には当てはまるような気もします。たとえば「すでに1兆円持っていてもやるか?」という問いへの答えであれば、おそらく否です。

 もちろんそうなったらなったで運用をしないというわけにもいかなくなるのでしょうが、投資にかける時間は必要最小限にして、社会貢献なり別の趣味なりに打ち込むようになるのではないかと思います。

9405 朝日放送

 9405 朝日放送が1部指定だそうな。

 最近、日本管理センターも薬王堂も、触っていながら1部指定を逃したので、ちょっとだけリベンジできた気分。

 3倍優待銘柄なので、持っているのは300株だけであり、本当に気分だけだが。

続きを読む
アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
Google記事検索

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: