トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

桑原晃弥『ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則』★★

ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則

 内容はいいですが、元になった本の内容がいいからで、参考文献に挙がっている本を読んだことがあれば、独自の価値はないです。

 私がバフェット本でおすすめするのは、

  • バフェットからの手紙
  • バフェット投資の真髄
  • バフェットの株主総会
  • スノーボール

 です。いずれこれらも紹介します。

2013年度貯蓄率22%

 上の会話で思い出したので、2013年度(2013/4〜2014/3)の貯蓄率を算出しました。手取りの22%、額面の17%でした。

 ちなみに、ここでいう貯蓄率は、投資の損益・配当・手数料および臨時収入を無視した(本業収入-支出)/本業収入としています。社会保険を当てにしないという意味で手取りの方をメインに採用することにしましょう。

 はっきり言って少ないと感じます。独身時代とは比べ物にならないほど少ないです。独身時代は家賃も安かったですし、手取りの半分以上貯蓄≒投資に回せることは珍しくなかったです。

 これから子供が大きくなって、やがて教育費がかさむような年代になってくると考えると今から手取り20%というのはあまりよろしくないと感じます。本多式の25%はキープしたいところです。

 支出削減を検討したいと思いますが、普段からそんなに無駄遣いしているわけでもないですし、独身時代と同じようには削れない部分も絶対出てきます。いかに努力しても独身時代のような貯蓄率は金輪際望めないと考えるべきでしょう。

 貯蓄率が低下するということは、ここからは入金投資法よりも、現在の資産を元にした本当の投資パフォーマンスの重要性が増すということです。

 逆に言えば、独身時代に築いた種銭の大半を毀損するような大失敗をしたら、個人投資家として再起不能ということです。儲けるよりも大損しないことが大事という投資の基本は、ここからさらに重要になってきます。

藤本誠之『39連勝! 「相場の福の神」が教えるザクザク株投資術』★★★

39連勝! 「相場の福の神」が教えるザクザク株投資術

 むちゃくちゃ胡散臭いタイトルと、図表に入り込むやっつけコラが笑いを誘いますが、内容はまともでした。

 どちらかというと初心者向けです。年季が入った投資家の方には常識のようなことでも、まだ本気で勉強しはじめて2, 3年しか経ってない自分には有益な情報がいくつかありました。

 章で言うと、2(個人投資家の優位点)、3(季節要因とアノマリー)、4(情報収集の具体的方法)、6(チェックシート)あたりがおすすめです。逆に、福袋とかFX云々のところは無視したほうがいいかもしれません。

 メルマガを読まずに貯めこんで検索に使うというのは、自分にはありそうでなかった発想でした。

 松井証券マーケットプレゼンスしか取っていませんでしたが、とりあえず載っている通りに購読してみることにします。普段使いのメールがgmailなので検索は容易のはずです。

 最近あったらしいのをTLで見ていた東証IRフェスタにも、来年は行ってみようと思いました。

藤野英人『投資家が「お金」よりも大切にしていること』★★

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)


 上のツイートで読んだのを思い出したので、過去書評です。内容はこちらのレビューに詳しいです。

 他にも、日本のヒーローはたとえば宇宙刑事しかり公務員だが、アメリカのヒーローはバットマンのような民間の資本家・実業家だとか、そういえばそうだなと思う部分が多かったです。

 著者がひふみ投信のファンドマネージャーなので、もちろん「ためにする批判」的なところはありますが、投資をするような人にはおすすめできるでしょう。

ソーシャルゲームの貨幣錯覚

 2121 ミクシィのモンスターストライクについて。この下方修正そのものの真偽は未確認ですが、すでに前科があるようなので本当と仮定して話をします。

 基本ソーシャルゲームでは能力値その他の上方修正はあっても下方修正はありえないと考えてください。人間は同じ値でも、得ることのプラスより失うことのマイナスの方が大きく感じるようにできています。

 しかもソーシャルゲームでは往々にしてユーザが金を出して買ったものです。勝手な下方修正はユーザ視点では泥棒と見なされます。泥棒が運営するサービスに誰が課金するのですか。

 もちろん他がインフレするなら問題にならないという点で、これは貨幣錯覚同様まったくの錯覚です。だからといってサービス側から客に対して「お前らが錯覚から目覚めろ!」と言うこともできません。最初から上方修正はできても下方修正は不可能なものと考えてゲームデザインすべきです。

 今回はかなり長い間最強の座を占めてきたキャラが対象だけに、持っているユーザも多く、影響は甚大と思われます。速やかに撤回して今後いかなる場合も同様の下方修正はしないことを約束すべきです。

 ちなみに私は現在のポジションは少ないですが、ミクシィ株を持っています。モンストにも期待していますが、こんな基本も踏まえてないことをされるとちょっと不安になってしまいます。

4/5追記

 幸いにもと言うべきか、この修正そのものは誤報であるという説が優勢のようです。しかし、メテオの下方修正とかアマテラスの件とか前科がある限り、今後もこのような疑いがかかる可能性があります。下方修正はしないことの公約はすべきだと思います。

岩瀬大輔『生命保険のカラクリ』★★★

生命保険のカラクリ (文春新書)

 この記事で読んだことを思い出したので、過去書評です。

 日本の生命保険の歴史とその問題点について書かれています。本の内容は、とても良心的でいいものです。

 ただ、ひとつ問題があります。読者がしっかりこの本を読んでよく考えた場合、ライフネット生命の保険にも入らないような気がするということです。少なくとも私はそうでした。

 良心的すぎて宣伝になってないわけです。つまり会社から見ると持ち出しであり、読者視点からするとお得な本ということになります。おすすめです。

 ちなみに岩瀬大輔氏の他の本は読んでいません。7157 ライフネット生命保険の株も取引したことはありません。

ジョージ・ソロス『新版 ソロスの錬金術』★

新版 ソロスの錬金術

 ジョージ・ソロスは、政府相手にものすごい投機を仕掛ける野心的な人物、という印象しかありませんでした。

 しかし実際に本人の書いた本を読んでみると全然印象が違いました。こんなアカデミックな人だと思っていませんでした。

 しかしどうも学者の悪い癖で、衒学的というか、簡単な事を難しく言おうとしているきらいがあります。グーグル検索でタイトルを入力すると「ソロスの錬金術 難しい」とサジェストされる始末です。

 かなり昔に書かれた部分が多いようなので、その頃にはもしかしたら画期的だったのかも知れませんが、結局言っていることは「正のフィードバックのために市場はほとんど常に間違っている」という当たり前のことだけです。

 イデオロギー的な話もやや多めです。リベラル派を自認する私にはどちらかというと近しいものではありますが、経済の話に混ぜるのはあまり好ましくありません。

 具体的な投資の参考にもほぼなりません。同じ話をもっとわかりやすくしてくれる人は他にいます。『ソロスは警告する』の方が易しく書かれているという評が散見されるので、そちらを読んでみましょうかね。

2015/03/29追記

 最近『相場の心を読む』という本を借りたのですが、この本の加筆リニューアル版が『ソロスの錬金術』だったようです。ダブり防止のために追記しておきます。

9795 ステツプ

 9795 ステップ。連続増配で有名な神奈川の学習塾。最初はあつまろ氏のところで知りました。

 私の生涯貢献度2位グループ銘柄のひとつです。自分で言うのもなんですが、ここまでのところかなりの良トレードですね。2012/4/9に半分減らしてるところ以外は。

 売った理由はソフト評価で100%を大きく超えてきて(120%ぐらいだったか?)連続増配とはいえ、そんなに急成長は望めないにしては割高かな、と思っただけですが、結果的に天井で売れています。

 現在ソフト評価86%まで落ちてきたのでまた買い始めました。奇遇にも立川一氏も前日に買い増しされていることを知り、少し嬉しかったです。

続きを読む
30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: