トマスの疑い深い資産運用

アラフォー日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

2015年08月

2015年8月成績+0.4%(年初来+4.5%)

2015_0831pf

2015年8月成績と総評

総資産 前月比 年初来
75,390,787円 +0.4% +4.5%

 暴落? ん〜!? なんのことかなフフフ…。

8月ハイライト

なんとかショック

 チャイナショックだかDAIBOUCHOUショックだか堀北真希ショックだかなんだか知らんが、2013年5月以来ぐらいの気がする急落らしい急落。

 三倍優待口座と減らした勝負銘柄しか持っていないという準ノーポジだったにもかかわらず、ピークから数百万減少し、120万あった三倍優待口座の含み益が瞬間的にゼロまで行くというなかなかすごいことに。

 その後、あまり思い切ってはいけなかったが多少のリバは取ったりし、投資成績そのものは微マイナスで済んだ。久しぶりに妻の口座を正しくチェックして反映した(このタイミングになったのはたまたま)分が増えたりもしたため、入出金含む資産全体としては若干プラス。

どうなるアベノミクス


 思い返すと、4月にこういうことを言っていた。この状況がくるまでにインバース系のETFとか先物(の売り)とか勉強しておく予定だったが、間に合わなかったな。こんなに早く来るとは思っていなかった。

 もちろん本当に長期トレンド転換になるのかだってまだわからないのだが。その可能性が初めて現実味を帯びてきた。

ジャストシステム生涯プラ転

 8/24からのリバ狙いは、結果論で言えばもっと大胆に行けばよかったのだが、大して行けなかった。しかし、その中でも一番よかったのは4686 ジャストシステムで、一時生涯損害度ランキング2位まで行っていたが、ついにプラ転した。

プレミアム商品券フルポジ

 月末に地元の自治体でもプレミアム商品券が販売され、家族の人数分限界まで張った。買った瞬間20%の値上がり確実しかも合法。これでいいのか日本経済。

ブライアン・ヘイズ『ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方』★★★★★

ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方

 過去書評。最高級に面白い数学エッセイ集です。

 経済・投資に関連する話は3章のみですが、一度でも読んで憶えておくとよいと思います。

 この本の中では特別面白いともオリジナリティがあるとも言えませんし、直接儲けには繋がらない話ですが。

3 金を追って
金持ちはさらに豊かになり、貧乏人はさらに貧しくなる。それを裏付ける事実には事欠かず、そこに抗いたがい物理法則があると思えてくるほどだ。わたしたちの直感が当たっているかどうか、富の分配をシミュレーションしてみよう。

山崎和邦『投資詐欺 身近にある罠から資産を守る法』★

投資詐欺 身近にある罠から資産を守る法 (講談社+α文庫)

 内容そのものはそこまで悪くないが、同著者の本同士で使い回し多すぎ。これ自体は読む必要ない。

山崎和邦『あなたはなぜ株で儲けられないのか―市場と株式投資の人間学』★★★★

あなたはなぜ株で儲けられないのか―市場と株式投資の人間学

 著者繋がりで読む。

 詐欺、確率、数学、心理、歴史、経済、等々、多岐にわたる。もちろんその分ひとつひとつのボリュームは軽めだし、著者の他の本との重複もある。

 現時点の私から見て特に新しい知見はなかったが、結構いいのではないかと。

山崎和邦『詐欺師と虚業家の華麗な稼ぎ方―人はこうして騙される』★

詐欺師と虚業家の華麗な稼ぎ方―人はこうして騙される

 『常識力で勝つ超正統派株式投資法』が良かったので読んだが、これはいまいち。

ピーター・バーンスタイン『ゴールド―金と人間の文明史』★

ゴールド ― 金と人間の文明史

 微妙。少なくとも雑学寄りであって投資家向きではない。

『稼ぐ人の株投資 億超えの方程式6』★★

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式6 (稼ぐ投資)

 久しぶりのkonozamaを食らって読むのが遅れた。

 cisさんを筆頭に雲の上クラスのすごい人ばかりなのだが、それだけに直接参考になったと思えるところは少なめ。

 何年か置いて読んだらまた感想が変わるだろうか。そうだといいな。

宿輪純一『通貨経済学入門【第2版】』★★★★★

通貨経済学入門【第2版】

 素晴らしい。タイトル通り教科書的というか教科書。そのわりには、最近の話が多いのもいい。FXはやらなくても投資家なら押さえておきたい。

アラフォー日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: