トマスの疑い深い資産運用

30代半ばの日本人男性兼業投資家。日々勉強中です。

2014年05月

2014年5月成績+45.0%

2014_0531

2014年5月成績と総評

運用資産 前月比 年初来
48,043,325 +45.0% +36.7%

 やっと芽が出た。

5月ハイライト

 半年にわたってストーカーにストーカーを重ねてきた2121 ミクシィがついにブレイク。

 最初のカタリストは、5/14 通期決算と来期予想の発表。4Qの数字がいいことは100%近い確信があったものの、地合いも悪く、会社の来期予想の表現次第で短期的にはどっちにも転ぶ可能性があった。

 そのため、決算時点では総資産の1/3強のポジションでとどめていた。理性はもっと行けと言っていたが、残念ながら自分の器としてこのあたりが限界だった。

 結果としては来期予想は良かった。以前からモンストを注視していた投資家クラスタ(以下ガチ勢と呼ぶ)には予想内というかむしろ控えめと見えたが、それ以外の投資家の反応は総じて「大風呂敷すぎる」というものであった。

 本当に空気が変わったのは、翌5/15にiPhoneセールスランキングでパズドラを抜いて1位を取った瞬間。いくらイベントのタイミングであやがあっても、売上でパズドラを抜けるのはまだ2, 3ヶ月以上先と見ていたので、ガチ勢にとってもスーパーサプライズだった。

 非難祭りの反省から、取引する気が特になくても油断せず監視していたので、幸いTwitterで早めに第一報を受けることができ、ストップ高貼り付きまでに1000株追加で飛び乗ることができた。今後も一生ないかもしれない総資産の2/3近くを一銘柄に突っ込んだ状態に。

 その後、5/14に開始された台湾版のランキング好調、5/25三菱UFJモルガン・スタンレーのレーティング12500、機関の空売り買い戻しなどを材料に、順当に上げ続ける。5/27から増担保規制で目先どうなるかと思われたが、結局12500を一度達成して、その少し下で今月は終わった。

 半月で生涯損益が2.5倍になり、利根川さんも大金と認めてくれる額に。当然運用資産も過去最高を記録したが、これあるを期して半年忍従したので「やっとかよ」という思いが強い。あまり嬉しくないと言ったらおかしい(もちろんすごく嬉しい)が、あまり高揚感がないというのは偽らざる心象だ。

 もちろんミクシィは3085 アークランドサービスから再び生涯貢献度一位の座を奪取し、逆に1千万以上の大差をつけた。前回のように三日天下になる可能性もないだろう。(奇跡的な天災や悪材料があっても一週間以上はかかるはず。)

 しかし、半年近く狙いに狙った球をクリーンヒットして、やっとこの年初来ということで、2013年がどんだけぼろかったかということも再確認。ちなみに2013年の私の成績は+57.5%。ほぼきっちり日本株ベンチマークと同じ、つまり実力分はゼロということ。

得能正太郎『NEW GAME!』★

NEW GAME! (1) (まんがタイムKRコミックス)

 Twitterの投資家クラスタで超局所的に流行っていた(?)「今日も一日がんばるぞい!」の一コマ画像の元ネタを確かめたくて買いました。

 見たことあるネタのコマは、

  • 「ダメだー!」18ページ
  • 「皆さん休日ってなにしてるんですか?」65ページ
  • 「今日も一日がんばるぞい!」82ページ

 でした。

 漫画としては、申し訳ないですが何が面白いのかさっぱりわからないです。

御発注『祭神 三光御発注神社』

本当に億儲けた個人投資家の(秘)投資法 (別冊宝島 2044)

 少し前にムックの立ち読みで名前だけは存じていた御発注氏のブログを見に行ったら、久しぶりに過去ログ一気読みしてしまいました。

 年齢・家族構成などの属性も近く、会ったこともないのに親近感が沸きます。

節約志向

 なんと言っても自らコ○キと言い切る凄まじい節約志向がオンリーワンの輝きを放っています。私も自分を無駄の嫌いな性格だとは思っていましたが、足元にも及ばないです。見習わなければなりません。


 ほんの思いつきでの会話でしたが、自分は小学生の頃からそういう性格だった気がします。節約志向とか、リスク志向とか、性格はどの程度生まれつきのものなのでしょうか? 興味深いです。

OKストア

 実はうちもOKストア愛用者です。種類株式のことを知って買いたいと思ったことがあります。残念ながら知った時には売っておらず買えませんでしたが。

誤発注

 読んでいるだけでも冷や汗が流れそうな誤発注事件です。現在のハンドルネーム「御発注」もこれを元にしたものだと思われます。

 絶対に忘れてはいけないことを自分の名前にしてしまうというやり方は、私も採用しています。自分のハンドルネームの由来はいずれ説明します。

 幸いなことに、私はこれまでのところ誤発注の経験は一度もありません。単に取引回数が少なく、専用ツールやスマホでの素早い取引をしないからかもしれませんが、今後も気をつけようと思います。

出雲充『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』★

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。

 元から2931 ユーグレナには興味なかったですが、読んでも変わらずでした。

制限値幅って一律15%とかじゃだめなんですかね?

 素朴な疑問。値幅制限自体の是非はひとまず考えないとして、制限値幅ってなんでこんな飛び飛びの数字になっているのでしょうか? 一律15%とかではだめな理由が何かあるのでしょうか?

 というのは、ミクシィの10000円前後の攻防に関して、ツイッターでその話題が出たからです。

 10000を超えると翌日最大3000の損までありうるのでその状態で持ち越したくないという心理が働き、そこが抵抗線になるではないかという考えが浮かんだのです。実際そんな気持ちだという人もいたので、私の勘違いではないようです。

 終値が9990か10000かで誤差の範囲でも、翌日可能性としてありうる幅が2倍違うわけですから、まったく合理的でないとはいえ、心理的な壁ができるのは避けられないでしょう。

資産規模の大きさの有利を初めて肌で感じる

とにかく金というものは雪だるまのようなもので、はじめはほんの小さな玉でも、その中心になる玉ができるとあとは面白いように大きくなってくる。少なくとも四分の一天引き貯金ではじめた私の場合はそうであった。だから私は確信を持って人にも勧めてきた。どんなにつらい思いをしても、まずは千円をお貯めなさい。

本多静六の名言・格言|お金は雪だるまと同じようなプロセスで増える

 RSSリーダーの登録対象と同時に、ツイッターの方でもフォロー対象を日々模索しています。

 その過程で、新社会人と思われる兼業投資家のツイートを目にしました。その方が最近ここで伸び悩んでいると言っていた総資産は、ちょうどその日一日で増えた自分の運用資産と同じ額でした。

 自慢で言うわけではありません。投資で最も有利なのはすでに資産が多いことだという、本で読んで知っていた知識が、初めて肌で感じる実感に変わったのです。

 100万を200万にしようと思ったら、100%の値上がりを享受する必要がありますが、1000万を1100万にするには10%の値上がりで十分です。どちらも100万円儲けたという点では全く同じですが、取らなければならないリスクは圧倒的に違います。

 特定の出典は思い出せませんが「個人投資家が大きな資産を築くには、初期には信用取引を使うことが必要」といったことがよく言われます。

 これは「資産規模が小さいことの不利を早めに解消することはとても有利」もしくは、同じことですが「資産規模がある程度大きいことの利益は大きい」という認識をベースにした議論と思われます。この認識そのものは間違いとは思えません。

 もちろん信用取引をすることに賛成するかどうかは別です。正しいか正しくないかが決められる客観的な問題ではなく、リスクを負ってチャレンジしたいかしたくないかの主観的な問題だと思います。

 ちなみに自分は様々な理由で信用取引を利用することはありますが、自分の資産以上にレバレッジをかけるという意味で利用したことはまだ一度もありません。

 以前も書きましたが、幸運のおかげで、ある程度投資に意味のある規模の資産に貯蓄のみで到達できたのは大きいと思います。階段の一番下の段、それも一番高く危険な段を、無リスクでパスできたということだからです。

踏み上げが起こる原理

 自分にとって目先これが重要な場面のようなので、この機会に一度「踏み上げ」についての自分の理解をまとめます。なにか間違っていたら教えて下さい。

通常売買

 まず普通の売買では、買いと売りは対称的です。買い手は現金を払い株を受け取り、売り手は株を渡し現金を受け取ります。分かりやすいです。

取引前の状態

主体 所有 将来
A:買い手 現金 買うかも
B:売り手 売るかも

取引後の状態

主体 所有 将来
A 売るかも(新売り手)
B 現金 買うかも(新買い手)

 取り引きの前後で、株を買った人は、今度は売る可能性のある人になり、売って現金を受け取った人は、今度は買う可能性のある人になります。完全に対称的です。

信用買

 信用買いは比較的わかりやすいです。親戚やサラ金からお金を借りて、それで株を買うのと、本質的には何も変わりません。お金を借りる相手が証券会社であるだけです。

 一定期間後にお金を返す必要が生じますので、もちろん潜在的な売り圧力にはなりますが、その効果は確実ではありません。

 お金を返す方法はその株を売るだけではありません。他の株を売るとか土地や車を売るとか、さらなる借金を重ねるとか、いくらでも方法がありうるからです。

信用売

 難しいのは空売り(信用売り)です。これには買い手、売り手だけでなく、もうひとつ主体が必要です。

 何らかの理由、たとえば大株主で普通には売れないなどで、当面その株を手放さないと決まっていて、誰かにその株を貸す主体です。

取引前の状態

主体 所有 将来
A:買い手 現金 買うかも
B:空売り手
C:株貸し手 売らない

CからBに貸し株した状態

主体 所有 将来 備考
A 現金 買うかも
B 売るかも 一定期間後に株を返す義務
C 売らない(売れない) 一定期間後に株を返してもらう権利

取引後の状態

主体 所有 将来 備考
A 売るかも
B 現金 買わなければならない 一定期間後に株を返す義務
C 売らない(売れない) 一定期間後に株を返してもらう権利

 Cはもともと当面株を売る気がなかった安定株主ですから、貸してしまって売れなくなっても売り圧力は変化なしです。

 Aは新たに株を得たので売る可能性がある人がひとり増えました。これは通常の売買と同じです。

 唯一違うのはBです。Bは現金を得たので次に買う可能性がある人になりました。ここまでは通常の売買と同じです。しかし、Bには一定期間後に株を返す義務が残っています。

 対してAには将来売る義務がありません。つまり空売りは、売る義務を発生させず、買う義務だけを発生させるのです。株や現金を増減させるわけではない(魔法ではないので当たり前ですが)のに、買い圧力だけが増します。この非対称が踏み上げの本質です。

踏み上げ

 そして、株を返すのはお金を返すのとは少しわけが違います。「お金がない」という状態は普通に存在しますが、それは誰もが(タダでは)他人に渡したくないと思っているからで、どこを探しても日本円が見つからず、なにを犠牲にしても日本円が得られないということは起こりえません。

 しかし、株は違います。ある時点のある株の総数は決まっており、ほぼ株式市場でしか買えないので、市場参加者が誰も売りたくないと思えば、どこを探してもその株が見つからず、なにを犠牲にしてもその株が得られないということが起こりえます。

 空売りが増え、かつ市場参加者が誰も売りたくないと思うような状況が発生すれば、どれほど高くても買わなければいけないのにそれでも買えないという主体が増え、ますます値がつり上がり、そのためますます誰も売りたくなくなる、という正のフィードバックが生じます。

 正のフィードバックは他の要因によって制限されるまで止まらないので、普通ならありえないような高値までつり上がってしまうことになります。これが踏み上げです。

悪魔投資法というものを知りました

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

《序章》

悪魔に打ち勝つためには、こちらも恐れず悪魔となる
必要があると思います。ですから、狂気を持って、行動しなければ、
そういう悪魔によって・・・・・・・・

だらだらと株式投資を続けることは、その悪魔の影と長く付き合うことを
意味します。長期戦は、絶対的弱者にとって、非常に不利です。

でも、たった、一撃であれば、一瞬の狂気さえあれば、すべての力を集中すれば、
或いは悪魔と5分で戦えるかも知れません。その勝利が私のこれからの人生を大きく
豊かにするかもしれません。

いずれにせよ、狂気を。
さもなくば、長く暗く重い道を歩め、最後に死という希望のない。

(古いHTMLなので環境によっては文字化けするかもしれません。文字コードをEUC-JPに指定すると読めるようになるかも知れません。)

 まだ全部は読めていませんが、この序章のポエムがなかなか素晴らしいと思います。

 プロの機関投資家がしのぎを削る市場で、個人投資家が平均を上回るパフォーマンスをあげようとすれば、ごく普通に真正面から戦ってはだめなのはわかりきっています。

 たとえ相手が自分の100倍の力を持っていたとしても、その相手が10倍の対象と10倍の期間に力を分散しているのなら、自分が特定の対象に一時期だけ全力を集中するようにすれば、互角に戦えるかもしれません。

 個人がプロの機関投資家を上回る方法については、ピーター・リンチの本などが思い浮かびますが、対象の集中はともかく、時間の集中については思い当たる本の記憶はありません。非常に興味深いと思います。

30代日本人男性兼業個人投資家。日々勉強中です。
記事検索
最新コメント
リンク集
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: