考え方そのものは当たり前であり大昔からあったと思うし、ロバート・キヨサキの本にも「○○%マネー」とかいう名前で書かれていた気がするが、このような形で改めて指摘されているのは新鮮だったのでメモっておく。

 まあ要するに、入金しては溶かし続けるようなのは最悪の中でも最悪だということであり、(全く当たり前のように聞こえるが……)入金に頼らず投資で儲けた利益で再投資できる状況は、単に儲かっているという以上の意義があるということだ。