最近の3DプリンタとかAIとかの発展を見ていると、そのうち「見ただけではなんでこんな製品が出来上がるのかまったくわからない工作機械」みたいなものが出来てくるのは間違いないと思う。

 現在「生産ライン」と呼ばれるものは、人間が中に入って整備できるとか、そのためにはそもそも地面に設置されていななければいけない等々の物理的条件以外にも、人の思考の制約によってライン(一次元)になっている部分があるだろう。

 その制約が外れると、未来の工作機械は、三次元にぎっちりつまったループゴールドバーグマシンのようなものになるのでは?

 人が見ても、どの部分が何のためのものか一見さっぱりわからないけど、動作するとなぜかきっちり原料から目的のモノが瞬時にできあがる、というような。

 ……とまあこんな空想をしてしまうぐらいにはFactorio脳である。0.15がstableになったら、フリープレイモードをもう一度やってみよう。