失敗した。『菜根譚』自体にちょっとだけ興味があったのだが、著者自身の年寄り臭い主張が強くて耐えられん。